さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリノ五輪男子アイスホッケー決勝戦の前に:雑感
2006年02月26日 (日) 20:38 | 編集
 

国際アイスホッケー連盟のサイトに載っていたこの記事がとても面白かった。

「フィンランドはスキーのジャンプやクロスカントリーといったオリンピックでの個人種目には強いが、サッカーやバスケットボールなどの団体スポーツで世界を制したことがない。ホッケーの国際大会では1988年のカルガリー五輪で銀メダル、1995年世界選手権で優勝、1998年の長野五輪で銅メダル、2004年ワールドカップ・ホッケーで準優勝といった実績はある」

「しかしこの決勝戦はそれらの大会よりも重要だ。しかも相手はスウェーデンということがより重要さを増す要素になっている。スカンジナビアに位置する両国はふだんは基本的にフレンドリーな関係にあるが、スポーツでは強い敵意を持ったライバル関係にあるのである」

で、文章はこの2か国間の社会的、地理的、そして言語的な論争は歴史の中でも長く・・・みたいに続くのですが、それで思い出したことがあります。

昔(たしか1995年だったと思う)、フィランドに遊びに行ったとき、首都ヘルシンキの街では通りの名前や標識などがすべてフィンランド語とスウェーデン語で並記されていたことを。ヘルシンキで買った絵はがきには「Helsinki」と「Helsingfors」(スウェーデン語でヘルシンキのこと)の二つが並べて印刷されていたことを。

このときの旅行ではノルウェーにも行き、西部の街スタヴァンゲルでフィンランドのトゥルク(西部の街、サク・コイブの故郷)出身の女の子と知り合いました。彼女は自分はオーボ(トゥルクのスウェーデン名)から来たと言い、フィンランド語も習ったから話せるけど家でも学校でもスウェーデン語オンリーなのだと教えてくれました。フィンランドといえばムーミンですが、ムーミンの作者トーヴェ・ヤンソンもスウェーデン系のフィンランド人なのよ、と誇らしげでした。

この二つの国には複雑な歴史があり、そのためフィンランド、特に西部にはスウェーデン語を母国語とするスウェーデン系のフィンランド人が多く住んでいて、その人たちは学校でフィンランド語も習うけれどふだんはスウェーデン語しか喋らず、フィンランド人も小学生から学校でスウェーデン語を学ぶ・・・というようなことを知ったのは、旅行から帰ってすぐ後のことでした。ちょっとカナダの英仏語論争というか、言語事情に似ていると思いました。

これからトリノのパラスポルト・オリンピコで行われる試合は、決勝戦といってもオリンピックのホッケーの試合で、それ以上でもそれ以下でもない、というのが私の認識でしたが、今でも両国のあちこちで見られる「歴史の影」が、この金メダルをかけた闘いをより重要で、意味の深いものにしているようです。

で、過去に(200年前?)スウェーデンにひどい目に遭わされたフィンランドが、初の金メダル狙いということもあり「打倒スウェーデン!」で一丸となって燃えに燃えていることは容易に想像できるのですが、翻ってスウェーデンは1度優勝しているし、スオミほどテンション高くないのかなー、なんて思っていたのでした。

しかしスウェーデンの新聞「アフトンブラーデット」のサイトのスポーツ欄を見てびっくり。このページをずーっとスクロールしていくと・・・




この見出し!

「Grattis till ett nytt Silver Finland」(フィンランド、もう1個の新しい銀メダルおめでとう)という見出しとともに、首からドーナツ形の銀メダルを下げ、しくしく泣いているスオミの国章のライオンが!



↑本当の国章はこれ

しかも
スウェーデン:金6、銀2、銅5
フィンランド:金0、銀6、銅3

だなんて、このオリンピックで未だ金メダルのないフィンランドの神経を逆なでするかのような比較キャプションまでつけちゃって! もう、煽る煽る。なんのことはない、スウェーデンだってスオミには負けたくないんですよ。だからやる前から「おめでとう」だなんて嫌がらせみたいな敵対心むき出しの記事をマスコミも載せちゃうんですね。

レイヨナ vs トリプル・クラウンの決勝戦はすごい試合になりそう。意地と意地のぶつかり合い。あまり関係ないけど、スウェーデンのキャプテン、マッツ・スンディンはトロント・メイプルリーフスのキャプテンで、スオミのキャプテンのサク・コイブはモントリオール・カナディアンズのキャプテンです。フェイスオフまで、あと1時間半。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大接戦でした!
いや~、面白かったです。
試合の経過及び結果には一応触れずにおきますね・・・

フィンランドというと僕は「フィンランド式野球」に興味があります。
古い競技を自分たちで作り変えてしまうって、すごいな~って笑

それにしても期待通りの試合で堪能しましたー!
2006/02/27(月) 00:22 | URL | けん #B8wQSCvI[編集]
ライバル
こういうライバル国同士の揶揄合戦って端から見てると面白いけど、日本人にはきつすぎるかな?ってくらい痛烈なものがありますよねー。メディアだけじゃなくて、個人レベルでも言い合うし!
近年のオリンピックのアイスホッケー決勝は偶然にも因縁のライバル決戦ばかりですね。カナダとアメリカもちょっと近親憎悪みたいなのがあるし、チェコとロシアも歴史上の因縁が…。ヒートアップしてるのがリンク内だけのようでよかった!
2006/02/27(月) 12:00 | URL | CK #-[編集]
わたしも~
はじめまして。
私もアイスホッケー好きで、にゃおこの名前でブログ書いておりまして・・・(ブログはホッケーモノじゃないですが)
で、今回の決勝のことでブログ書いている人がいたらTRをと探してましたら、なんと「にゃおこ」さん発見!
私はかなりすべてにおいてミーハーなホッケーファンです。
また遊びにきまーす。
2006/02/27(月) 14:40 | URL | にゃおこ@千歳市 #-[編集]
ふたたび
うーん・・・トラックバックできないですー・・・
そしてTBと書こうとしてTRって書いちゃいました。
すみません。
2006/02/27(月) 15:12 | URL | にゃおこ@千歳市 #-[編集]
チーム スポーツ
IIHFの記事面白いですね。
(ってか、取材してるしIIHF、もっとサイトをかっこよくして!笑)

スウェーデン、サッカーも強いですよね。
あのトリプル・クラウンはここのところ毎回FIFAワールド・カップででてる気がします。
イングランドの監督がスウェーデン人だったこともあって、
システム作るのが好きなお国柄?とか気になるし。

フィンランドの個人スポーツの方が成績よくって、チーム スポーツイマイチってのは、最近の日本に似てるなあと思いました。
2006/02/27(月) 15:51 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
「こいつらにだけは負けたくねえ!」
ほんとシーソーゲームの接戦でしたね。お互い、「絶対負けたくねえ!」って気持ちでやっていたんだろうな。スオミはたぶん、決勝でロシアに負けるより予選でスウェーデンに負けるほうが悔しいんじゃないかと思います。
フィンランドは確かに団体スポーツが弱い・・・。スウェーデンやノルウェー、デンマークはサッカーも強いのに、なぜフィンランドだけ!? そういえばつい先日、サッカーのフィンランド代表が来日してジーコ・ジャパンと対決していたような。そしてさくっと負けていたような。
イングランドの監督ってエリクソン監督ですよね。同棲ネタとかで世界一えげつないイギリスのメディア(中心はもちろん下劣なタブロイド紙)の餌食になったりしてるのに、なぜかうまいこと世渡りしてまだ監督やっているという・・・(笑)。イングランド向きの監督かも。
IIHFのサイトはね、試合後の談話も充実してるし実は画像もけっこういいのがあるんです。でもリンク切れとかあったりして、なんかヤル気なさげなんですよね(笑)。デザインやレイアウトも、もうちっと凝ってもいいような。もしかしてIIHFってお金ない!?
CKさん、そういわれれば、長野のときも、ソルトレイクのときも、決勝のカードは近くて過去にいろいろある国どうしの戦いでしたね。チェコの場合は「プラハの春」、カナダの場合は合衆国に対する劣等感と優越感のまぜまぜ、など。でも今回だってスウェーデンのほしゅべりさんとスオミのニーッティマキはフィリーでチームメイトだったりして、ふだんは仲良くやってる人たちだし、終わったらけっこうさっぱり~、・・・なのかなと思ったけど、スオミはスウェーデンに対してはそうでもないかな。でも4年に1度だから、それぐらいやって盛り上がってもいいかな、なんてね。
そしてそしてにゃおこ@千歳市さん、はじめまして、コメントありがとうございます。私もにゃおこ、そして私も道産子、そしてmorimotoのお菓子が大好きです!(笑) 札幌に出張に行ったら大丸の地下でmorimotoか柳月のお菓子をお土産に買います。おいしいですよね~。
トラックバックなんですが、最近ぽつぽつとスパムのトラックバック(アダルトサイトとか、むきーっ)が来るようになったので、文中リンクのないトラックバックは弾く設定にしちゃったのです。ご了承ください。
2006/02/28(火) 01:57 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。