さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャピタルズ、3点ビハインドからブラックホークスに逆転OT勝利
2010年03月15日 (月) 20:57 | 編集



シカゴ(AP) -- NHLワシントン・キャピタルズは14日、当地でシカゴ・ブラックホークスと対戦。0-3の劣勢から第3ピリオドに3連続ゴールで延長戦に持ち込み、ニクラス・バックストロムの決勝ゴールでブラックホークスに勝利した。

今季のプレジデンツ杯を激しく争うキャピタルズ(99ポイント)とブラックホークス(94ポイント)の戦いは、エースで主将のアレクサンダー・オベチキンを退場で欠いたキャピタルズに軍配が上がった。

第1ピリオド、ブラックホークスがジョナサン・テーヴズのゴールで先制した後、ブライアン・キャンベルへのボーディングでオベチキンが退場処分に。「そんなに強くヒットはしなかった。キャンベルを押したら倒れてしまった。ひどいチェックに見えたのかもね。2分間のペナルティだと思ったら、ラインズマンが来て『ゲーム・オーバー』って言ったんだ」(オベチキン)

第3ピリオドで3点リードされ、ブラックホークスのゴーリー、アンッティ・ニエミがうまくプレーする中で、キャピタルズはゲームを支配した。現在リーグのポイント・リーダーであるオベチキンなしで、わずか2分16秒の間に怒濤の3連続得点。この攻撃力が今季のキャピタルズの強さの象徴なのかもしれない。

最初の2点に絡み、延長戦で決勝ゴールも叩き込んだセンターのニクラス・バックストロムは、「シーズン終盤にこの試合。いい兆候だね。(オベチキンは)うちにとってのキー・プレーヤーで、たくさんのゴールをあげることはわかってるけど、他の重要な選手たちだってプレーできるってことを示せたと思う」と胸を張った。キャピタルズは既にディビジョン首位を確定させている。


::: 日曜日の昼下がり、アメリカ三大ネットワークの一つであるNBCでライブ中継されたこの試合。3ピリなかばからキャピタルズが0-3をひっくり返しての逆転勝利でした。

それにしても強いですねキャピタルズ。勢いのあるチームは、スーパースター様がいなくても勝ってしまう。キーとなったのは若きセンターのニクラス・バックストロム。OTでは、素早い動きでシカゴのブレント・シーブルックを完全に翻弄して決勝ゴールを決めてます。

バックストロムはキャピタルズ公式サイトでパワープレーでの攻めなどについて解説しているのですが、それがわかりやすくてすごく面白いんです。フェイスオフに強く、バンクーバー五輪予選リーグでスウェーデンがフィンランドに3-0で勝った試合では、3点ともバックストロムのフェイスオフからゴールにつながっていたほど。見ていて本当に楽しい選手です。

それにしても「スーピー君」ことキャンベルが心配だわ。シカゴの西海岸遠征には一緒に行かないんだそうで。キャンベルっていまいちトロそうに見えるけど実はスケーティングがすごく速いらしいです。あとホンットにびっくりしたんですけど、ブレント・ソーペルっていまシカゴにいるんですね。足は遅いわパックハンドリングは下手だわ、私にとっては「なんでNHLにいるのか不思議な選手」ナンバーワンなんですけど、名将スコッティ・ボウマンが切らないってことは、いいところもあるんでしょう。よくわかんないけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。