さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリノ五輪:男子アイスホッケー4強チームのプロフィール
2006年02月25日 (土) 00:33 | 編集
トリノ・オリンピック男子アイスホッケーは4強が出そろいました。アメリカとカナダが姿を消し、金メダルを目指して争うのはいずれもヨーロッパの強豪チームです。

日本時間で今夜、準決勝の2試合が行われます。その前に、4チームのプロフィールなどをおさらいしてみます。


スウェーデン ロスター



五輪での主な成績:
1928年サンモリッツ大会銀、1964年インスブルック大会銀、1980年レークプラシッド大会銅、1984年サラエボ大会銅、1988年カルガリー大会銅、1994年リレハンメル大会金

主な選手:
ピーター・フォスベリ・・・絶妙のパスのセンスとフィジカルなプレイでNHLをリードするセンター。母国では「Foppa」の愛称で親しまれる人気者。2003年リーグMVP。独身。
マッツ・スンディン・・・チーム・キャプテン。所属のトロント・メイプルリーフスでも主将を務める。1989年NHLエントリー・ドラフトでヨーロッパ人として初めて全体1位で指名された。大きなからだに優しい笑顔が魅力。
ダニエル・アルフレッドソン・・・愛称アルフィー。オタワ・セネターズのキャプテンで、今季はダニー・ヒートリー&ジェイソン・スペッツァとラインを組んでポイント・ランキング上位をひた走る。「ムーミン」のスニフ似。
ニクラス・リドストロム・・・デトロイト・レッドウィングズ所属、2001年から3年連続で最優秀ディフェンスマン賞を受賞した名ディフェンスマン。堅実な守備と同時に高い攻撃力も評価されている。4人の男の子のよきパパ。


チェコ ロスター



五輪での主な成績:
1920年アントワープ大会銅(*)、1948年サンモリッツ大会銀(*)、1976年インスブルック大会銅(*)、1984年サラエボ大会銀(*)、1992年アルベールビル大会銅(*)、1998年長野大会金
*チェコスロバキアとして出場

主な選手:
ヤロミール・ヤーガー・・・1999年リーグMVP。今季好調のニューヨーク・レンジャーズで6度目のポイント・リーダー目指してばく進中。パックハンドリング、スピード、決定力、どれをとっても一級品。純朴で無邪気な人柄も人気の秘密。独身。
ミラン・ヘイドゥク・・・コロラド・アバランチ所属。スコアリング能力に優れ、2002-03年には50ゴールをマークし、最多ゴールをあげた選手に贈られるロケット・リシャール・トロフィを受賞している。まぎれもないチェコ人だがルックスはコアラに似ている。
トマーシュ・カベルレ・・・ポイントからの強力なスラップショットを持つ攻撃的なディフェンスマン。現在NHLではディフェンスマンのポイント・ランキングで5位(57試合で47ポイント)。似ている兄フランティシェクとともに金メダルを狙う。つながった眉毛と赤いほっぺにも注目。


フィンランド ロスター



五輪での主な成績:
1988年カルガリー大会銀、1994年リレハンメル大会銅、1998年長野大会銅

主な選手:
テーム・セラニ・・・通称「フィニッシュ・フラッシュ」。1992年にウィニペグ・ジェッツでNHLデビューし、マイク・ボッシーの持っていた新人によるゴール数の記録を塗り替えるなどの大活躍を見せた(76ゴール56アシスト)。実力もあり、ハンサム、人格者、そしてよき家庭人と、非の打ち所のないNHLer。準々決勝の対アメリカ戦で前歯を3本失った。
サク・コイブ・・・チーム・キャプテン。名門モントリオール・カナディアンズでも主将を務める。NHLを代表するちびっこ選手だが、体の小ささをハートの大きさでカバーする。2001年夏にガンと宣告され治療に専念、克服してNHLにカムバック。その経験からガン撲滅のための活動を熱心に行っている。
イェーレ・レーティネン・・・地味なキャラクターそのままに、仕事を着実にこなすウィンガー。ディフェンシブなプレイに定評があり、最も優秀な守備的フォワードに贈られるセルキ・トロフィを過去3回受賞している。が、授賞式には一度も出たことがない。
アンテロ・ニーッティマキ・・・フィラデルフィア・フライヤーズのゴーリー。今季から本格的にNHLの試合に先発している。今季の対ペンギンズ戦でジャンボトロンを見ていて打たれたパックに気づかずゴールをゆるすという珍しいミスを犯し、NHLファンに新鮮な笑いを提供した。代表チームの正、控えゴーリーが共に怪我を理由に五輪参加を辞退して先発ゴーリーに押し出された形となったが、これまでのところファンの不安を吹き飛ばす活躍ぶり。


ロシア ロスター



五輪での主な成績:
1956年コルティナダンペッツォ大会から1988年カルガリー大会までソ連として計7回金、1992年アルベールビル大会はEUNとして金、1998年長野大会銀、2002年ソルトレイクシティ大会銅

主な選手:
エフゲニー・ナボコフ・・・サンノゼ・シャークス所属で、2001年NHL最優秀新人賞受賞。カザフスタン生まれのカザフスタン育ちで、ジュニア時代はカザフスタン代表としてプレイしたこともあるが、ロシア国籍を持っており夢だったというロシア代表として五輪に参加している。NHL史上初めてパワープレイ・ゴールをあげたゴーリー。
アレクサンダー・オベチキン・・・2004年NHLエントリー・ドラフトで全体第1位で指名されワシントン・キャピタルズに入団した。期待にたがわぬ活躍ぶりで、現在のところ36ゴールはリーグ4位、69ポイントもリーグ8位。抜群のスピードと決定力を持つスーパー・ルーキーである。父は元プロのサッカー選手、母はバスケットボールのソ連代表として1976年と1980年の2度の五輪で金メダルを獲得。親子2代の金メダリストとなれるか。
イリヤ・コヴァルチュック・・・アトランタ・スラッシャーズのエース。2001年NHLエントリー・ドラフト全体第1位。見ていて惚れ惚れするほどのテクニックとスピードを持つ。この五輪でも対ラトビア戦では4ゴールを記録した。あどけない童顔に似合わない強心臓の持ち主。反則スティックの使用をときどき相手チームにパクられるのはご愛嬌?


うーん、ついつい長くなってしまった。
この4チームならどこが金メダルでもいいので、残りはのんびりと心穏やかに試合を楽しんで見ることができます。でもできれば、スオミに金メダルを取ってほしい。4チームの中でまだ金メダルを取ったことがないのはスオミだけだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。