さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年NHLエントリー・ドラフト:全体1位指名はエリック・ジョンソン
2007年01月02日 (火) 20:28 | 編集
NHLの2006年エントリー・ドラフトは7月1日、バンクーバーのGMプレイスで行われ、ミネソタ州ブルーミントン出身のエリック・ジョンソンが全体第1位でセントルイス・ブルーズに指名された。

1位から30位までの指名を受けた選手は以下のとおり。

1位:セントルイス→エリック・ジョンソン
ディフェンスマン、193cm、ミネソタ州出身、合衆国U-18チーム

2位:ピッツバーグ→ジョーダン・ストール
センター、193cm、オンタリオ州出身、OHLピーターボロー

3位:シカゴ→ジョナサン・テーヴズ
センター/ウィンガー、185cm、マニトバ州出身、WCHAノースダコタ大

4位:ワシントン→ニクラス・バックストロム
センター、183cm、スウェーデン出身、スウェーデン・ブリナス

5位:ボストン→フィル・ケッセル
センター、183cm、ウィスコンシン州出身、WCHAミネソタ大

6位:コロンバス→デリック・ブラサール
センター、183cm、ケベック州出身、QMJHLドラモンドヴィル

7位:NYアイランダーズ→カイル・オクポーゾ
ウィンガー、183cm、ミネソタ州出身、USHLデモイン

8位:フェニックス→ピーター・ミュラー
センター、188cm、ミネソタ州出身、WHLエヴェレット

9位:ミネソタ→ジェームズ・シェパード
センター、185cm、ノヴァスコシア州出身、QMJHLケープブルトン

10位:フロリダ→ミヒャエル・フロリク
センター/ウィンガー、185cm、チェコ出身、チェコ・クラドノ

11位:ロサンゼルス→ジョナタン・ベルニエ
ゴーリー、180cm、ケベック州出身、QMJHLルイストン

12位:アトランタ→ブライアン・リトル
センター、178cm、エドモントン出身、OHLバリー

13位:トロント→イェジ・トルスティ
センター/ウィンガー、183cm、チェコ出身、チェコ・クラドノ

14位:バンクーバー→ミヒャエル・グラブナー
ウィンガー、183cm、オーストリア出身、WHLスポケーン

15位:タンパベイ→リク・ヘレニウス
ゴーリー、191cm、フィンランド出身、フィンランド・イルヴェス

16位:サンノゼ(fromモントリオール)→タイ・ウィシャート
ディフェンスマン、193cm、オンタリオ州出身、WHLプリンス・ジョージ

17位:ロサンゼルス(fromエドモントン)→トレヴァー・ルイス
センター、185cm、ユタ州出身、USHLデモイン

18位:コロラド→クリス・スチュワート
ウィンガー、185cm、トロント出身、OHLキングストン

19位:アナハイム→マーク・ミテラ
ディフェンスマン、191cm、ミネソタ州出身、CCHAミシガン大

20位:モントリオール(fromサンノゼ)→デイヴィッド・フィッシャー
ディフェンスマン、191cm、ミネアポリス出身、USHSWアップルバレー

21位:NYレンジャーズ→ボビー・サンギネッティ
ディフェンスマン、185cm、ニュージャージー州出身、OHLオーウェンサウンド

22位:フィラデルフィア→クロード・ジルー
ウィンガー、178cm、オンタリオ州出身、QMJHLギャティノー

23位:ワシントン(fromナッシュビル)→セメン・ヴァルラモフ
ゴーリー、185cm、ロシア出身、ロシア・ヤロスラヴル2

24位:バッファロー→デニス・パーソン
ディフェンスマン、185cm、スウェーデン出身、スウェーデン・ヴェステラス

25位:セントルイス(fromニュージャージー)→パトリック・バーグルンド
センター、193cm、スウェーデン出身、スウェーデン・ヴェステラス

26位:カルガリ→リーランド・アーヴィング
ゴーリー、183cm、アルバータ州出身、WHLエヴェレット

27位:ダラス→イヴァン・ヴィシュネフスキー
ディフェンスマン、180cm、ロシア出身、QMJHLルアンノランダ

28位:オタワ→ニック・フォリーニョ
ウィンガー、183cm、バッファロー出身、OHLサッドベリー

29位:フェニックス(fromデトロイト)→クリス・サマーズ
ディフェンスマン、185cm、ミシガン州出身、合衆国U-18チーム

30位:ニュージャージー→マシュウ・コレント
ディフェンスマン、180cm、オンタリオ州出身、OHLサギノー


::: 雑感1:オンタリオが生んだストール4兄弟の第二の矢、ジョーダンくんがNHLチームに登場する日も近い? そう言えばお兄ちゃんのエリックも全体第2位での指名でしたね。東のチームのぺんぎんに入ったら、お兄ちゃんのケーンズと「兄弟対決」することも多そう。
雑感2:個人的に大注目していたのは我がノースダコタ大で活躍するジョナサン・テーヴズくん。プレイもうまく英仏語ペラペラ、おまけにイケメンと、完璧な(?)ドラフト候補選手でした。シカゴは若い選手の多いチームだし、古豪シカゴ復活のためにがんばってほしいなあ。大学でもNHLでも酋長ジャージを着ることになるのね。
雑感3:意外だったのがフィル・ケッセルが5位で指名されたこと。バンクーバーで開催された世界ジュニアの時点では、「才能あふれるケッセル、ドラフト全体1位指名は確実!」みたいにホッケー・マスコミに煽られていた記憶があるのですが。世界ジュニアの対カナダ戦で、カナダの強固なディフェンスに完全に抑え込まれてしまったことによって、随分と評価を下げてしまったみたいですね。
雑感4:全体的に北米出身者が優勢で、ヨーロッパ出身の選手が少ない。ヨーロッパ人不作の年?・・・かどうかは、数年後にわかるのでしょう。
雑感5:全体1位で指名されたエリック・ジョンソンくんは、ミネソタ州のエリート・プレップスクールでプレイしていました。で、プロにはすぐに行かず、ミネソタ大学ゴウファーズで1年はやるようです。20位指名のデイヴィッド・フィッシャーも同様です。ゴウファーズのスターだったフィル・ケッセルはプロに進み、ちゃぐまの一員としてすでに試合に出ています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。