さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルーインズがセルゲイ・サムソノフをオイラーズにトレード
2006年03月11日 (土) 12:08 | 編集


BostonHerald.com -- 最初は、ジョー・ソーントン(26)だった。そして今度は、セルゲイ・サムソノフ(27)だ。

二人は1997年のNHLエントリー・ドラフトで共にボストン・ブルーインズから1巡目指名を受けた「同級生」。ブルーインズのジェネラル・マネジャー(GM)、マイク・オコネルは、サムソノフをエドモントン・オイラーズへ送り、ブルーインズの次の黄金時代を築くはずだった二人の排斥を完了させた。ソーントンがサンノゼ・シャークスへ行って3か月後、そしてこの夏にはフリー・エージェントとなるサムソノフが他のチームと契約する前に、このトレードは行われたのだ。

サムソノフの見返りとして、ブルーインズはマーティ・リーズナーとヤン・スタツニー、そして2006年エントリー・ドラフト2巡目指名権を受け取る。リーズナーはかつてボストン・カレッジのスター選手として活躍したが、最近は渡り鳥のようにチームを移っている。そしてスタツニーは2002年のドラフトでブルーインズが6巡目で指名し、ブラッド・イズビスターとの交換で昨年の8月にオイラーズにトレードした選手なのである。

「ドラフト指名権だけじゃなくて、選手を獲得しようと考えていた」。昨夜、ホームTDバンクノース・ガーデンでブルーインズがモントリオール・カナディアンズに3-0で敗れる前に、オコネルは語った。「今年、ブルーインズのためにプレイし続けてくれる選手を欲しかったし、ブルーインズの将来のことを見据えようともした。そういうトレードをするのは難しかったが、我々がしたかったトレードができたという気がする」

このトレードでサムソノフはどう言っているか。「ぼくが驚いているかって? 驚いていないね、たぶん。でも少し残念だ。今年はこれまでとは違う年になっているのはまちがいない。トレードがあったりして。チームの上の人たちは、どういう方向を目指しているのか、いま考えている最中なんだと思う。そしてその計画の中には、ぼくを入れないでおこうって決めた。それははっきりしている」

ボストンを離れるのはつらい。サムソノフはそう言った。1997年、ロシア出身で、まだ10代だったサムソノフはボストンへやって来た。恥ずかしがり屋で控えめ、だが巧みなスティックさばきでファンを魅了するサムソノフを、ボストンのファンは温かく迎えた。

「ボストンでプレイするのが大好きだった。ここのファンも大好きだ。ボストンにいられるように、できるだけ希望を捨てないようにしていた。でも新聞に載っていたGMとオーナーのコメントから考えて、ぼくを出すっていう決定は、ずっと昔にされていたような気がする」

確かに、いくつかのチームがこの夏フリー・エージェントになる選手を引きとめる契約をすでに結んでいるのに対し、ブルーインズはトレード締切日が近づいても、サムソノフと再契約を交わす努力をしなかった。

サムソノフはNHLで最もダイナミックでエキサイティングな才能を持つ選手の一人である。1997年のNHLエントリー・ドラフトで全体8位で指名を受け、1997-98年シーズンのリーグ最優秀新人賞を受賞。ブルーインズでプレイした7年と少しの間で、164ゴール212アシストを記録している。

キャリアの中には怪我の問題もあった。そして今シーズンはサムソノフにとって最も不可思議な健康問題を抱える年となっている。夏の間じゅうずっと偏頭痛に悩まされて体づくりができなかったため、太ったままトレーニング・キャンプに現れた。シーズンに入ると調子は上がったが、その後も小さな怪我をしたりインフルエンザによる不快な状態に悩まされたりして、調子を落とすこともあった。今シーズンは7試合を欠場しているが、55試合に出て18ゴール19アシスト(37ポイント)をあげている。

「怪我でセルゲイにとってはいろいろあったシーズンだった。だからこの先どんなふうになるのか、我々にもわからなかった。もしセルゲイがボストンに戻ってきたいと言うのなら、必ず話を聞くよ」(オコネル)

オコネルがまたトレードをしたことは、今シーズンを諦めることを意味するものではない。この夏に制限なしフリー・エージェントになるリーズナーは、グレン・マリーのいる第2ラインで、パックを供給する役目を果たす。そのラインでは新たに獲得したマリウシ・チェルカフスキを左ウィングに据えることもできるかもしれない。エドモントンで今季わずか3試合に出たのみのスタツニーは、チームに貢献するチャンスを得るだろう。

「今回提示されたトレードの多くは、ドラフト指名権と交換する条件のものだった。我々はラインを作ることができる選手を引き換えに欲しかった。もしウチがドラフト指名権だけと引き換えに選手を出したのであれば、それは白旗を上げることを意味した。それはしたくなかった」とオコネルは語っている。

それでもなお、長年いるだろうと思われていた選手がトレードされると、チームには衝撃が残る。

サムソノフと一緒にNHLデビューしたハル・ギルは言う。「このトレードをどう考えていいかわからない。給料が問題だったんじゃないの、たぶん」


::: ジョーに続いてサミーもかよ・・・。フルに健康でないとはいえ、サミーがオイラーズに来てくれるのは嬉しいけど、GMオコネルはいったい何を考えているんだろう。
ジョーとサミーが入る前年、ブルーインズはどん底に弱かった。そしてドラフト1巡目のジョーとサミーが入ってきて、サミーはともかくジョーがNHLで本来の能力を発揮できるようになるまで、ちゃぐまは辛抱強く育て続けた。特にジョーの成長で、チームはディビジョン1位になるほど強くなった。私がマサチューセッツにいた頃のちゃぐまは、試合を見るのが楽しみでしかたないほど強かった。ちゃぐまはそのままチームづくりを進めて、いまのオタワのようなフランチャイズになるはずだった。それがプレイオフでは第1ラウンドでこけ続けて、監督ロビー・フトーレックがクビになり、オコネルが監督も兼任したりした頃から、ブルーインズはどんどんおかしくなっていった。まさにキーナンが就任した後のカナックス状態。それまでいた選手を放出してチームをずたずたにし、それでいてチームはいっこうに浮上できない。オコネルはこの成績じゃ解任される可能性大だけど、いまだにキャプテンも決まっていなくて核になる選手もいないブルーインズを立て直すのは、次のGMが誰であろうと至難のわざになるんじゃないだろうか。
ちゃぐまはこの1年でまったく違うチームになってしまった。ジョーとサミーをドラフトで選んだ前GMのハリー・シンデンは、このトレードをどう思っているんだろう。ほんとうに知りたい。地元の「ボストン・ヘラルド」は「ブルーインズには何もなし」という見出しをつけていた。トレード直後の対カナディアンズ戦は、新加入の選手たちが間に合わず、3-0のシャットアウト負け。グレン・マリーは「これは大切な試合だったのに間に合わないなんて」と残念がっていた。もうダメかもね、このチーム。
サミー、エドモントンへようこそ。私はサミーのファンだから、オイラーズに来てくれて嬉しい。スピードのあるサミーはオイラーズのホッケーにぴったりだと思う。サミーも「プレイオフに行けるようにがんばる」と言っている。活躍を期待しています。でも交換相手がマーティだったっていうのが引っかかるのよ。マーティはボストン・カレッジ出身だし、いかにもちゃぐまが欲しがりそうな選手ということはわかる。「寝耳に水だった」と言いつつも、ニュー・イングランドに帰れてマーティも嬉しいに違いない。でもだからって、なんでわざわざ手薄のセンターから人を出すかな、ケヴィン・ロウ? マーティはチェッキング・ラインのセンターができる貴重な存在だったのに。ホーコフ、ペカ、ジャレット、あと1人センターが足りないやん。サミーはセンターできないし、どうすんのよおお! いったい誰が4人目のセンターになるのか、次の試合が見逃せません。しかしちゃぐまジャージ以外のサミーって、ピンとこないなあ。はあ~・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Reasonerにはボストンでがんばってほしいですね!BC時代はけっこうブイブイだったしね~。敵としてはむかついたけどね(笑)!Bruins、僕がいるときは弱かった.....。丁度ジョー・ソーントンが入る前の時代です。でもそういえばまだRay Bourqueがいたな!懐かしい~(笑)。
2006/03/14(火) 14:46 | URL | みや~んザメ #-[編集]
なつかしいな(笑)
レイ・ボーク様、いまではすっかり過去の人になってしまった感が・・・、月日が経つのは早いものですね。
そうですマーティはイーグルズでブイブイ言わせてました。私もテレビで見た記憶がありますよ。デビルズのジオンタくんとも1年ぐらい一緒にやっていたはず。あの頃のイーグルズは強かったです。しかしびっくりしたのは、マーティがプレップの名門ディアフィールド・アカデミー卒だということ。ホッケーでスカウトされて行ったんでしょうけど、頭いいのね・・・! ああ、惜しい人を失いましたよオイラーズ。
2006/03/15(水) 22:53 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。