さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パット・バーンズの名がケベック州に建設予定のアリーナの名称に
2010年03月27日 (土) 17:54 | 編集


ケベック州スタンステッド(AP)-- 「パット・バーンズ」の名を冠したアリーナが完成するのを、どうやら自分は見ることができないようだ。けれどもそのアリーナに自分の名前が刻まれることを、名誉に思う---。痩せて弱々しい姿となったパット・バーンズ(57)はそう語った。

3月26日、ケベック州と米ヴァーモント州の国境に近いスタンステッドに「パット・バーンズ・アリーナ」が建設されることが発表された。発表のための式典には、フロリダ州の自宅からバーンズも出席した。

バーンズは2004年、結腸癌と診断された。翌年には肝臓癌も見つかり、NHLの監督職から正式に引退。昨年、肺癌を宣告されたとき、治療を受けない選択をした。

「私の人生は終わりに近づいている。私はそのことを受け入れています」。スタンステッド・カレッジでの式典に招待された30名ほどの前で、バーンズはスピーチをした。肺癌のせいでかすれ声だ。「アリーナが完成するとき、おそらく私はここにいないでしょう。でも私は空の上からアリーナを見ます」

式典に出席したカナダのスティーヴン・ハーパー首相は、バーンズがモントリオール・カナディアンズ、トロント・メイプルリーフス、ボストン・ブルーインズという3つのチームでNHL最優秀監督賞(ジャック・アダムズ・トロフィ)を受賞したことを指摘。「どんなチームに行こうとも、そのチームから最高のものを引き出せる能力を持っていた証しです」とバーンズを賞賛した。

1988年から2004年まで、前述の3チームとニュージャージー・デビルズで監督を歴任。2003年にはデビルズで念願の初スタンリー・カップも獲得している。

式典にはデビルズのジェネラル・マネジャー、ルー・ラモリエロやトロント・メイプルリーフスで活躍したフェリックス・ポトヴァン、元NHL選手のマルク・ビュロー、バーンズのいとこで代理人のロビン・バーンズ、元ケベック・ノルディクス監督のミシェル・ベルジュロンらも出席した。

アリーナの総工費は840万ドル(約7億5千万円)で、2011年完成予定。


::: 涙なしには読めない記事でした。まるまると太り恰幅のよかったバーンズが、まるで別人のように痩せこけた画像を見て、衝撃を受けました。いつもベンチの後ろで表情豊かに何かを叫んでいた「監督バーンズ」には、もう二度とお目にかかれないのでしょうか。

「確かなことは3つある。税金を払うこと、人は死ぬということ、そして私がラインを変えること」。

1998年~99年のシーズンに、当時ブルーインズの監督だったバーンズが残した言葉です。ホッケー雑誌に掲載されていたこのセリフを見たとき、大爆笑でした。確かに、人は税金を払わなければいけないし、いつかは死ぬし、チームの監督はラインを変えるのが仕事。バーンズの頭の良さやユーモアのセンスが凝縮された名言中の名言です。でも今の私は、この名言に全然笑えない。ただただ、泣けてくるのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。