さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダが金メダル バンクーバー五輪 男子アイスホッケー
2010年03月01日 (月) 12:55 | 編集
バンクーバー・オリンピック男子アイスホッケー決勝は、カナダが延長戦の末アメリカを3-2で破り、2002年ソルトレイクシティ五輪以来2大会ぶりの金メダルを獲得しました。


カナダ3、アメリカ2(OT) BOX SCORE


1ピリ
CAN 12:50 ジョナサン・テーヴズ(リチャーズ)
2ピリ
CAN 7:13 コウリー・ペリー(ゲツラフ、キース)
USA 12:44 ライアン・ケスラー(ケイン)
3ピリ
USA 19:35 ザック・パリジー(WEA、ランゲンブラナー、ケイン)
延長戦
CAN 7:40 シドニー・クロズビー(イギンラ)

ゴーリー
USA ミラー(39ショット、36セーブ、5勝1敗)
CAN ルオンゴ(36ショット、34セーブ、5勝0敗)


::: まだ試合は全部見ていないんですけど(いま録画したのを見ながら書いている)、劇的な展開の面白い試合だったようです。こんなことならきちんとライブで見ればよかった。

場所はカナダのバンクーバーで、対戦するのはカナダとアメリカで、カナダが2点先行したのを2ピリ後半にアメリカが1点返して、そして試合終了間際にアメリカが6人攻撃で同点に持ち込み、延長戦でカナダのアイドル、シドニー・クロズビーが決勝点を決める。

漫画か映画ですか?っていうようなゲームですね。最後にヒーローになったのが試合前にマリオ・ルミューから「Good Luck.」というメールをもらったクロズビーっていうのが、できすぎで、もうね。カナダ人のホッケー・ファンにはハラハラさせられたけれども、たまらない結末だったことでしょう。

それにしてもチームUSAは若いのに(若いから?)その精神力の強さはすごい。完全アウェーのアリーナで、2-0から試合を振り出しに戻したんだから。それに1ピリと2ピリ見たら、アメリカはカナダと互角に戦っていたし、むしろ押していたかも。最後はほんのわずかの差で負けてしまいましたが、私は思うのです、「チームUSA、このメンバーそのままでソチ五輪いける!」。今大会のMVPに選ばれたゴーリーのライアン・ミラーもいま29歳だし、フォワードがほとんどまだ20代前半ですからね、大いに期待できます。大健闘のバンクーバー五輪でした。

それにしても笑ってしまうのが、NHL選手会がチームUSAの選手と家族のために、日曜日の朝にバンクーバーを出発する飛行機のチケットを予約していたこと。IIHFのランキングでチームUSAが低かったので、どうせ決勝には行けないだろうと予測した上でのことだったらしいです。「俺たち、期待されてなかったしね。でも後のフライトに予約し直せて嬉しいよ」(デイヴィッド・バッカス)

その一方で、チーム・カナダ。朝日新聞のコラムで、長野五輪男子スピードスケート500メートル金メダリストの清水宏保さんが、こんなことを書いていました。

「一般的に『銀メダルは悔しいメダル、銅メダルはほっとするメダル』と言われる。つまり、銀メダルには金に届かなかった悔いが残り、銅メダルは表彰台に上がれたという財産が残るという意味合いだ」

オリンピックおたくの私は、なるほどなあ〜と頷いたのですが、今回のチーム・カナダの選手たちにとって、この金メダルは「嬉しい金メダル」なのは間違いないでしょうが、それ以上に「ほっとする金メダル」だったのではないかと思います。

自国開催で、ホッケーはカナダで生まれたカナダのスポーツという自負、そしてトリノ五輪での惨敗。どこかのテレビ局のキャッチコピーじゃないですが、冗談抜きでこのオリンピックは、カナダにとっては「絶対に負けられない闘い」でした。

予選でよりによってアメリカに負けるという屈辱を喫し、国民の怒りを買いながらも、計り知れない重圧を背負って、よくも決勝まで勝ち残り、金メダルでフィニッシュできたものだと思います。最後は薄氷を踏む勝利でしたが、やっぱりカナダは強かった。金メダルおめでとう、チーム・カナダ!




国旗を持って走り出すドリュー・ダウティ。おいおいどこへ行くんだ。




左からブレント・シーブルック、ジョナサン・テーヴズ、ダンカン・キースのシカゴ・ブラックホークス組。組長テーヴズは大切な試合で値千金の先制ゴール。




某元首相じゃないけど、「よくがんばった!」。お疲れさまでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
にゃおこさん、初めまして。

私も留学でホッケーにはまったものです。

いつも青に染まるGM PLACEが真っ赤になった光景はすごいものがありました。

マスコット・ゆるネタ、面白いですね!
2010/03/01(月) 22:27 | URL | あっきー #-[編集]
カナックス=青
あっきーさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
留学やワーホリで北米に行って本場のホッケーを見て、はまっちゃう人って多いのでしょうね。私なんてカレッジホッケーの試合1試合見ただけで「面白い!」とはまっちゃいましたからね・・・。
GMプレイスが青く染まるというのは、カナックスのジャージが濃い青だからですね。そんでもってリーフス戦は、3割、いや4割ぐらいがリーフスジャージの青と白。あの真っ赤な風景は壮観でしたね。
マスコット・ゆるネタは私も大好きなコンテンツです。そのうちマスコットネタも復活させたいです。ちゃぐまのブレイド君やハブズのユッピー!について書こうかな。
2010/03/01(月) 23:53 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。