さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子アイスホッケー予選5日目の結果:フィンランドとスロバキアが全勝で決勝トーナメントへ進出
2006年02月22日 (水) 10:35 | 編集
グループA

スイス3、イタリア3 BOX SCORE
(スイス2勝1敗2分、イタリア3敗2分)

1ピリ
スイス・レム(PP・1)、スイス・フィッシャー(1)、イタリア・ブジッロ(PP・1)
2ピリ
イタリア・トレヴィザーニ(PP・1)
3ピリ
イタリア・イオブ(2)、スイス・ルーテマン(1)

ゴーリー
スイス:エービッシャー(35ショット、32セーブ)
イタリア:ムツァッティ(25ショット、22セーブ)

談話
イーヴォ・ルーテマン(スイス)「(スウェーデンのグスタフソン監督が『決勝トーナメントでスイスと当たるためには対スロバキア戦に負けたほうがトク』とスウェーデンのメディアに語ったとされることについて)感じのいいものじゃないけど、言いたいことは何でも言っていい。ここ数年、ウチはスウェーデンに勝てていないから、ウチと当たるほうがラクだと思っているんだろうね」


フィンランド2、ドイツ0 BOX SCORE
(フィンランド5勝、ドイツ3敗2分)

1ピリ
フィンランド・カパネン(PP・2)
2ピリ
フィンランド・サク・コイブ(PP・2)
3ピリ
なし

ゴーリー
フィンランド・ノレナ(18ショット、18セーブ)
ドイツ・ミュラー(25ショット、23セーブ)

談話
テーム・セラニ(フィンランド)「こういう状況になってきたら怪我のことを考えることはできない。準々決勝でどこと当たるかわかっていたとしても、がんばらないと。そういうものだから。しっかりプレイすれば勝つチャンスがあるってことが、ぼくらにはわかっている。でももししっかりやって負けたとしても、恥ずべきことじゃない」


カナダ3、チェコ2 BOX SCORE
(カナダ3勝2敗、チェコ2勝3敗)

1ピリ
カナダ・リチャーズ(2)、カナダ・サンルイ(PP・2)、カナダ・プロンガー(1)
2ピリ
チェコ・クビナ(PP・1)
3ピリ
チェコ・チャヤネク(1)

ゴーリー
カナダ:ブロデューア(33ショット、31セーブ)
チェコ:ヴォクーン(8ショット、5セーブ)、フニリチカ(8ショット、8セーブ)

談話
クリス・プロンガー(カナダ)「2、3ゴールできて自信になった。2試合やった後にやっと勝てて、みんなの気分が高まったよ」
ミラン・ヘイドゥク(チェコ)「試合にたくさん勝ったわけじゃない。でも、大会が始まるのは準々決勝だから」
ヤロスラフ・シュパチェック(チェコ)「最初にいくつかよくないゴールをきめられちゃったけど、最後の40分にやったようなプレイをしたら、ぼくらは大丈夫」


グループB

カザフスタン5、ラトビア2 BOX SCORE
(カザフスタン1勝4敗、ラトビア0勝4敗1分)

1ピリ
カザフスタン・アレクサンドル・コレシュコフ(1)、ラトビア・タムビイェフス(PP・1)
2ピリ
カザフスタン・アントロポフ(1)
3ピリ
ラトビア・シプルス(2)、カザフスタン・アレクサンドロフ(1)、カザフスタン・エフゲニー・コレシュコフ(PS・4)、カザフスタン・エフゲニー・コレシュコフ(PP・5)

ゴーリー
ラトビア:ナウモフス(30ショット、25セーブ)
カザフスタン:イェレメイエフ(32ショット、30セーブ)


スウェーデン0、スロバキア3 BOX SCORE
(スロバキア5勝、スウェーデン3勝2敗)

1ピリ
スロバキア・ボンドラ(4)
2ピリ
なし
3ピリ
スロバキア・マリアーン・ホッサ(5)、スロバキア・スッヒー(1)

ゴーリー
スウェーデン:テルクヴィスト(31ショット、28セーブ)
スロバキア:クリジャン(17ショット、17セーブ)

談話
ダニエル・セディン(スウェーデン)「ウチはいつだって勝とうと思って試合をする。スウェーデンのためにプレイするなら、試合に勝ちたいと思うものだよ。どんな大会であろうと関係ない」
ピーター・ボンドラ(スロバキア)「ウチは浮かれすぎてはいない。大会はこれから始まるってことがわかっているからね」


アメリカ4、ロシア5 BOX SCORE
(アメリカ1勝3敗1分、ロシア4勝1敗)

1ピリ
ロシア・コロリュク(1)、ロシア・マルキン(SH・2)、アメリカ・ロルストン(PP・3)
2ピリ
ロシア・アンドレイ・マルコフ(1)、アメリカ・ジオンタ(PP・1)
3ピリ
アメリカ・ゴメス(PP・1)、ロシア・オベチキン(4)、アメリカ・コウル(1)、ロシア・コヴァリョフ(3)

ゴーリー
アメリカ:エシェ(21ショット、16セーブ)
ロシア:ソコロフ(26ショット、23セーブ)

談話
ピーター・ラヴィオレット(アメリカ監督)「失望しているとは言わない。他のどんなことよりもシャクにさわり、腹立たしい。ウチの選手たちが落ち込んでいるとは思わない。試合に勝つんだという自信を持ち続けるだけだ」
ダグ・ウェイト(アメリカ)「ディフェンスとゴーリーがすばらしいチームとプレイオフで戦っているような感じ」
アレクセイ・コヴァリョフ(ロシア主将)「アメリカはパワーを使ってクリーズのほうに突っ込み押し寄せようとしていた。ウチはパスとスピードを使おうとした」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アメリカ大丈夫か?
はじめまして。神奈川でプレーしてるものです。
トラックバックさせていただきました。
個人的にはカナダの内容の悪さと、アメリカが苦しんでるのが非常に気がかりです。
逆にスロバキア、ボンドラが絶好調みたいですね。チェコ戦がすごく楽しみです。
2006/02/23(木) 00:23 | URL | だめホッケーマン #dvUYBDnY[編集]
アメリカ大丈夫ではありませんでした
だめホッケーマンさん、はじめまして。
苦しんでいたアメリカは、フィンランドに負けてNHLに帰ることになりました。
楽な相手と思われていたラトビアに引き分けた時点で、この結末は決まっていたのかもしれません。
スロバキアはとーーーーっても心配です! チェコに勝ったら決勝まで行くかもしれませんが。これからライブでログを追いながら応援です。心臓ばくばくです。
2006/02/23(木) 05:34 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
そういえば、うちのすぐ近くで日本vsインドなんて試合もやってたみたいですね。そんなの完全に無視して、今日はようやくホッケーを見ました。「うちに帰るまでにネタバレがあったらどうしよう?」なんて心配をしてましたが、見事なまでの報道されないっぷり。逆にネットで記
2006/02/22(水) 23:43 | How do you like TOKYO?
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。