さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シカゴ戦士たちがリグリー・フィールドでカップ披露&テーヴズらがNBC「Tonight Show with Jay Leno」に出演してまた小芝居
2010年06月16日 (水) 00:24 | 編集



49年ぶりのスタンリー・カップ優勝から4日後の13日。日曜日の昼下がり、シカゴ・ブラックホークスの選手たちが揃って、MLBシカゴ・カブズの本拠地であるリグリー・フィールドを訪ね、カブズ対シカゴ・ホワイトソックスの試合でスタンリー・カップを披露しました。

その様子はNHL.comやブラックホークス公式サイトにある動画を見られます。シカゴ市民にはもうすっかりおなじみになった「チェルシー・ダガー」が流れる中、大喝采を浴びながら、交代でカップを掲げて選手たちが球場内を行進しました。

マウンドにカップが置かれるとさらに歓声は大きくなりました。カップの中には球が1個入っており、主将のジョナサン・テーヴズがブラックホークス社長のジョン・マクダナーに球を手渡して、マクダナーによる始球式も無事終了。

デイヴ・ボランドはヒゲを剃ってしまっていてガッカリ。近眼で、ふだんメガネをかけているクリス・ヴァースティーグはメガネ姿でした。ブレント・シーブルックもメガネ姿で登場していただきたかった。

そして翌14日、テーヴズ、パトリック・ケイン、ブレント・シーブルック、ダンカン・キースの4人が、プレーオフを全国ネットで放送したNBCの人気番組「Tonight Show with Jay Leno」にカップを持って出演。





まずオープニングの4人。「土曜日にスタンリー・カップをここに送ったんだけど、届いたよね?」とバンドのリーダーであるリッキーに確かめるテーヴズに、「ああ、無事に届いたよ」とリッキーは答えますが、向こうからドッジ・ヴァイパーのバンパーにカップをくくりつけ、すごいスピードでやってくるジェイの姿が・・・。テーヴズとキースのアカデミー賞ものの小演技に注目。

場面変わってスタジオ。

「すばらしいことに、今夜は特別なお客様を迎えています。たいへんな話題になっていますが、先週、シカゴ・ブラックホークスが49年ぶりにスタンリー・カップを獲得しました!」

ジェイが紹介すると、カップを持つケインを先頭に4人が現れます。観客からスタンディング・オベーションを受け、嬉しそうなキースたち。ケイン、ジェイより小さいです。余談ですがこの4人の平均年齢、23.5歳。

ジェイ「きみたち、疲れてるでしょ。全然休んでないんじゃないの?」
全員「あんまり」
ジェイ「21歳だっけ。スコアしたとき、どんな気持ちだった?」
ケイン「信じられないほど嬉しかった。どんな子どもも夢見ることだから。あのとき、ゴールになったとわかっていたのは自分だけだったけど、シカゴにカップを持ちかえれて嬉しいし、あの瞬間を楽しんでいました」
ジェイ「ちょっと訊いていいかな。声がかすれてるのは、パーティのしすぎ?」
ケイン「あんまり寝てないんで」

シーブルック得意のヒット映像の紹介の後、話題はキースの歯へ。

ジェイ「そしてダンカン。きみは7本の歯を失ったのに、プレーし続けた。ちょっと見てみて」
ビデオ「歯が全部なくなっても、プレーオフで勝つために戦うと思う

キースがポケットから、糸に通した歯を取り出す。

ジェイ「それ、歯のうちの1本?」
キース「折れた歯がまだ残ってるとわかったので、糸を通しておくことに決めました」
ジェイ「わあ、ありがとう! あと6本、プレゼントできる歯があるね! で、歯医者には行った?」
キース「あの試合の2時間後に歯医者に連れていかれて、まだまだ治療はあるんですけど。水曜日にも予約が入ってて」
ジェイ「柔らかい食べ物を楽しんでる?」
キース「柔らかいものとか、液体の食品ですね、いまは」

ジェイ「そしてジョナサン、きみはキャプテンで、プレーオフMVPのコンスマイス・トロフィを獲得したね。フィリーは厳しい街だけど、兄弟愛の街でもある。なのにブーイングしてた。僕はショックだったよ」
テーヴズ「ブーイングは何よりの賞賛だと思ってました」

最後にテーヴズからジェイにブラックホークス・ジャージをプレゼント。そのお礼にどうしたらいい?と訊くジェイに、バンドの人が「俺たちバンドと一緒に座ってもらったら? ギターとかあるし」と提案しました。

ジェイが何か楽器を弾くかと尋ねたら「いや、特に」と全員ハモって答えてましたが、ケインはタンバリンを、シーブルックはカウベルを、キースとテーヴズはギターを持ち、番組が終るまでバンドの席に座っていました。バンドがシカゴのゴール・ソング「チェルシー・ダガー」を演奏したときは、テーヴズもギターを弾いているふりをしていたそうです。

それからキースがジェイにあげたペンダントですが、ジェイは番組の間ずっと、他のゲストにインタビューしている間も、胸に下げていました。

番組のフル・バージョンはNBC.comで見ることができます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ウケましたw
カウベル鳴らすシーブルックとか見たいです。"guess what? i gotta fever. . ."とかやってくんねえかなーwww(やりません)

ジェイ・レノにスタンリーカップ持参で出演するのはもはやお約束になりつつありますね。

しかしレノのあごは年々尖っていくような気が・・・w
2010/06/16(水) 13:13 | URL | マーク #OP1JKSgQ[編集]
カウベル
あのガタイのいいシーブルックがなぜカウベル担当だったのか、よくわからないところですが、番組スタッフによると「選手たちはパッと楽器を選んで座った」とのことなので、シーブルックは最初から「オレはカウベルでいく!」ときめていたのかも!?

カップ優勝したチームがジェイ・レノの番組に出るのは、やっぱりNBCがカップ決勝の試合を放送している、ということが関係しているのでしょうね。試合中とはまた違う彼らの素顔が見られて、楽しいです。

ジェイのアゴですが、スティーヴン・セガールがゲストで出たとき、「アンタのアゴは、でかくて化け物みたいやなあ!」とセガールに言われてましたよ。日本語で(笑)。
2010/06/18(金) 06:59 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。