さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オタワがキャロライナにシュートアウトで勝利 プレーオフへ
2010年04月03日 (土) 16:15 | 編集


オタワ(AP) -- NHLオタワ・セネターズ対キャロライナ・ハリケーンズは1日、当地スコシアバンク・プレイスで行われ、セネターズがシュートアウトの末4-3でハリケーンズを下しプレーオフ進出を決めた。

-----

それは、鮮やかな同点劇だった。2-3とリードされた第3ピリオド終盤。セネターズはゴーリーのブライアン・エリオットをベンチに下げ、6人攻撃を仕掛ける。残り10秒足らずでハリケーンズのゾーンでフェイスオフ。セネターズのジェイソン・スペッツァがパックを左後方へ送ると、ブルーライン近くで待ち構えていたエリック・カールソンが素早くシュート。パックはマニー・レガシーのグラブに当たり、ふわりとネットに吸い込まれていった。

「フェイスオフで勝ったら何をやるか、みんなわかっていた。スペッツァのフェイスオフが本当にうまかった」。第3ピリオド序盤に2-2となる同点ゴールを決めていたルーキーのカールソンは、この重要な場面を落ち着いた声で振り返った。「パックは自分のところに来ることになっていたので、アルフィー(主将のダニエル・アルフレッドソン)が相手をブロックしてくれた。ゴールに入っていくパックを見て嬉しかった」

試合は延長線でも決着がつかず、シュートアウトへ。ドラマチックな同点シーンを演出し、この日3アシストを記録したスペッツァがアレクセイ・コヴァリョフに続いてゴールを決め、セネターズに勝利をもたらした。

セネターズがプレーオフに進むのは2年ぶり。昨シーズンはノースイースト・ディビジョン4位でカンファレンス11位に沈み、11年続いていたプレーオフ行きが途切れていた。


::: おー、オタワ、プレーオフ進出おめでとう! オタワもすっかり強くなってディビジョン・チャンプは当たり前、プレーオフも常連、って感じなので、去年は行けなかったんだー、珍しいこともあるもんだ、という感想を持ってしまいました。

それにしてもこの試合の何が驚いたって、同点ゴールのもとになったスペッツァのフェイスオフ。パックが一目散に、綺麗にカールソンのところに行って、それをカールソンがスナップショットで決める。「計画通り」とカールソンは言っていたけど、なかなかこううまくいくものじゃありません。本当にすごい。スペッツァにフェイスオフで負けたエリック・ストールも、失点後、茫然としてました。

16歳で世界ジュニア選手権のカナダ代表に選ばれたり、10代なかばから輝き、その名を轟かせていたスペッツァも、オリンピックの代表には一度も選ばれず。それだけカナダの選手層が厚いってことなのかもしれないですが、ダニー・ヒートリー&ダニエル・アルフレッドソンと組んで大活躍をしていたトリノ五輪のシーズンには、選ばれてもおかしくないのではと思ってました。そしてこんなにフェイスオフがうまいスペッツァがいれば、バンクーバー五輪でもカナダはもう少し楽に戦えたのでは・・・なんて考えてしまうのです。カナダは金メダルだったので、まあ結果オーライなんでしょうけど。

なんにせよオタワ、プレーオフではがんばってくれ。今の順位でいくと第1ラウンドの相手はぺんぎんだけど、オタワなら倒せる(ような気がする)! 楽しみにしてます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。