さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンパベイ3連勝 バンクーバーはまた延長戦で勝利
2011年05月04日 (水) 20:43 | 編集



5月3日(火)の試合結果

ワシントン3、タンパベイ4
(タンパベイ3勝)

ショーン・バーゲンハイムが技ありのゴールでライトニングに先制点をもたらしたが、キャピタルズは第2ピリオドに3得点してリード。しかし第3ピリオド、スティーヴン・スタムコスとライアン・マローンの24秒差の連続ゴールでライトニングが逆転、逃げ切った。

逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームを制し、シード5位のライトニングがシード1位のキャピタルズに3連勝。キャピタルズは後がなくなったが、主将アレクサンダー・オベチキンは「まだ終ってない。相手が3つ勝ったら、自分たちも3つ勝てる」。


バンクーバー3、ナッシュビル2(OT)
(バンクーバー2勝1敗)

ライアン・ケスラーが延長戦での決勝点を含む2ゴール1アシストと気を吐いた。デイヴィッド・レグワンドのショートハンド・ゴールでプレデターズが先制したが、惜しい逆転負け。ペッカ・リンネの44セーブも実らなかった。

延長戦ではシェイ・ウェーバーに対して不可解なフッキングの反則が取られ、そのチャンスにケスラーが得点。試合後、怒ったファンがタオルやゴミをリンクに投げ込んだ。


::: キャピタルズ、ピーンチ。大大大大ピーンチ。3連敗だなんて、3連敗だなんて・・・そんな、そんなぁ~。

1ピリにブルックス・ライクが顎にパックを受けて流血、処置のためにベンチに戻り、他の選手が代わりにリンクに出ているときに、キャピタルズがゴール。やたっ、先制点!と喜んだのも束の間、なんと代わりに2人の選手が出てきていて「too many men on the ice」のペナルティを取られるというお粗末ぶり。ゴールはもちろん取り消し。しかも1人多いことをいち早く見抜き、審判に教えたのはぼるつのマルタン・サンルイでした。

選手交代を指示するキャピタルズのコーチ陣は何やってんですか? まったくもう、このゴールが決まってたら・・・、なんて考えても仕方ないか~。それほど、ぼるつ強いです。コンビネーション・プレーはもちろんのこと、個人技でもキャピタルズは負けている感じ。

今日の試合では、ぼるつ1点目のショーン・バーゲンハイムの、ミハル・ノイヴィルトの股間を抜くゴールも素晴らしかったし、なんといっても、3ピリのスティーヴン・スタムコスの同点ゴールが圧巻でした。





パックを持ちながらノイヴィルトの正面まで行って、味方にパスを送ると見せかけてよそ見シュート! スローだとよくわかりますが、スタムコスはシュートの直前までゴールネットのほうを見ていません。ノイヴィルトは、まさかあのタイミングでパックが飛んでくるとは思わなかったんでしょう、反応が遅れていました。

スタムコス、すごい。だてにドラフト全体1位でNHLに入ってないし、だてに得点王にもなってないんだ・・・とため息が出るばかりです。

ぼるつ怒濤の3連勝ですが、ギイ・ブーシェ監督は「祝宴にはまだ早い。我々は、まだ何も成し遂げていない」と言っていました。カップ決勝で3勝0敗、第4戦の3ピリで5点ぐらいリードしてても、同じこと言いそうですね、この冷静な監督は。

プレッズとカナックスの試合では、延長戦で「???」な反則が取られ、そのパワープレーでケスラーのゴールが決まり、なんだかすっきりしない終り方でした。

シェイ・ウェーバーはケスラーに自分のスティックをつかまれ、「離せ!」とどついていたところをフッキングでパクられたわけです。この試合を中継していたCBCの実況は「あれはむしろケスラーのホールディング・ザ・スティックの反則を取るべき」と言っていたし、Versusのスタジオ解説者マイク・キーナンも「ひどいコールだ。プレーオフであんなジャッジをするなんて」と呆れていました。

でもこのプレー、CBCの「ケスラーは本当に利口だ」という表現に尽きるんでしょう。ジャッジもよく見てなかったけど、ウェーバーよりケスラーが一枚上手だった。試合後ケスラーは「ウェーバーは自分にフッキングしてたし。いいコールだったよね」と語ったんだそうな。この鉄面皮ぶり、あっぱれというか何というか。

プレーオフの延長戦でペナルティがあまり取られない傾向にあるのは昔からです。サドンデス方式なのでパワープレーをもらうほうは圧倒的有利になるためです。だからこそ審判にはきちんとしたジャッジをしてほしい。少なくとも、マイク・キーナンに「ひどいコール」なんて眉をしかめられるような判定は、プレーオフでは見たくないです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。