さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦国時代の西カンファレンス展望 プレイオフに進めるのはどこ?
2006年04月07日 (金) 00:48 | 編集
セントラル・ディビジョンがくっきり2強3弱なのが影響しているのか、西カンファレンスの3位~10位が戦国時代の様相を呈していて、プレイオフ行きのチームが決まるのは、レギュラー・シーズン最後の日までわからなさそう。西は毎シーズン、こんな感じではありますが、今季は接戦ぶりが特にすごいです。

これまでの成績とこれからの対戦相手をもとに、どのチームがプレイオフに行けそうか、西カンファレンスの今後の行方を占ってみたいと思います。

現在の成績
3位 カルガリ・フレイムズ(95ポイント・残り6試合)
4位 ナッシュビル・プレデターズ(94P・残り6試合)
5位 マイティダックス・オブ・アナハイム(92P・残り7試合)
6位 コロラド・アバランチ(90P・残り6試合)
7位 エドモントン・オイラーズ(88P・残り6試合)
8位 サンノゼ・シャークス(87P・残り7試合)
9位 バンクーバー・カナックス(87P・残り5試合)
10位 ロサンゼルス・キングズ(85P・残り5試合)

シャークスが8位に上がっている! しかも残り試合数が7もあるから、あと残り5試合のカナックスやキングズよりは若干有利と言えるかも・・・!?

余談ですが私が注目しているのが4位プレッズと5位ダックス。だって、もしこのままだったら、そしてたとえ4位と5位のチームが逆転したとしても、かつてのラブラブ・デュオ、セラニとカリヤがいきなりプレイオフ第1ラウンドで激突することになるんですよ!

で、気になるプレイオフ進出チームはどこになりそうかという問題。オイラーズが88ポイントで7位なので、5位のダックスから10位のキングズまで、今後の対戦相手と今シーズンの対戦成績(カッコ内)を比べてみる。

5位:マイティダックス・オブ・アナハイム
 対ダラス(2勝4敗1分)
 @ロサンゼルス(4勝1敗2分)
 @バンクーバー(2勝1敗0分)
 @カルガリ(1勝1敗0分)
 @エドモントン(0勝2敗1分)
 @サンノゼ(4勝2敗1分)
 対カルガリ

オリンピック前後からものすごい勢いで勝ち続けたダックス。しかし、オイラーズには分が悪いのね、意外。同じディビジョンのLAとシャークスには強い。

6位:コロラド・アバランチ
 対セントルイス(3勝)
 対ワイルド(5勝2敗0分)
 対フェニックス(3勝)
 @カルガリ(3勝3敗1分)
 @バンクーバー(4勝2敗1分)
 @エドモントン(4勝2敗1分)

ワンダホーな対戦成績。不調のチーム相手には取りこぼしがなく、同じディビジョンでもカルガリ以外にはすべて勝越し決定。アバランチ、ディビジョン優勝があるかも!?

7位:エドモントン・オイラーズ
 @ミネソタ(2勝5敗0分)
 @シカゴ(1勝2敗0分)
 @セントルイス(1勝1敗0分)
 @デトロイト(2勝0敗1分)
 対アナハイム(3勝)
 対コロラド(3勝4敗0分)

なぜだか理由はわからないけれど、どうしても苦手な相手というのがいる。オイラーズにとってそれはワイルド。カンファレンス1位のレッドウィングズからレギュレーション・タイムでは負けなしなのに、ディビジョン最下位のワイルドにはなかなか勝てないこの事実。そしてシカゴにも弱い・・・。ワイルドとシカゴに2敗したら、その後もダダダッと負けてプレイオフには行けないかも。カルガリ、そしてカナックスとの対戦が残っていないのが好材料といえば好材料?

8位:サンノゼ・シャークス
 @ロサンゼルス(5勝1敗0分)
 対ダラス(3勝1敗3分)
 @フェニックス(1勝4敗2分)
 @バンクーバー(0勝2敗)
 対バンクーバー
 対アナハイム(3勝3敗1分)
 対ロサンゼルス

キングズとスターズという、ディビジョンのライバルには強い。今季2敗しているカナックスとの対戦が2試合残っている。

9位:バンクーバー・カナックス
 対カルガリ(3勝3敗1分)
 対アナハイム(1勝2敗0分)
 対サンノゼ(2勝)
 @サンノゼ
 対アバランチ(3勝3敗1分)

勝ちと負けはちょうど半々ぐらい? 2勝と相性のいいシャークスと2試合すること、そして5試合中4試合はホームというのが、カナックスとしてはラッキーかも。

10位:ロサンゼルス・キングズ
 対サンノゼ(1勝4敗1分)
 対アナハイム(2勝3敗2分)
 @フェニックス(3勝2敗2分)
 対カルガリ(1勝2敗0分)
 @サンノゼ

残り試合数10ちょっととなったところで監督の首をすげ替え、背水の陣でプレイオフ行きに賭けるキングズ。でも残り5試合しかないのはちょっときつい・・・!?

で、これだけ接戦だと、すべての日程が終了した時点で、複数のチームが同じポイントで並ぶこともあり得るわけですが、その場合は次の手順でカンファレンスの順位が決まります。

・・・ここまで書いたところで時間切れ。べつに引っ張るわけではないのですが、手順については明日書きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この時期恒例
毎シーズン、西はもつれますね(笑)。

実は、3月の時点で同じようなことしました。

http://konago.exblog.jp/3671997/
この時点でも、Oilersは対戦相手を見ると有利って言われてました。
2006/04/07(金) 07:59 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
ダックス、今日さっそく負けちゃいましたよ~最後に空っぽのゴールに入れられてボロボロでした・・・プレッズもシャークスも勝ってるのに(にゃおこさんのオイラーズも・・・でもポイント取れてよかったですね!)。
やっぱアバランチは強そうですが、にゃおこさんの予想通り、5位か4位で行ければ!(^-^)
残りのシーズン、この記事を永久保存版で参考にさせていただきますね。続きも楽しみにしています!

小女子さん、ブログ拝見させていただきました。今振り返ると、ダックスが5位まで上がったのが信じられません~。
2006/04/07(金) 21:51 | URL | もりゆう #-[編集]
The New Rivals
エドモントン、ミネソタ戦、シカゴ戦と執念を感じる試合をしてますねぇ。

しかし、まさか公式ページに特集があるとは。

http://www.oilersheritage.com/history/transformation_events_new_rivals.html

今も事実上2位確定のダラスから変な磁力が出ているような…。
残り試合数から6位以上狙いは結構難易度が高く、
8位通過狙いは危険すぎる、という状況がなんとも言えないです(^-^;)。

オタワはありがたいことに気楽な立場ですが、勢いが落ちてきてしまいました。
プレジデンツはデトロイトで決まりでしょうか。
3年ぶりのカンファレンスタイトルは獲りたいなぁ…。
2006/04/09(日) 13:24 | URL | icehog #-[編集]
そうだった、思い出した
小女子さんのそのエントリーはアップされた当時読みまして、「ええー、カナックスとLAが落ちるの!?(うそマジ、でもそうなると嬉しい)」と思った記憶が。オイラーズ、有利なのか!? でも小女子さんの分析どおりの結果ですね、いまのところは。
西はカルガリとプレッズもプレイオフ進出の仲間入りを果たしてますし、プレッズとわずかなポイント差しかないダックスは、近々プレイオフ行きを決めることでしょう。だから、何も心配いらないのですよ、もりゆうさん! セラニは既に今から、愛するポールとの対決を想像して、目に涙をためながらプレイオフの作戦を練っているはずです!
icehogさんが紹介してくださったサイト、おおお、こんなのがあったのですね~。そうなんです、スターズ様とはプレイオフ限定での因縁のライバル(レギュラー・シーズンでの成績はいつもスターズの足下にも及ばないから)。1997年、下馬評が低かったオイラーズが、第7試合でのOTでトッド・マルシャンのサドンデス・ゴールで勝ってしまうという大波乱がありました。その後はほとんど負けているわけなんですけどね・・・。もうお互いのファンはこの対決には飽き飽きしているわけなんですよ。だから当たってほしくないんですよ。って、その前にまずプレイオフ行きをきめなくてはならないんですがー、ああ。
オタワは強さが安定していて、ファンは安心して見ていられますね。羨ましい。このところ調子いまいちなようですが、プレジデント杯もらってプレイオフ第1ラウンドでこけるというありがちなパターンよりはいいのでは・・・。カンファレンスのタイトルを争うケーンズとはいまのところ同ポイントですね。こちらのバトルからも目が離せません!
2006/04/10(月) 00:12 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。