さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボストン、カンファレンス準決勝進出に王手
2010年04月23日 (金) 00:31 | 編集



バッファロー2、ボストン3(第2OT)
(ボストン3勝1敗)

2-0とリードしていたセイバーズが第3ピリオドで2失点し、試合は延長戦へ。20分で決着がつかず、今季プレーオフ初の第2延長戦へと突入した。

勝敗を分けたのは中盤にセイバーズが犯したベンチ・ペナルティ。ドリュー・スタッフォードが6人目のスケーターとみなされ、ブルーインズにパワープレーのチャンスが与えられる。かつて8シーズンを過ごしたセイバーズに見限られ放出されたミロスラフ・シャタンが、鮮やかな決勝ゴールを決めたとき、パワープレーは残り時間わずか9秒だった。

「リンクに出ていっただけ。それ以外は特に言うことはない。がっかりだ。ただただ、とてもがっかりだ」と悔しがるスタッフォード。シャタンは「やっと終った。3勝1敗になって、少しは一息つけるかな」。

セイバーズはこのシリーズ、4試合すべてで先制点を挙げているが、そのうち3試合でリードを守り切れずに敗れている。


ワシントン6、モントリオール3
(ワシントン3勝1敗)

第3戦で途中交代を強いられたヤロスラフ・ハラークか、控えのキャリー・プライスか。キャピタルズ同様、カナディアンズもゴーリー問題で悩んでいた。そして選ばれたのはプライス。しかしプライスもアレクサンダー・オベチキンのゴールを含む6失点で精彩を欠いた。

試合のターニング・ポイントになったのは第2ピリオド残り7秒でのキャピタルズのショートハンド・ゴールだろう。ベテランのロマン・ハムリクのミスをつき、パスをつないで生まれた見事な同点弾。キャピタルズはその勢いをかって第3ピリオドに3連続得点し、試合を決めた。

勝越しゴールとなったキャピタルズの3点目を入れたのは、主将のアレクサンダー・オベチキン。プライスは「時間に余裕があってあんなにネットに近くにいたら、何をすべきかわかっている。だからオベチキンは毎年50ゴールも記録できるんだ」とオベチキンに脱帽だった。


バンクーバー6、ロサンゼルス4
(2勝2敗タイ)

ドリュー・ダウティのゴールで先制され、その後も常にリードをゆるしていたカナックス。その苦しい展開を破ったのは、ヘンリクとダニエルのセディン兄弟だった。

第3ピリオドに入ってから、ミカエル・サミュエルソンの同点ゴールをアシストし、サミ・サロの勝越しゴールを演出。ダメ押しの5点目はダニエルのアシストでヘンリクが決めた。「監督やファンからああしろこうしろと言われなくても、我々は何をすべきかわかっている」という双子が、カナックスを3連敗の危機から救った。

------

::: ついに出ました、第2オーバータイムへの突入。試合時間が長かっただけに、ミロシャタのゴールが決まったときのTDガーデンの盛り上がりはすごかったですね。ああ私もあの中に(以下略)

キャピタルズは順当に(?)ハブズにダブルスコアで勝って王手。頼みのハラークが「点を取られた後、震えていた」とオベチキンに言われ、第3戦では不調だったからか、プライスが先発したのには、少し驚きました。ホームのベル・センターなのだし、そこはやっぱり、正ゴーリーのハラークで来るんじゃないかと思ってたからです。プライスで負けて、ハラークもだめ、プライスもやっぱりだめで、ハブズにとっては苦しい展開となりました。

8つのマッチアップが全て1勝1敗でスタートしたこの第1ラウンドも、3勝1敗で王手をかけるチームが出てきました。勝ち抜け一番乗りは、絶好調のぺんぎんかな? そろそろ、次のラウンドの組み合わせが気になってくるところです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
LAに先手を取られていて心配しましたが、なんとかシリーズをタイにすることが出来ました。
オリンピック以降、ルオンゴが今ひとつって感じなんで、ちょっと心配してます。
WBC優勝後のシーズンで、阪神の守護神、藤川が調子が出なかったように、
ルオンゴも地元オリンピックのプレッシャーから開放されて力が抜けてるのかな~。
オリンピック、OTにならずに勝っていたら調子を保てた(上げることが出来た)ような気がします。
2010/04/23(金) 13:08 | URL | NON #TQJJvfrU[編集]
ルオンゴ~
NONさん、カナックスはなんだかんだ言ってキングズから7点も取って王手をかけたではないですか。やっぱり強いですね。しかしこのままではキングズも終らない気も・・・クイックにもがんばってほしいです。同窓ですし。

ルオンゴって異例のキャプテン・ゴーリーですよね。ゴーリーってただでさえプレッシャーきつくて大変なのに、よくキャプテン引き受けたなって思うんですが、来季あたり、他の誰かがキャプテン引き継ぐのでしょうかね。こう考えるとナズィーことナスルンドは偉大でしたね。
2010/04/25(日) 16:53 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。