さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピッツバーグが3勝目をあげる サンノゼはカンファレンス決勝進出決定
2010年05月09日 (日) 22:31 | 編集



5月8日の試合結果

モントリオール1、ピッツバーグ2
(ピッツバーグ3勝2敗)

ペンギンズは第1ピリオドにクリス・ルタンがパワープレーで、そして第2ピリオドにセルゲイ・ゴンチャーがゴールを決めた。カナディアンズは試合終了間際のパワープレーのチャンスでゴーリーのヤロスラフ・ハラークを引き上げて6人攻撃をかけ、ゴールネット前の混雑からマイケル・キャマレリの1点を引き出したが、一歩及ばず。ディフェンスマンの活躍で、ペンギンズがカンファレンス決勝進出に王手をかけた。

カナディアンズはこのシリーズ5戦目にして初めてショット数でペンギンズを上回った。第2ピリオドは12本、第3ピリオドは15本のショットでペンギンズを圧倒したが、マルクアンドレ・フルーリーの忍耐強い堅守に阻まれた。フルーリーは試合後「自分は最初のセーブをしただけ。後はディフェンスがリバウンドをクリアしてくれた」と仲間への感謝を口にした。

第6戦は10日、モントリオールで行われる。絶対に勝たねばならないホームでの試合についてハラークは「はっきりしている、誰もがまだ信じている。3勝2敗で、まだシリーズは終っていない。我々は前にもこういう状況に置かれていたから」と、1勝3敗から形勢をひっくり返した第1ラウンドのシリーズを引き合いに出し、勝利を誓っていた。


デトロイト1、サンノゼ2
(サンノゼ4勝1敗、カンファレンス決勝進出)

西カンファレンス優勝のシャークスと、昨年のカップ・ファイナリストのレッドウィングズ。実力者同士の対決は、スピーディーでスリリングな展開を見せた。

第2ピリオドにブライアン・ラフォルスキのブルーラインからのゴールでレッドウィングズが先制。しかしすぐにジョー・ソーントンがルーズパックを押し込んでシャークスが同点に。そして第3ピリオド中盤、パトリック・マルローの素早い動きからのシュートをジミー・ハワードがセーブできず、決勝点となった。

第1ピリオドはシャークスがほぼ一方的に攻め、第2ピリオドは一転してレッドウィングズが圧倒。第3ピリオドは両チームとも14本のシュートを放つという、イーブンな展開。実力が拮抗した好ゲームを制し、シャークスが6年ぶり2度目のカンファレンス決勝へ駒を進めた。


::: 今日も朝8時からマックの前に座ってずーっとネット観戦しておりました。コーヒー片手に、至福の時間。これで昨日のように好きなチームが勝ってお気に入りの選手のハットトリックなどがあるともっと幸せなんですが、今日はハブズが負けてしまいました。残念~、ううう。

ぺんぎんの2ゴールはどっちもディフェンスマンによるもの。ぺんぎん対ハブズのシリーズ、ディフェンスマンによる得点は、ぺんぎん5に対しハブズ1だそうで、その差が出てるのかなと思います。

なんたってハブズはディフェンスの要のアンドレイ・マルコフと、ヤロスラフ・シュパチェクという、2人のベテランディフェンスマンが欠場しているのが痛い。その代わりに出ているのがド新人でまだ20歳のP.K. スバンと、25歳だけど昨シーズンはマイナーにいたライアン・オバーン(コーネル大中退、逮捕歴あり)って・・・。

しかも今日試合を見ていてわかったんですけど、いくらドラフト2巡目指名で期待の新人とはいえ、P.K. スバン、ペナルティキルでもパワープレーでも使われてるんです。そんなに人材不足だったんだ、ハブズ? 大丈夫かよ? と思わず心配になっちゃいました。

スバンはそつなくプレーしていましたが、パックをクリアしたつもりが大きくガラスを超えて出てしまい、試合の遅延行為でペナルティ取られてました。それを嘲るように一段と大きくなるメロン・アリーナの歓声。新人でいきなりプレーオフから出場なんだもん、ミスがあっても仕方ないさ。ピッツバーグのファンの嫌がらせなんて気にすんな、スバン!

スバンはトロントの出身で、両親はともに中米からの移民。ジャマイカからカナダに移り住み、現在は小学校の校長先生をしているお父さんが、最初にホッケーのことを教えてもらったのがフランス系カナダ人だったんだそうで、そのためお父さんはハブズの大ファン。その影響を受けた息子も、トロント育ちなのに小さい頃からハブズに憧れており、ドラフトでハブズから指名を受けたとき、「P.K.の夢が叶った」と一家で大喜びだったそうです。

お父さんは教育者だけに名言をいろいろ残していて、特に「出自、人種、宗教、そんなものは関係ない。子どもたちにとって大切なのは、夢を持つことだ」という彼の信条は、移民の国カナダらしくて素晴らしい。お父さんは貧困層の子どもたちにも希望を持ってもらいたいと、ホッケー・スクールを作ることを計画しているそうです。

西は、シャークスが接戦を制してカンファレンス決勝進出を決めました。試合見てて思ったんですけど・・・、西はレベル高いですね。ホッケーのスピードが東とは違います。っていうか、ハブズ@ぺんぎんの試合がゆるかっただけなのかな? シャークスとウィングズがたまたますごすぎただけ?

ウィングズは1勝しかできずに負けてしまって、シャークスとは実力差があるように思えるけど、負けた試合はすべて1点差。しかもそのうち2試合はOTでの負け。どっちが勝ってもおかしくないシリーズだったと思います。

勝ち抜けが決まったときの、エフゲニー・ナボコフの喜びようはすごかった。まるで子どものように両手を上げてぴょんぴょん飛び跳ねていました。デヴィン・セトグチなんて、喜びすぎて、ベンチから出るときに思いっきりリンクに転がり落ちてるし。シリーズが終った後の握手は、いつ見てもいいものです。シャークス、カンファレンス決勝進出おめでとう。

さて今季のウィングズですが、私はオリンピック以降しかNHLをチェックしていないのでよくわからないのです。レッドウィングズ・ファンのマークさんがブログ「if you say so...」でウィングズの今季と今後についてまとめておられるので、そちらのエントリ「クインタまとめ」をご覧ください。私には非常に勉強になるエントリでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
をー!
遅ればせながら、にゃおこさん、おかえりなさいませ!お久しぶりでございます。

なんだかいろいろ懐かしいです。やっぱホッキーブログにはにゃおこさんがいないと!
2010/05/09(日) 22:58 | URL | マーク #-[編集]
お久しぶりです
マークさん、コメントありがとうございます。
私はオリンピックのためにブログの更新を再開してから、毎日マークさんのブログを見ておりました。(お料理、おいしそうです)
時代の流れについていけない私は、マークさんのつぶやきをフォローすることもできず・・・。今日、エントリをあげてらしたので、嬉しくてトラックバックさせてもらいました。
ウィングズ負けて残念。でも、いいシリーズでしたよね。
個人的には、#52のジョナサン・エリクソンのイケメンぶりに気づけたのが収穫でした。
すいません相変わらずミーハーで。
今季はファイナルまでできる限りフォローしていこうと思ってますので、どうぞよろしくお願いします。
2010/05/09(日) 23:49 | URL | にゃおこ #-[編集]
一足お先にシーズンが終わったんで、これでやっと他のチームの試合が見れます(笑)
今日、ハブズ頑張りましたね!7試合目楽しみです。
次に茶熊とオリジナル6対決なんかになると面白そうですね。

私はジミー(ハワード)たんはルーキーなのによく頑張ったと思います。
けど、ゴーリーって育つのに時間かかりますよね・・・。ちょっと気が遠くなりそうです。

yahoo!にも記事が載ってたんでご覧になったと思いますが、りどはもし帰国した場合に備えて、長男君(もう16歳ですって!)を故郷ヴァステラスのホッケースクールの入学申し込みをしたそうです。まだデトロイトに住んでるアイザマンと違って、りどは引退しちゃったらなかなか顔が見れなくなりそうだし、彼が氷上にいるだけですごく安心するんですよね。まだ、帰らないで、りど~!
次のキャプテンは、私はセッテルベリ君(この夏ご結婚)になるだろう、と見ています。ダツックをキャプテンにして、訳のわからない英語でメディアを煙に巻く、っていうのもいいと思いますが。(^^;)
アイザマンは、これ以上、ウィングズにいても、上がつまってて出世の見込みがないので、いずれは出るかといわれてます。でも、ご家族もずーっとデトロイトに住んでるから、お嬢さんたちの学校のこととか考えると、そう簡単に転職できないと思いますよ。

たまにしかコメントしないのに長くなってすみません。
またお邪魔します~♪
2010/05/11(火) 16:46 | URL | CK #-[編集]
ゴーリーはじっくり育てるものですね
CKさん、どうも!
ちゃぐまとハブズは長い長~いライバル関係にあるので、東のカンファレンス決勝がこの2チームだったら、両チームのファンも、NHLも、大喜びだと思います。
7戦目は楽しみだけど、いつも土壇場になっておいしいところだけを持って行くあの人が、そう、ぺんぎんのキャプテンが、爆発しそうでちと怖いです・・・。

りどりど長男のケヴィンがもう16歳! CKさんがあげたポケモンのおもちゃで無邪気に遊んでいたあの彼が・・・! ケヴィンはお父さんと違ってポジションはゴーリーだそうです。以前から子どもたちはスウェーデンで、スウェーデン語で育てたいと言っていたりどりど夫妻ですので、これを潮にいっきに祖国に帰ってしまいそうで、悲しいですね。麗しいスウェード8も解散!?

セッテルベリの婚約者って、スウェーデンじゃ有名なテレビタレントだそうですね。写真見たことあるけど、綺麗な人でした。セータも国じゃ人気者のイケメンだから、お似合いカップルだな。いよいよ年貢の収め時か~。りどりどが去った場合、キャプテンは彼でキマリでしょう。他にいないもんね。

あいざまんは、ぼるつのGMになるんでは、なんて言われてますね。でもデトロイトの顔のあいざまんを、ウィングズがほいほい手放すとは、どうしても思えないのですよ。ただ、ウィングズの監督職とかはプレッシャーがきつすぎて御髪がますます危険にさらされそうだし・・・。これはやっぱ、現役復帰ですかね! ペナルティキルのときだけ出て来る超スペシャリスト的役割を担って。
2010/05/12(水) 01:47 | URL | にゃおこ #-[編集]
あやかりたいくらい運の強いあの人ですね~、確かに怖い!
ファイナル4が全部オリジナル6だったら面白いのにーと思ってたんですよ。脱落してすみません。

ケヴィン君、パパと同じポジションじゃなくてちょっとほっとしました。お父さん相手にスラップショット対策するとえらく強くなりそうですね。
一人スウェードがいなくなると、もう一人補充しなければ、と思ってしまう今日この頃です。
2010/05/13(木) 00:56 | URL | CK #-[編集]
オリジナル6でベスト4独占
ほんとに4チーム全部オリジナル6だったら、盛り上がっただろうな~と思うので、ウィングズの敗退は痛かったです。(NHL的にも)
まーでも、シャークス強いですよ。今年はシャークス優勝でキマリだと思います。それならウィングズの負けもむだにはならないですよね?
運の強いあの人は、さすがに運をオリンピックで使い果たしたのか、本領発揮できないままでした~。APの記者さんは、「2年連続で夏休みが2か月しかなかったから、ペンギンズは疲れていたのかもしれない」って書いてました。ウィングズにケガ人が多かったのも、そのせいかも。
スウェード8の新メンバーは、オタワのエリック・カールソン君なんかどうでしょう。見目麗しく、ポイントからの攻撃も効いてます。あらま、りどりどと同じね! 大穴として、「最もスウェーデン人らしくないスウェーデン人NHLer」ダグラス・マリーもおすすめ。って、りどりど来季も戻ってくるらしいですよ~!(マークさんのブログ情報)
2010/05/14(金) 00:36 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。