さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンクーバーのタクシー運転手よ、気をつけろ! ケインが街にやって来る!
2010年05月08日 (土) 15:51 | 編集



Yahoo! Sports --- シカゴ・ブラックホークスのスター選手パトリック・ケインは、昨夏、ニューヨーク州バッファローで、タクシー運転手が20セントの釣り銭を用意していなかったことに腹を立て、運転手に暴力を働いたかどで起訴された。

罪を認めたことで、ケインには減刑と1年の執行猶予が言い渡され、刑務所行きは免れた。しかしケインに対する真のお仕置きは、その後長きにわたって続きそうだ。ブラックホークスと対戦するチームのファンからの嘲笑は止まらない。

バンクーバー五輪では「ケインにタクシーを呼べ」というサインが掲げられた。ケインの行状をバカにするTシャツも作られた。故郷のバッファローででさえ、ケインは野次られた。

プレーオフの第3戦と第4戦を戦うため、ケインはバンクーバーへ赴く。それを受けて、あの悪名高い「20セントでタクシー選手をボコボコ事件」は、バンクーバーのフリー紙「24 Hours Vancouver」の1面を飾った。

ユーモラスな語り口のガッツ・マクタヴィッシュ記者の今日のコラムにはこう書かれてある。

「バンクーバーのタクシー業界は、あなたのサポートを必要としている。

シカゴ・ブラクホークスのパトリック・ケインがNHLプレーオフのために我が街へやって来るのに伴い、ロウワー・メインランド(ダウンタウンがある地域)のタクシー運転手たちは結束し、万が一必要な場合に釣り銭(正確には20セント)をきちんと渡せるように準備しておかねばならない。

ケインと従兄は2009年8月にバッファローでタクシー運転手を袋だたきにした罪で告訴された。伝えられたところによると、運転手は15ドル払ったケインに釣り銭の20セントを渡すことができなかったため殴られた。

地域として結束し、タクシー運転手として働く我々の兄や姉の安全を守ることは、我々の肩にかかっている。今週、もし赤信号でタクシーの隣に止まったら、親指を立てる「thumbs up」のポーズで、運転手にあなたの団結心を示そう。」

「24 hours Vancouver」の表紙:

「私たちのタクシー運転手を救おう! ブラックホークスのパトリック・ケイン(別名『20セント』)がバンクーバーにいる。私たちのタクシー運転手の安全を守り、彼らがボコボコにされるのを防ぐため、タクシー運転手には10セント硬貨でチップをあげよう」


::: 面白い記事ですね。私は大爆笑してしまいました。特に「a.k.a. Twenty Cent」の部分に。事件の翌年になってもこんなこと書かれちゃうケインって・・・。でもこのケインいじめはしばらく続くでしょうね。それぐらいのことをしたんだから当然だし、それほどインパクトのある事件でした。

ケインはどこへ行っても「20セントけちり男」(by じゅんさん)という目で見られると思うけど、まあ仕方ないですね。それにしてもバンクーバーのフリー・ペーパーだという「24 Hours Vancouver」のシニカルなユーモアのセンス、最高です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。