さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレッジ・ホッケー:NCAA全米選手権「フローズン・フォー」に進出の4チームが決定
2006年03月30日 (木) 01:26 | 編集
アメリカの3月は「マーチ・マッドネス」と言って、NCAAバスケに全米が夢中になります。その陰にかくれてあまり目立ちませんが、春はカレッジ・ホッケーにとって全米ナンバーワンを決める季節でもあります。

5つある地域リーグ(Hockey East、ECAC、AHA、CCHA、WCHA)でまずプレイオフを行ってリーグのプレイオフ・チャンピオンを決め、その成績とレギュラー・シーズンの成績で全米選手権へ出場する16チームとシード順が決定されます。

その16チームが4チームずつに別れて「Regional(地域トーナメント)」を戦い、その地域の優勝チームがNCAA全米選手権決勝トーナメント「Frozen Four」へ進出、シーズンの全米チャンピオン目指して烈しい戦いを繰り広げます。

3月24日から26日にかけて、東はマサチューセッツから西はノースダコタまで、4カ所で地域トーナメントが行われ、フローズン・フォー進出の4チームが出揃いました。その中には我がノースダコタ大学ファイティング・スーも入っているのです!

各地域トーナメントの結果は次のとおり。

Northeast Regional(at マサチューセッツ州ウースター)
ボストン・ユニバーシティ9-2ネブラスカ大オマハ校
ボストン・カレッジ5-0マイアミ大
決勝:ボストン・カレッジ5-0ボストン・ユニバーシティ

East Regional(at ニューヨーク州オルバニー)
ミシガン州立大1-0ニューハンプシャー大
メイン大6-1ハーバード大
決勝:メイン大5-4ミシガン州立大

Midwest Regional(at ウィスコンシン州グリーンベイ)
ウィスコンシン大4-0ベミッジ州立大
コーネル大3-2コロラド・カレッジ
決勝:ウィスコンシン大1-0コーネル大(3OT)

West Regional(3/24、ノースダコタ州グランドフォークス)
ミネソタ大3-4ホーリークロス大(3OT)
ノースダコタ大5-1ミシガン大
決勝:ノースダコタ大5-2ホーリークロス大

4月6日にウィスコンシン州ミルウォーキーで行われるフローズン・フォー準決勝の組み合わせは、

ボストン・カレッジ・イーグルズ×ノースダコタ大学ファイティング・スー
メイン大学ブラックベアーズ×ウィスコンシン大学バジャーズ

決勝は4月8日(土)午後7時フェイスオフ。フローズン・フォーの3試合はESPN2で生中継で放送されます。ああああ、見たい・・・。

4チームのうち、各地域の第1シードだったのはウィスコンシン大だけ。他の第1シードだったミシガン州立大、ボストン・ユニバーシティ、そしてスーの永遠の仇敵ミネソタ大は、地域トーナメントを勝ち抜くことはできませんでした。

スーはレギュラー・シーズンの成績はさほどよくなかったのですが、所属するWCHAのプレイオフで優勝して波に乗ったのか、地域トーナメントではまず強豪ミシガン大を撃破。ニューハンプシャーの新興勢力、カレッジ・オブ・ホーリークロスにも快勝して、フローズン・フォー進出を決めたのでした。地域トーナメントはスーのホームであるエンゲルスタッド・アリーナで行われたので、ホッケー命のグランドフォークス市民とUNDの学生は熱狂したことでしょうね。あー、私もその場にいたかった・・・!

フローズン・フォーに進んだ4チームはいずれ劣らぬホッケーの名門校。NHLにも多くの選手を送りこんでいて、どのチームもNCAA全米選手権で優勝した経験があります。スーはいきなりイーグルズと対戦で、厳しい戦いになりそう。でもスーなら大丈夫! 根拠はないけど、きっと優勝できます! GO SIOUX!!



スーの主力選手の一人、ジョナサン・テーヴズくん。
ウィニペグ出身、フランス語ペラペラの1年生で、
2006年ジュニア世界選手権カナダ代表。
「Toews」と書いて「テーヴズ」と発音する名字は、
難しすぎてまともに読んでもらえたことがほとんどないそうです。
このとおりとっっってもキュートなぴちぴちくん。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大学ホッケーの盛り上がり
スーさんおめです!
にゃおこさん、さぞ見に行きたいでしょう!!

スーさんに敗れたHoly Crossの卒業生がSharksのルーキー隊にいて(Holy Corss始まって以来のNHL選手)、盛り上がってました。
Univ of Minnesotaに勝った日に、
Minnesota Wildとの試合で得点してたし。
やっぱりNCAA経験者のHC Ron Wilsonは、「あのHoly Corssが!」とかいってたし。

さらに、途中で負けちゃったUniversity of Denverのキャプテンが、Sharksのドラフトっ子だったんですが、トーナメントに出られなくなったのでチームとサインして、
Sharksのこの試合にも出ちゃいました(笑)。

スーさんは、ドラフトっ子が多いからちょっとその辺も注目してみなければ!
2006/03/30(木) 05:33 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
Hockey Eastから2校?
ベスト4にHockey East所属大学が2つ残ってるのはすごいですね!個人的にはBCにがんばってもらいたいです!(すいません......。)我が母校は今シーズンはPlayoffにも進出できなかったみたいです......。さびしいな~。
2006/03/31(金) 15:50 | URL | みや~んザメ #-[編集]
「ドラフトっ子」っていいね
小女子さん、みや~んザメさん、どうもどうもぉ!
NHLのプレイオフ切符争いも熾烈ですが、NCAAホッケーもクライマックス、グランドフィナーレな今日この頃。
そう、私がちょっと目を離したすきに、「AHA」という新しいカレッジリーグが誕生していて、ホーリークロスなどというニューハンプシャーのカレッジが台頭してきていたとは! バスケはアトランティック10(だったかな?)にも入っていてけっこう強いチームですが、ホッケーもそんなに強いとはね。しかもNHLにも人材を輩出していたとは! 「あのホーリークロスが!」というロンちゃんの気持ち、よ~くわかります。学力のレベルもそこそこ高い、いいカレッジですよ~。プロビデンス・カレッジみたいな感じかな。

>University of Denverのキャプテンが、Sharksのドラフトっ子

マット・カールくんですね~、ハイハ~イ、チェック済みです! しかしこの人、ディフェンスマンなのにアシスト数でNCAA1位だなんて・・・(笑)。末はコフィかボビー・オーか。見てみたいですね、プレイ。
今年のスーはドラフトっ子が多くて、なんじゃありゃーな感じなんですが、ドラフトっ子が多けりゃ勝てるってわけでもないのは今年のジュニアの世界選手権で実証済み。でも、ベストを尽くしてくれれば、やってくれるのではないかと密かに期待しています。

みや~んザメさん、私は学部時代からBCイーグルズのファンでもありましたから、こんどスーがいきなりイーグルズと当たるというのは、けっこう苦悩なんですよ・・・。しかしホッキー・イーストは、BCにBUにメイン大と、強いチームばっかりで、ほんとしんどいリーグですよね。我がUMass Amherstも、いつもいつも苦しめられておりました・・・。いちど、OTでBUに(BCにだったかな?)勝ったときなんて、アリーナが「もうこんな勝利は二度とねえ!」レベルのはしゃぎっぷりでした。
2006/04/03(月) 20:50 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。