さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダックス、アンディ・マクドナルドをブルーズへトレード 見返りはダグ・ウェイトら
2007年12月16日 (日) 10:21 | 編集



カリフォルニア州アナハイム(AP) -- アナハイム・ダックスは14日、センターのアンディ・マクドナルド(30)をセントルイス・ブルーズへトレードした。見返りはセンターのダグ・ウェイト(36)、チェコ人ウィンガーのミハル・ビルナー(21)、そして2008年エントリー・ドラフトの7巡目指名権。

マクドナルドは2000-01年シーズンの前にフリー・エージェントでマイティダックス(当時)と契約した。昨シーズンは82試合にフル出場し、78ポイント(27ゴール、52アシスト)を記録。ダックス初のスタンリー・カップ獲得に貢献した。NHLオールスター・ゲームにも初出場を果たしている。

ウェイトはニューヨーク・レンジャーズを皮切りに、エドモントン・オイラーズ、キャロライナ・ハリケーンズ、そしてブルーズでプレイ。2006年にハリケーンズで初のスタンリー・カップ優勝を経験した後、古巣のブルーズに戻り主力として活躍していた。NHLオールスターには4度出場している。

「アンディのような選手を出すのは、つらいことだ」。ダックスのジェネラル・マネジャー(GM)、ブライアン・バークはそう語った。昨シーズン、主将としてダックスを初のスタンリー・カップに導き、プレイオフMVPにも選ばれたスコット・ニーダマイヤーがチームへの復帰を表明したことで、ダックスは年俸総額のスペースを空ける必要に迫られていた。マクドナルドの契約は3年で1000万ドルで、今シーズンはその2年目。ダックスはマクドナルドを放出したことにより、フォワードのコウリー・ペリーとの再契約も可能になると見られている。


::: にーだま兄復活により、ダックスがサラリー・キャップのスペースを空けるために誰かをトレードするのはわかりきったことだったけど、まさかそれがアンディ・マックだったとは。ファンもショックだろうなあ。本人は「あ、やっぱりオレ?」的な予感はあったかもしれませんが。

バークおじさんにとっても苦渋の選択だったでしょうね。なんといってもアンディ・マックのスピードは魅力。にーだま兄も弾丸スケーターだが、アンディ・マックもそれにひけをとらないくらい速い。スキル・コンペのスピード競争でもオベチキンらを差しおいて優勝してました。

ダグは「前年のカップ・チャンピオン・チームに行けるなんてワクワクしているよ」と語っていたそうですが、内心は複雑だと思う。ブルーズからプレイオフ前の補強でレンタルちっくにケーンズに行き、念願の初カップを取ったダグが翌シーズンにブルーズに戻って再契約したのは、「ブルーズでカップ優勝したい、セントルイスの目抜き通りを優勝パレードしたい」という一心だったから。どん底の昨シーズンを耐えて、今シーズンはチームも好調だったのに、またよそのチームに出されてしまうなんて。

でもまあ、がんばっておくれ、二人とも。しかしブルーズはますます強くなりそうだな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。