さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュージャージー、バッファロー、ピッツバーグ、フェニックスがプレーオフ進出決定
2010年03月28日 (日) 22:23 | 編集


ナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)は各地で試合があり、東カンファレンスではニュージャージー・デビルズ、バッファロー・セイバーズ、ピッツバーグ・ペンギンズがプレーオフ進出を決めた。

西カンファレンスでもフェニックス・コヨーテズがホームでコロラド・アバランチに6-2で勝ち、8年ぶりとなるプレーオフ進出決定。コヨーテズはパシフィック・ディビジョン首位でカンファレンス首位のサンノゼ・シャークスをわずか2ポイント差で追っており、カンファレンス首位も狙える位置にいる。


ニュージャージー4、モントリオール2

2アシストを記録したイリヤ・コヴァルチュクらの活躍でデビルズが快勝し、13年連続のプレーオフ進出を決めた。ブライアン・ロルストンがエンプティネット・ゴールでNHLキャリア通算700ポイントを達成。

「試合前にブライアンの700ポイントの話が出ていて、後ろに彼がいるのが見えたから」とゴールのお膳立てをし、ゴールネットに入ったパックをすぐに拾いに行ったコヴァルチュクに、「コヴィは自分で得点できたのに」とロルストンは感謝していた。


タンパベイ1、バッファロー7

パトリック・ラリームがNHLキャリア通算200勝目をマーク。12月29日にペンギンズに勝って以来0勝4敗2分の成績だったラリームは「難産だったね。たぶん自分がトシとったからだろうな」。フォワードではデレク・ロワが3ゴール1アシストと大暴れした。

セイバーズがプレーオフに進出するのは3年ぶり。リンディ・ラフ監督も「今日のような試合でプレーオフ行きを決めるのは実にいいもんだね。まあ、笑ってもいいかな」と笑顔だった。


フィラデルフィア1、ピッツバーグ4

同じペンシルヴェニア州に本拠地を置くライバル同士の、メロン・アリーナでのレギュラー・シーズン最後の試合。主将のシドニー・クロズビーが3アシストの活躍でペンギンズが快勝し、プレーオフ進出を決めた。ペンギンズの連敗は3でストップした。

フライヤーズは現在、80ポイントでボストン・ブルーインズと並び東カンファレンス8位。9位のアトランタ・スラッシャーズとは2ポイント、10位のニューヨーク・レンジャーズとは4ポイントしか離れておらず、プレーオフ行きは予断を許さない状況だ。


コロラド2、フェニックス6

カルガリ・フレイムズがボストン・ブルーインズに敗れたため、試合前にコヨーテズの8年ぶりのプレーオフ行きは決まっていた。「チームにとって特別なこと。シーズンが始まる前、コヨーテズの力を疑っていた人がたくさんいたと思う。こういう形で答えを出して、思っていた以上の成績を残せていることが嬉しい」。主将のシェイン・ドーンは胸を張った。

昨夏破産を経験したチームはいまだにNHLの管理下にあるが、チームの雰囲気はいい。トレード締切日にトロント・メイプルリーフスから移籍したリー・ステンプニアックは「いろんなチームでプレーしたけど、こんなチームは初めて。誰もが自分の役割を知っていて、喜んで実行する」とコヨーテズの強さの秘密を分析した。


::: デビルズ、うし、ぺんぎん、そしてこよーて、プレーオフ進出おめでとう! 最近10年で2回もカップ優勝しているデビルズと、ディフェンディング・チャンピオンのぺんぎんはまあ当然なんでしょうけど(1995年にカップ優勝した翌年にプレーオフに進めなかったチームもあったけど、デビルズだけど)、うしが3年ぶり、そしてこよーてが8年ぶりにプレーオフ行き決定ということで、めでたいことです。うしってライアン・ミラーみたいな優秀なゴーリーがいるのにプレーオフ行けなかったんだね。

こよーてが強いのはどうしてなんだろう? オリンピック以降またNHLをチェックするようになって、私はずっと考えてきました。これといったスター選手がいるわけでもなく、今季から監督をつとめているデイヴ・ティペット(UNDファイティング・スー出身)はダラス・スターズの監督を5年していた人ですが、スターズ時代に特別強いチームを作ったわけでもなく、何かすごい戦術を持っている、というわけでもない。

北米のホッケー・マスコミやファンには、こよーての強さについて「イリヤ・ブリズガロフがハート・トロフィー級の活躍をしているから」という意見が多いようです。確かに今季のブリズガロフのプレーはすごいらしい。

そして、チームの破産でかえって選手間の結束が強まったことも確からしい。「こんなことになってしまったけど、とにかくがんばっていこう」みたいな。「みんなシーズン開始からずっと、自信をもってプレーしてきた。互いを信じ合ってやってきた」というキャプテン・シェインの言葉に、ちょっとウルッときてしまったのでした。

こよーては、ステンプニアック(ダートマス大卒です)が言うように、派手なスターはいないけど、誰もが自分の役割をきっちりこなす全員ホッケーのチームなんでしょう。デビルズやうし、プレッズもそういうカラーを持っているんだよね。こういうチームには、プレーオフでいいところ行ってほしいなあと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Playoff!!
お久しぶりです。うし3年ぶりのPO進出に、うれしさのあまり出てきました。
>うしってライアン・ミラーみたいな優秀なゴーリーがいるのにプレーオフ行けなかったんだね。

これは、理由は簡単で、ここぞと言うときにRyanが怪我をして、1ヶ月位戦線離脱。で、その間にチームが連敗でPO圏外に転落、と。
で、今年はRyanが絶好調で、チームも好調。オリンピックでMVPも取って・・・・
あれ??10年位前に同じようなチームがどこかに・・・気のせいかな??
2010/04/02(金) 21:57 | URL | Kiyonobu #-[編集]
It's a Miller Time!
Kiyonobuさん、おひさしぶりです。
歯医者通いをすることになり、いい歯医者さんをリサーチしているところで、Kiyonobuさん, DDSのことを思い出していました。

ミラーは今季キレキレですばらしいですね。彼はオリンピックで世界中にファンを増やしたと思います。金メダルとらせてあげたかった・・・。

>あれ??
>10年位前に同じようなチームがどこかに・・・
>気のせいかな??

「呼んだ?」(ドミニク・ハシェックより)
うしがカップ・ファイナリストになってから、もう11年もたつんですねえ~~~~。早いもんです。今でも万感の思いをこめて、大きな声で叫びたいですね、「NO GOAL!」と。

うしがもしかしたらもしかするかもしれない今年のプレーオフは、ぎっちり見ていくつもりですので、バッファロー情報、よろしくお願いいたします!
「Sabres三昧の日々!!」の更新も楽しみにしていますね。
2010/04/02(金) 23:47 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。