さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボストン、キャロライナに勝ちカンファレンス6位でプレーオフ進出確定
2010年04月11日 (日) 20:45 | 編集


ボストン(AP)-- NHLボストン・ブルーインズ対キャロライナ・ハリケーンズは10日、当地のTDガーデンで行われ、4-2で勝ったブルーインズの東カンファレンス6位が確定。14日からのプレーオフ進出が決まった。

-----

ブルーインズにとって、自力でプレーオフ行きを決めるためには、絶対に勝つことが必要だったハリケーンズ戦。4-2のスコアは一見平凡に見えるが、NHL新記録樹立やファインプレーを含む、人々の記憶に残る面白い試合となった。

第1ピリオド残り18秒でマット・ハンウィックがフッキングのペナルティを取られ、ブルーインズは第2ピリオドを一人少ない状態で迎えた。インターミッションでハンウィックは「頼む、俺のためにこの2分をしのいでくれ」とチームメイトに言ったという。

しかしプレーオフ行きに燃えるブルーインズ選手陣は別の形でハンウィックの願いに応えた。ただペナルティの時間を潰すのではなく、ハリケーンズの攻撃の隙をつき、積極果敢にキャム・ウォードの守る相手ゴールネットに襲いかかったのだ。

パワープレーが始まって50秒後、まずダニエル・パイエがハリケーンズ・ゾーンに流れたパックを追いかけ、鮮やかにゴール。それからわずか1分4秒の間に、ブレイク・ウィーラーとスティーブ・ベジャンが速い攻撃で2連続得点をあげた。ペナルティボックスにいたハンウィックすら「クレイジーだ」と認めた、珍しい3連続ショートハンド・ゴールだった。

ブルーインズによると、同一のペナルティで3つのショートハンド・ゴールは、NHLの長い歴史でも初めて。1995年4月にウィニペグ・ジェッツが対バンクーバー・カナックス戦で4つのショートハンド・ゴールを記録したことがあるが、1964-65年のシーズン以来、1試合で3ショートハンド・ゴールを決めたのは、ジェッツと今夜のブルーインズだけだ。

2点目のショートハンド・ゴールを決めたウィーラーが青くなった場面がある。3-2で迎えた第3ピリオド序盤、ハリケーンズのジェローム・サムソンにペナルティのコールがあったが、パックはブルーインズが持っていたため、アドバンテージが取られた。トゥーッカ・ラスクがベンチに下がり、他の選手が交代のためベンチへ向かっていたことに、ウィーラーは気づいていなかった。

マイケル・ライダーに出したつもりのパスが、誰もいない自軍のゴールに向かっていく間、ウィーラーは首を振りながら「あーあ、やっちゃった。これでシーズンも終わりだ」と絶望的な気持ちになっていたという。

しかしパトリス・ベルジュロンが猛然とパックを追っていき、パックがゴール・ラインを割る直前にクリアー。ビデオ判定となったがゴールではないことが確認され、「ほっとした」とウィーラーは胸をなで下ろした。ウィーラーだけでなくブルーインズのプレーオフ行きを救ったベルジュロンは、「自殺点ってESPNの『ワースト10』に入ったりするでしょ。そういうのに出たくなかったから。できるだけ速く滑ろうと思っただけ」と試合後に語った。


::: ハイライトだけでも楽しめる試合でした。ショートハンド・ゴール3つもすごいけど、私はむしろケーンズの同点ゴール(っていうかちゃぐまの自殺点)を阻止したベルジュロンのスケーティングと粘りに拍手喝采したい。オリンピックのチーム・カナダに選ばれたのは伊達じゃないと思いました。と同時に3つのショートハンド・ゴールと自殺点だったら、もっと珍しい試合になったのに、と少し残念だったりして・・・へへへ。

なんにせよちゃぐま、プレーオフ出場はめでたいことです。昨季は強くて東カンファレンス1位で、プレーオフ第1ラウンドでハブズに4連勝したものの、第2ラウンドでケーンズに7試合やって負け。今季はちょっとプレーオフへの切符ゲットに時間がかかったけど、6位ぐらいでプレーオフに臨んだほうが、プレッシャーも少なくてちゃぐまにはいいかも。ずんずん勝ち進んでプレーオフの途中からマルク・サヴァールも出られるといいんだけどなあ。無理かなあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。