さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドン・チェリーのぴちぴちプロスペクトくんインタビュー
2007年02月03日 (土) 18:18 | 編集
去年のプレーオフ決勝の試合(CBCバージョン)を少しずつ見ているのですが、CBCのホッケー放送といえば、最初のインターミッションに必ず登場する名物親父ドン・チェリーです。

第4戦のインターミッションでは、ドン・チェリーが2006年NHLエントリー・ドラフトの目玉となっていた5人のぴちぴちくんたちにインタビューしていました。




ジョーダン・ストール(ピッツバーグ1巡目、全体2位)
センター、OHLピーターボロー・ピーツ
試合の日に食べる物は?「ラザニア」
欲しいクルマは?「SUV車かな~、わかんない」
好きな選手は?「トッド・バートゥッズィ(笑)」

::: 言わずと知れた、ストール兄弟の三男坊。実家はオンタリオ州サンダーベイの裕福な牧草農家で、末っ子ジャレッドを含む4兄弟は全員、夏は早朝から夕暮れまで農作業を手伝っていたそうです。NHL広しと言えども、ボードと夜間照明設備付きの練習用リンクが自宅裏庭にあった選手はストール兄弟ぐらいではないでしょうか。八重歯がチャームポイントの三男ジョーダンは母リンダにそっくり。バートゥッズィが好きと言ってドン・チェリーに笑われていました。




ジョナサン・テーヴズ(シカゴ1巡目、全体3位)
センター、ノースダコタ大学
試合の日に食べる物は?「チキンとパスタ、主にスパゲティ」
欲しいクルマは?「ドッジ・ヴァイパーが欲しいです」
好きな選手は?「ずっと昔からジョー・サキックのファン」

::: Toewsと書いて「テーヴズ」と読む、そんな難解な名字を持つテーヴズくんは、我がノースダコタ大学ファイティング・スーのスター選手。世界ジュニア選手権でもカナダ代表として活躍しました。ウィニペグ出身ですが、ママがフランス系カナダ人のためフランス語で育てられ、英語よりフランス語のほうが得意なんだそうです。完璧なバイリンガルで、ご覧のように端正な顔立ち。NHL入りが待ち遠しいぴちぴちくんの一人です。




デリック・ブラサール(コロンバス1巡目、全体6位)
センター、QMJHLドラモンドヴィル・ヴォルティジュール
試合の日に食べる物は?「スパゲティ」
好きな選手は?「えーと・・・、ダニエル・ブリエールが好きです」

::: ブラサールくんはケベック州出身、カナディアンズを見て育ったという、コッテコテのケベコワ。でもドン・チェリーも褒めるほど上手な英語でインタビューに答えていました。かつてカナディアンズにドラフトされたこともある父に手ほどきされ、4歳でホッケーを始めたそうです。NHL入りは果たせなかった父の夢を、ジャニーズ系の息子が叶えることができるでしょうか。がんばれ、ブラサールくん!




フィル・ケッセル(ボストン1巡目、全体5位)
センター、ミネソタ大学
試合の日に食べる物は?「チキンとパスタ(笑)」
欲しいクルマは?「メルセデス・ベンツ。ベンツなら何でもいい」
好きな選手は?「ジョー・サキック」

::: NHL1年目でいきなり睾丸癌を患って休養という、これ以上ないドラマチックなスタートを切ったケッセル。父はNFLワシントン・レッドスキンズにドラフトされた経験を持つフットボール選手で、母も陸上をやっていたそうです。生意気そうな見た目とは違い、もの静かで控え目な性格で、ロッカー・ルームでもいるのかいないのかわからないほどなのだとか。「ゲーム・ミールは?」の質問には「チキンとパスタ」と答えて笑いを取ってました。空気を読めるルーキーくんのようです。しかしサキックって人気あるんですね。




エリック・ジョンソン(セントルイス1巡目、全体1位)
ディフェンス、合衆国ナショナル・チーム(U-18)
試合の日に食べる物は?「なんか流行ってるみたいだから、チキンとパスタ」
欲しいクルマは?「レンジ・ローバーが欲しい」
好きな選手は?「小さい頃からパヴェル・ブレのファンだったけど、これからはクリス・プロンガーと言わないといけないかな」

::: 1位で指名されたものの、ジョンソンはミネソタ大学へ進みました。ツインシティーズ近郊のブルーミントン出身なのに、小さい頃からカナックスの大ファンだったというのはなぜ? んでもって好きな選手はパヴェル・ブレ。ディフェンスマンなのになぜ!? このインタビューでは表情も変えず、実に淡々と答えていました。なんかつかみどころのない、大物っぽいぴちぴちくんです。

で、このインタビューが終った後、ドン・チェリーは視聴者に向かって「みんな、憶えておいてよこのメンバー!」と言っていました。直後のドラフトで全体第6位まで指名された選手のうち、スウェーデン人のニクラス・バックストロム(ワシントン1巡目、全体4位)を除く全員がこのインタビューにきちっと呼ばれていたわけで、CBCさすが。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジョンソン
やはり学問を身に着けなさいという周囲の意見があったのでしょうかね?

>ケッセル

昔は男が眉を細く整えるのは日本人ぐらいと揶揄されましたが、このケッセル、田舎の高校球児みたい(笑)。控えめな性格というのも意外。頑張って欲しいですね。覚えておかないと…。
2007/02/06(火) 01:54 | URL | Isolar #NYhldUz6[編集]
エリック・ジョンソン
ドラフト直後のインタビューでは、プロかカレッジか、どっち行くのかきかれて、「ブルーズの言うとおりにするよ、カレッジに行けと言われればカレッジに行くし、プロでやれと言うならプロに行く」と答えてました。なので「1年ぐらいカレッジ行ったら?」とブルーズにすすめられたのか、もしくはミネソタ大との契約で最低1年はプロでやることが決まってたとか? ジョンソンのようなミネソタっ子にとっては、ゴウファーズでホッケーをやることは大変な名誉であり憧れなので、そういうのも大きかったのかもしれません。

ケッセルのは、あれはやっぱり眉を整えてるんですかねー!? 
>田舎の高校球児
ははは(笑)。ウィスコンシン出身だから、田舎の子にはまちがいないですね。ほんと意外だったんですが、指導していたコーチによると、ケッセルは「自分が、自分が」というところがなくて、とにかく控え目で謙虚、おとなしい人だそうです。「知らない人がロッカールームでのフィルを見たら、第5ラインの選手だと思うんじゃないかな」なんて言ってました。ドラフト直後のインタビュー@NHL.comでも、そういう性格が出ている受け答えでした。
私はケッセルのいたゴウファーズが大嫌いなので、NHLでもゴウファーズ出身の選手は絶対に応援しないんですが、ケッセルだけは例外になりそうです。ケッセルのプレイを見に、ボストンまで行きたいとすら思います。ほんとにがんばってほしい。ちゃぐま復活のキーマンとなってほしいです。
2007/02/08(木) 00:33 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。