さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポーツネット・チャンネルの動画がおもしろい
2007年01月07日 (日) 22:51 | 編集
カナダのスポーツ専門チャンネル、Sports Net。その公式サイトにある動画集がおもしろいのです。映像もきれいで感激。

ラピッド・ファイヤーQ&A:ジェイソン・スペッツァ
マリア・シャラポワとアンナ・クルニコワだったらシャラポワ派だそうです。

ラピッド・ファイヤーQ&A:マシュウ・バーナビー
インタビュアーは、現在チームメイトであるりんどろ。
「『ブロークバック・マウンテン』は見ない。悪い思い出が・・・冗談だよ(笑)」って、ましう~。この二人は仲良さそう。

スティーブ・アイザマン記者会見
「今日市長からカギをもらったんだけど、皮肉なことに、アリーナのぼくの執務室のカギは持ってきてないんだよね。えーと、今日は仕事をするのかな、ぼくは?」と笑いをとるあいざまんが素敵んぐ。

19番は誰のもの?
あいざまん引退後、19番をつけるのに最もふさわしい選手は誰か。答えはダントツでサキックが1位。一部の選手にとってはかなり残酷な結果に。

パトリック・シュテファン:悪夢を忘れるために
1月4日の対オイラーズ戦で見せたNHL史に残る大チョンボについて、スターズのパトリック・シュテファン(1999年ドラフト全体第1位)が(言い訳を)語る。ゴールネット横で転んだとき、彼の胸に去来したものは何だったのか。監督のデイヴ・ティペッツさんも登場してますが、トレードマークのヒゲがないので、最初誰だかわからなかった。

シェイン・コーソン、不安神経症と闘って
突然の現役引退の引き金となったのは心の病との闘いだった。「自殺も頭をよぎった」という言葉が衝撃的。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。