さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11レギュラー・シーズン終了 プレーオフ進出の16チームが決定
2011年04月13日 (水) 20:34 | 編集



北米ナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)は10日、約6カ月にわたるレギュラー・シーズンの全日程を終了し、東西カンファレンスの順位が確定した。西カンファレンス8位だったシカゴ・ブラックホークスは最終戦でデトロイト・レッドウィングズに敗れたものの、9位のダラス・スターズもミネソタ・ワイルドに負けたため、プレーオフ進出が確定した。

レギュラー・シーズンで最多ポイントを記録したチームに贈られるプレジデント・トロフィは、西カンファレンス・チャンピオンのバンクーバー・カナックスが獲得した。カナックスがレギュラー・シーズンで優勝するのは、1970年のNHL加入以来初めて。

個人成績では、カナックスのダニエル・セディンが104ポイントでフィニッシュし、キャリア初のポイント・リーダーに輝いた。昨シーズンは双子の兄弟で、同じチームでプレーするヘンリクが112ポイントでタイトルを獲得しており、セディン兄弟はNHL史上初めて、2年連続でアート・ロス・トロフィを受賞する兄弟選手となった。

また、シーズン最多ゴールを記録した選手に贈られる「ロケット・リシャール賞」は、アナハイム・ダックスのコウリー・ペリーが50ゴールで初受賞。ポイント数でもセディン、マルタン・サンルイ(タンパベイ・ライトニング)に次ぐ3位だったペリーは、「40ゴールぐらいかなと思っていたけど。50ゴールって大きいよね。そんなに多くの選手が50ゴールできるわけじゃないから」と冷静なコメントを残した。

------

■シーズン最終順位(カッコ内はポイント数)

東カンファレンス

1位 ワシントン・キャピタルズ(107)*ディビジョン首位
2位 フィラデルフィア・フライヤーズ(106)*同上
3位 ボストン・ブルーインズ(103)*同上
4位 ピッツバーグ・ペンギンズ(106)
5位 タンパベイ・ライトニング(103)
6位 モントリオール・カナディアンズ(96)
7位 バッファロー・セイバーズ(96)
8位 ニューヨーク・レンジャーズ(93)
9位 キャロライナ・ハリケーンズ(91)
10位 トロント・メイプルリーフス(85)
11位 ニュージャージー・デビルズ(81)
12位 アトランタ・スラッシャーズ(80)
13位 オタワ・セネターズ (74)
14位 ニューヨーク・アイランダーズ(73)
15位 フロリダ・パンサーズ(72)


西カンファレンス

1位 バンクーバー・カナックス(117)*ディビジョン首位
2位 サンノゼ・シャークス(105)*同上
3位 デトロイト・レッドウィングズ(104)*同上
4位 アナハイム・ダックス(99)
5位 ナッシュビル・プレデターズ(99)
6位 フェニックス・コヨーテズ(99)
7位 ロサンゼルス・キングズ(98)
8位 シカゴ・ブラックホークス(97)
9位 ダラス・スターズ(95)
10位 カルガリ・フレイムズ(94)
11位 セントルイス・ブルーズ(87)
12位 ミネソタ・ワイルド(86)
13位 コロンバス・ブルージャケッツ(81)
14位 コロラド・アバランチ(68)
15位 エドモントン・オイラーズ(62)


■攻撃ポイント数

1位 ダニエル・セディン(バンクーバー)104
2位 マルタン・サンルイ(タンパベイ) 99
3位 コウリー・ペリー(アナハイム) 99
4位 ヘンリク・セディン(バンクーバー) 94
5位 スティーヴン・スタムコス(タンパベイ) 91


■ゴール数

1位 コウリー・ペリー(アナハイム) 50
2位 スティーヴン・スタムコス(タンパベイ) 45
3位 ジャローム・イギンラ(カルガリ)43
4位 ライアン・ケスラー(バンクーバー) 41
5位 ダニエル・セディン(バンクーバー) 41
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。