さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィラデルフィアがスタンリー・カップ決勝へ
2010年05月26日 (水) 21:40 | 編集



モントリオール2、フィラデルフィア4
(フィラデルフィア4勝1敗、スタンリー・カップ決勝進出)

フィラデルフィア(AP)-- NHLプレーオフ東カンファレンス決勝第5戦は24日、当地で行われ、シード7位のフィラデルフィア・フライヤーズが8位のモントリオール・カナディアンズを4-2で下した。フライヤーズはシリーズ対戦成績を4勝1敗とし、1997年以来13年ぶりのスタンリー・カップ決勝進出を決めた。

試合開始わずか59秒でブライアン・ジオンタがゴールを決めてカナディアンズが先制したが、フライヤーズが3連続ゴールで逆転。スコット・ゴメスが得点したものの一歩及ばず、故障からの復帰間もないジェフ・カーターのエンプティネット・ゴールがだめ押しとなった。

カナディアンズは第1ラウンドでワシントン・キャピタルズ、第2ラウンドでピッツバーグ・ペンギンズを続けて撃破したが、カンファレンス決勝ではフライヤーズの堅い守りにほとんどなすすべなく敗れた。ディフェンスマンのハル・ギルは「夏にこのプレーオフのことを思い返したとき、『俺たち、けっこうがんばったじゃん』なんて言えるかもしれない。でも今はつらいよ」と試合後に語った。


::: はあ~、お疲れ様でしたハブズ。8位でプレーオフに進んで、キャピタルズとぺんぎんに勝って、モントリオールのファンを熱狂させてくれました。しかし、ついに力尽きたのね。

残念だけど、悲しいけど、最後の試合は負けは負けでもシャットアウト負けじゃなかったし、試合終了のブザーまで粘ってたようなので、やっぱりハブズにはありがとうと言いたい。あのメンツで、アンドレイ・マルコフをケガで欠きながら、よくがんばったと思います。

レギュラー・シーズン後半からキャリー・プライスに代わって先発するようになったヤロスラフ・ハラークは「このチームと、この1、2か月の自分たちのプレーを本当に誇りに思う。困難なこともあったし、ケガ人も多かったが、プレーオフに進んでカンファレンス決勝まで来れた。満足している者はいないよ、でも自分たちが成し遂げたことを誇りに思う」と言っていたそうで、私も同じ気持ち。来季があるさ、来季が! がんばれハブズ!

で、ハブズが負けた原因は何かというと、やっぱりフィリーの守備がものすごくよかったことに尽きると思います。ブライアン・ブーシェの故障でゴールを守ることになったマイケル・レイトンが、シャットアウト連発でシンデレラ・ゴーリーみたいに言われてますが、試合を見るとわかります、レイトンが特別すごいわけじゃないんです。レイトンがあたふたするようなシュートを相手に打たせないフィリーの守りがすごいんです。

特にハブズとの試合では、先制点を取ったら後はがっちり守ってニュートラル・ゾーンの突破をゆるさず、隙を見て一発カウンター、この戦術がぴったりはまったようでした。

カップ決勝では、フィリーはどのラインも得点できるシカゴの強力な金太郎飴オフェンスを攻略しなければいけません。そして逆にシカゴは、フィリーの強固な守りを崩す道を見つけなければ勝てません。短期決戦のプレーオフは、守りが強いチームのほうが有利。フィリーは波に乗ってるし、シカゴには厳しい戦いになると思います。

余談ですがマイケル・レイトンは、1999年NHLエントリー・ドラフトで全体165位でしたが、指名したのはシカゴでした。シカゴではデビュー戦でシャットアウトも記録しましたが、後はほとんど鳴かず飛ばずで、他のチームにトレードされてもほとんどマイナー暮らし。しかも最初はアナハイム・ダックスから、その後はナッシュビル・プレデターズからウェイバー(選手の権利放棄)に出されるという憂き目に遭ってます。このときプレッズからレイトンをもらい受けたのが、フィリーだったのでした。

しかしレイトンの受難ストーリーはまだ続きます。これでオチじゃないんです。2007年2月、レイトンはフィリーからまたウェイバーに出されます。ここでレイトンをゲットしたのが他ならぬハブズ。そうですレイトンはハブズのために働いたこともあったのです。しかしハブズはレイトンをキャロライナ・ハリケーンズにトレードします。そして2009年12月、ケーンズはまたレイトンをウェイバーにかけ、「ウチがもらいます」と名乗り出たのが、ゴーリーのケガ続きで困っていたフィリーでした。

ウェイバーにかけられて拾ってくれるチームがいないと、選手はマイナー・チームに送られます。一度NHLでプレーしてしまうと、アリーナの規模も小さく遠征先のホテルのグレードも低く、移動も専用機じゃなく一般人と同じ飛行機でしかもエコノミークラス利用、そんなマイナー暮らしは本当につらいものらしく、レイトンも不安でやりきれない日々を送っていたことは想像に難くないです。

まだ29歳なのにもう4回もウェイバーに出されている、典型的な「journey man(渡り鳥選手)」。そんなレイトンのキャリアを知ってしまうと、あまりにもかわいそうで気の毒で、なんか勝たせてあげたいなあ、と言うとおこがましいですが、苦労人だから報われてほしいなあという気持ちがもたげてきてしまいます。でも、今回は相手がシカゴですからね。ジョナサン・テーヴズの笑顔が見たいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ファイナル
フライヤーズは本当に堅守ですよね~

ハブスは今まで守り→カウンターでアップセットしてきましたが今回はその逆をやられてしまった印象がありますね。
それに加えてハラクがルオンゴのようにフリーで相手に打たれまくられてしまってましたしね。
シリーズを連続で7戦まで戦ってきた疲れもあったかもしれませんね。



あと、僕が思うにホークスは攻撃やニエミばかりが目立っているようにも見えますが、ディフェンスもゴールドメダルコンビやジャーマーソンやキャンベルらトップ選手が揃っているんですよね。
試合をみていると結構攻められまくっている感じがするのに気がついたら大差で勝っている。
たくさんあるワンチャンスを全てモノにしてる、という印象があるんですよね。
つまりホークスもカウンタータイプのチームな気がするんです。クラッチな選手が多いので得点はバカスカ決めていますけど。



あとフライヤーズはシーズン前は優勝候補に挙げられてたりして前評判は高かったんですよね。
プレーオフに入って漸く本領を発揮してるんだと思いますね。


楽しみだ~!
2010/05/28(金) 23:22 | URL | シカゴニアン #-[編集]
レイトン君
レイトン君、ホントに1シーズンだけだけど、Sabresのシステムにもいたんですよ。
05-06シーズンです。開幕直前にシカゴからのトレードで来ましたが、
第4のゴーリーとして(Miller, Biron, Noronen, の次)、というかAmerks用としての
獲得だったと記憶してます。で、一年でFAになってバイバイ。
あれから5年、マイナーで頑張ってた頃を知ってるだけに、応援したくなります。

しかし、フィリーもシカゴも、だいぶんチームのキャラが変わったなあ・・・としみじみ思います。
どっちが勝つか私は正直わかりませんけど、4-3でフィリーかな?
フォワードの小技はフィリーの方が利きそうなんで!?
2010/05/29(土) 00:47 | URL | Kiyonobu #-[編集]
シカゴまず1勝
シカゴニアンさん、初めまして。コメントありがとうございます。

フィリーの堅い守り、やっぱり「おお!」と思いますよね。ハブズが戦ったときの、あのニュートラル・ゾーンの突破できなさといったら・・・。私ら視聴者には見えない壁があるようでしたよ。

シカゴがカウンタータイプのチームというのは、そうかもしれませんね。守りがいいのでできることですが、自ゾーンで守っていて相手のミスでテイクアウェイからがーっと上がっていって得点、というシーンも印象的です。ボランド、何回やったかな? シカゴの決定的チャンスできめる強さは驚異的ですね。

TSNがフィリーを優勝候補にあげていた、というのはPensgal子さんのブログで読みました。確かにメンツは揃ってますが、サンノゼ、シカゴ、ワシントンに比べたら見劣りすると思うんですけど・・・。
私にとってはフィリーは、「シンデレラ・チーム」ですね。好きでもないし嫌いでもないチームだからかな? でも今年のプレーオフではホント強いと思います。

Kiyonobu, DDSさんはフィリー優勝の予想なんですね。確かにフォワードの小技はフィリーのほうが持ってそうです。ガニェとかブリエールとか、やっぱりうまいですよね~。
・・・はっ、レイトン君同様、ブリエールもうしにいたじゃないですか! じゅんさんのブログ「さーべる倶楽部3」によれば、ブリエールはバッファローを気にいっていてとどまりたかったのに、うしがドルーリーのほうを選んだためブリエールは去らざるを得ず・・・という話でした。しかしドルーリーも結局うしから去っていき・・・、そんなストーリーって・・・。ブリエールはキャプテンだったのに!

レイトン君、第四のゴーリーだったんですね。しかしミラー、ビロン、ノロネンがいる頃なら、出場機会はまったくなさそうです。フィリーは一度は捨てたレイトンをウェイバーで拾ったりして、「いつもゴーリーで困ってるチーム」のイメージありますが(定着しないですよね、守護神が)、うしみたいに優秀なゴーリーがいっぱいいて困るチームもありますよね~。っていうかミラーがいるってだけで、もうゴーリー問題、あと5年は考えなくていいですもん。

シカゴが恐れるとしたら、やっぱ「ホッサのジンクス」ですかね? 2年連続準優勝、しかも違うチームで。「3度目の正直」になってほしいです。
2010/05/30(日) 21:25 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。