さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョゼ・テオドア、コロラド・アバランチにトレードされる
2006年03月10日 (金) 01:36 | 編集
(CP)-- モントリオール・カナディアンズは8日、ゴーリーのジョゼ・テオドア(29)をコロラド・アバランチへトレードした。アバランチからはゴーリーのダヴィッド・エービッシャー(28)がカナディアンズに送られる。

「チームのスタッフ全員が、ジョゼ・テオドアの加入にたいへん興奮しています」。アバランチの社長でGMのピエール・ラクロワは声明を発表した。「テオドアが加わることにより、我がチームのゴールテンディングのポジションは今後何年もの間、保証されたと確信しています」

2002年にNHLの年間最優秀選手に贈られるハート・トロフィを受賞。この栄誉はテオドアに今季450万ドル、来季550万ドル、そして2007-08年のシーズンには600万ドルの年俸を与える契約をもらたした。しかし期待にこたえる活躍ができず、今季のテオドアはスランプに陥っていた。先月は自宅の外にある階段を下りていてかかとを骨折。復帰は今月遅くか4月はじめと見られている。

昨年12月、オリンピック前の無作為な薬物使用検査で、テオドアは陽性と判定された。ステロイド使用の隠ぺい剤として使われる薬物に陽性反応を示したとされる。しかしカナディアンズのチーム・ドクターであるデイヴィッド・マルダーは、検査に引っかかった薬物(プロペシア)は、発毛を促進するために使われていたと発表した。

気が散るものが目の前に多すぎて、テオドアが以前のような調子に戻るのは難しいのではないか。カナディアンズGMのボブ・ゲイニーはそう確信した。

「薬物検査の結果などがジョゼの成績に影響がなかったと言えば嘘になるだろう」。9日の対ブルーインズ戦に備えてボストン入りしているゲイニーはそう語った。どの程度まで? 言うのは難しい。自分には影響はないとテオドアはいつも言っていた。しかしだんだんと困難な状況になってきたのだ。

「テオドアは昔のようにはならないだろうだなんて、私には言えない。そんな質問には誰も答えることができない。でも決断を下さなければならない時が来るものなんだよ。私がこれまでに集めた情報、そしてまわりの人々の意見をもとに、この決断をした」(ゲイニー)

テオドアが欠場している間、フランス人のクリストバル・ユーエがゴールネットを守っている。ユーエはこれまでのところ有能な働きをしているが、カナディアンズをプレイオフまで導くのに適したゴールテンダーなのかどうかという疑問がずっとあった。

エービッシャーの今季の年俸は190万ドル。GAA(1試合の平均失点)は2.98で、セーブ率は.900だ。

自分がトレードになって驚いている。でもモントリオールでプレイすることを楽しみにしている。アバランチの遠征先シカゴからの電話で、エービッシャーはそう語った。

「モントリオールは特別。だってホッケーのメッカだから。コロラドもモントリオールも違わないと思う。目標は一つ。スタンリー・カップを獲得すること。ホッケー選手にとって、モントリオールのようなチームでプレイすることは、名誉なことだ」

エービッシャーは身の回りの物を取りに行くためにデンバーには9日に戻り、10日からカナディアンズの練習に合流するという。

「コロラドには8年か9年いたけど、いつも何かしら不安定なところがあった。新しい挑戦を楽しみにしている」

モントリオールにはスイス代表のチームメイト、マルク・シュトライトがいる。二人はスイスのフライブルクのジュニア・チームでも一緒だった。「シュトライトとはいい友達」。エービッシャーは言った。

ゲイニーによれば、アバランチと交渉を始めたのはトリノ五輪の前だったという。テオドアが怪我をしているのにもかかわらず、話し合いはここ数日で活発になった。

「カナディアンズにとってすばらしいトレードだ。去年の夏、ジョゼはウチに残るものとの考えで彼に3年契約を与えた。それ以来、状況が変わった」(ゲイニー)


::: ろろのオイラーズのトレードで喜んでいたら、数時間後にはこれだもんね。「ジョゼがハブズからいなくなる!?」なんて信じられなくて、目の前真っ暗になって、職場のパソコンにつっぷしちゃいました。
あー、いくら調子が悪いからって、まさかジョゼがトレードされるとは思わなかった。しかもよりによって、オイラーズと同じディビジョンで、似たようなポイント数でプレイオフ行きを争っているアバランチへ! ゲイニーもラクロワも、ほんと勘弁して。ラクロワ、あんたが欲しかったのはディフェンスマンなのではなかったの?
でもジョゼ自身のことを考えれば、モントリオールを離れるのにはいい機会だったかも。ハブズではリーグMVPもヴェジナももらったし、いい思い出もあるけれど、お父さんとお兄ちゃんの事件でケチがつき始めて、脱毛予防剤を使っていることがバレちゃったりして、なんかこのところパッとしなかったから。まだ20代なのだし、フレッシュな再スタートを切るには、ロッキー山脈にあるデンバーは清々しくていい土地かもしれない。一つ心配の種があるとすれば、ガールフレンドのステファニーちゃんがこの春に出産予定だということ。もう臨月ぐらいになっているはずなのですが、やっぱり故郷のモントリオールで出産? そうするとジョゼはしばらくステファニーちゃんとは別居ということになるし、初めての赤ちゃんの誕生にも立ち会えないかも。それはちょっとかわいそうですね。
ジョゼの代わりにハブズに来ることになったえびえび君ことエービッシャーは、かなり前向きの発言をしているようで、なかなか期待できそうです。スイス人の友達のシュトライトがいるのが大きいのかな。彼とはドイツ語で会話できるから、ストレスもたまらないかもしれないですね。でもねエービッシャー、モントリオールのお客さんは厳しいですよ。ホッケーを愛するがゆえ、たとえマイチームの選手だろうと、ぬるいプレイには容赦なくブーイングも野次も飛びます。私が見た試合、ジョゼが4連続ゴールをゆるした直後には、「ユーエ、ユーエ!」のシュプレヒコール。「さっさとジョゼを引っ込めろ!」という主張なんです。そしてどうでもいいショットをジョゼがセーブすると、「ワー!」という嫌みの喝采。NHLいち厳しい目を持つハブズ・ファンのモラハラもどきの応援に耐えられるかどうかが、エービッシャーがモントリオールで生き残れるカギになってくるんではないでしょうか。でもいいプレイには惜しみない拍手を贈るのも、モントリオールのファンなのです。
ジョゼがハブズからいなくなると知ったとき、「ちょっとー、ハブズのイケメン度が下がるじゃないのよ!(ただでさえイケメン少ないのに!)」と憤ったのですが、来るのがエービッシャーだから、イケメン度は下がらない。というかむしろ上がる。エービッシャーの故郷フライブルクはフランス語ではフリブールといい、ドイツ語圏とフランス語圏が半々の街だそうだけど、彼はフランス語もできるのかな。もしできるなら、モントリオールの生活を最高にエンジョイできますね。
エービッシャー・ファンのなべぞうさん、ハブズがえびえび君をもらっちゃってごめんなさい。私、今まで以上にえびえび君を応援します。なのでジョゼをよろしくお願いします・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
判りません♪
あれま、やっぱりAebischerじゃ駄目なのか、Avs...

Habs側のJose事情はよくある話でわかりやすいけど...
サラリー・キャップの問題もあっただろうし。

ここ数年のAvsの補強の仕方はどうなの?ってのが多い気が...

って、Sharksなんて、もう今更感満載の小物トレードしてますけどね。
いつの間にかお嬢様軍団になってるSharksがちょっと嫌です(笑)。
2006/03/10(金) 05:41 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
わたしも同じことを・・・w
私も午前中にこのニュースを知ってから、会社のデスクでつっぷしておりました。あと叫んだり、無意味な独り言をぶつぶついったり、後輩たちに奇異な目で見られましたが・・・Aebischerは最近調子も良かったので、トレードするとしてもBudajなのかと思っていたのに。ラクロワおやじ、相変わらずファンを驚かせるのが大好きなようです。でもたしかにAebischerがいなくなったのは限りなく哀しいのですが、プレイオフに向けてもっと経験豊かなゴーリーがいることは安心感にも繋がるし、チームにとってはいいことなのかも、とも思います。あと、モントリオールにはずっと行ってみたいと思っていたものの今まで機会がなかったので、これを機に行く口実ができたのでまあいいか、とも思いました。
さあ、Theodoreさんには心機一転頑張っていただかないとー!
2006/03/10(金) 08:53 | URL | nabezo #mQop/nM.[編集]
今更感満載って(笑)
小女子さん、いやー、ニエミネンはいい選手ですって。でも交換相手がドラフト3巡目指名権? シャークスはいまカンファレンス10位で8位のオイラーズともたった6ポイント差なんですが、なんであまり動かなかったんだろう? やっぱりジョーのトレードでトクしたのはシャークスだよなあ、ぶつぶつ・・・・。
あばらんちーずは昔、あのレイ・ボーク様も連れてきたチームですから。ラクロワはケベコワの大物が大好きですね。叫んでも独り言を言っても、なべぞうさんの反応はオトナだと思いますよ。私なんてトレードのニュース見て、まず浮かんだ言葉が、「ラクロワ、テメーいつか刺してやる!」でしたから(笑)。昔、ピッツバーグの空港のインフォメーション・カウンタでラクロワにばったり会ったことがあるんですよね。あんなシチュエーションになったら、「ジョゼをハブズに返せ!」なんて食ってかかるかもしれない。いやマジで。
ジョゼがあばらんちーずでどれだけやれるかはわからないのですが、えびえび君@モントリオールには期待しています。モントリオールはほんとにいいところで、選手たちからサインももらいやすいんで、ぜひぜひお出かけください。ホテルはベルセンター近くのマリオット・シャトー・シャンプランがおすすめです。
2006/03/11(土) 12:45 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。