さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シカゴのパトリック・ケイン、故郷バッファローに帰る
2007年12月16日 (日) 15:44 | 編集
15日、シカゴ・ブラックホークスはバッファローを訪れ、セイバーズと試合をしました。試合は3-1でセイバーズが勝ちましたが、シカゴの1点を叩き出したのが、ルーキーながらチームのポイント・リーダーであるパトリック・ケイン。

ケインは生まれも育ちもバッファローの、生粋のバッファローっ子。もちろん小さい頃からセイバーズの大ファンで、10歳から14歳までは年間20試合をホームのHSBCアリーナで見ていたそうです。ホッケー選手としては決して大きくないことから、ケインはしばしば、セイバーズのスター選手だったパット・ラフォンテーンの再来のように言われますが、バッファローの自宅の部屋にはラフォンテーンのポスターも貼ってあるんだとか。そういえば名前も同じ「パトリック」。

NHLerになってHSBCアリーナで試合をするのを楽しみにしていた、そのときはセイバーズのジャージを着ているんじゃないかなと思っていた、というケインを、バッファローのファンは温かく迎えました。




セイバーズはHSBCアリーナでのシカゴの朝練習をファンに開放という粋な計らいをし、1000人が見学しました。また、試合前のセレモニーでパックを落としたのは、ケインの父パトリック・シニアさんと、おじいさんの二人。セイバーズもなかなかやりますね。

試合の1ピリにケインがフッキングの反則を取られ、名前がアナウンスされると、アリーナのお客さんから温かい拍手が巻き起こりました。ケインはペナルティボックスの係員に「今夜はちゃんとやんないとな」と言われたそうです。

両親と3人の姉妹、友人、知人合わせて約500人(!)がこの試合を見に来ていたそうです。でもケインが用意したチケットはたったの15枚。ケインからチケットをもらえるとは思ってなかった人たちは、もう自分たちで買ってあったんだとか。

母親のドナさんは、HSBCアリーナのボックス席のシーズン・チケット保持者から、「よかったらケイン家でボックス席を使いませんか」という申し出を受けたそうです。

「本当に感激したわ。こんなことは二度と起こらない。パトリックがまたセイバーズと試合をしに戻ってきても、こんなふうにはならないもの。すばらしい」

もし息子さんがゴールをきめたら?

「ゴールしてほしいわ、息子のためにね。だって息子にとってはとても、とても大切なことだから。でも私たちは彼が楽しんでくれればそれでいいの」

そう語っていたお母さん、目の前で本当に得点した息子を、誇りに思ったことでしょうね。

一連の記事を読んでいて、私がおもしろいなと思ったのは、朝練習での出来事。ケインは見学に来た人の一人から、「昔、うちの妹に交際を申し込んだことがあるだろ。まだ妹とデートしたい?」と言われたそうです。シカゴの選手たちはベンチでゲラゲラ笑っていたんだとか。

そして今季のホーム開幕戦でデトロイト・レッドウィングズと戦ったときのエピソード。3-3のタイからシュートアウトになり、ケインが唯一のゴールをきめてシカゴに勝利をもたらしました。相手のゴーリーは、ケインにとって少年時代からのヒーローだったドミニク・ハシェック。

これだけでも十分ドラマチックなんですが、試合終了直後、ケインはハシェックに近寄り、「すみません、大ファンなんです、家族に送りたいので」と言って一緒に写真撮影を頼み、ハシェックも「ああ、いいよ」とそれに応じたというからすごい。

なんでもケインの父はかつて自動車ディーラーに勤めていて、バッファロー時代のハシェックにクルマを売ったこともあるそうな。不思議な因縁のケインとハシェック。KYギリギリの写真おねだりケインも十代っぽくていいし、異常な負けず嫌いなのにあっさりOKしちゃうハシェック先生も太っ腹で素敵。

関連リンク:ケイン家のファミリー・アルバム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。