さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダグ・ウェイト、トレードでハリケーンズへ
2006年01月31日 (火) 23:42 | 編集


ノースキャロライナ州ローリー(AP)-- キャロライナ・ハリケーンズは30日、センターのダグ・ウェイト(35)をセントルイス・ブルーズから獲得した。ウェイトは2月2日からハリケーンズに合流する。

「リーグ優勝するチャンスについて我々がどれだけ真剣に考えているか、このトレードが表明している」。ハリケーンズの社長とジェネラル・マネジャー(GM)であるジミー・ラザフォードは語った。

ウェイトは今季、47試合に出場して11ゴール33アシスト。来月行われるトリノ五輪では、ハリケーンズ監督のピーター・ラヴィオレットが率いるアメリカ代表チームの一員として戦う。

ウェイトはトレード締切日前に獲得したい選手として、複数の上位チームに狙われていた。ブルーズと交わした5年契約は今季で切れ、年俸は570万ドル。そのうち210万ドルをハリケーンズが支払うことになるという。

ハリケーンズはウェイトに加えて、現在フィンランドのリーグでプレイしているエルッキ・ラヤマキの権利も受け取る。見返りとしてブルーズには右ウィンガーのジェシー・ブルリス、センターのマイク・ジゴマニス、未契約のプロスペクトであるマグヌス・カーンベリ、そして今年のNHLエントリー・ドラフトでの1巡目指名を含む3つのドラフト指名権が送られる。

ブルーズとの契約の中にあった「ノートレード条項」を破棄したウェイトは、トリノ五輪後にトレードされるのではないかと考えていたという。

「自分をものすごく欲しがってくれるどこかに行けるなんて、幸せだ」とウェイトは語った。

GMラザフォードは「ラヴィオレットが築きつつあるチームに、ダグは完璧にフィットする。どんな状況、どのラインにもフィットするよ」と期待している。

また、ブルーズはウィンガーのマイク・シリンジャーをナッシュビル・プレデターズにトレードした。


::: ブルーズが給料の高いダグを出したがっているのは噂で聞いてはいたが、行き先はケーンズではなく、かつて彼がキャプテンを務めたエドモントン・オイラーズなのではなかったか!? んもー、期待してたのにっ。しかしケーンズますます強くなりそう、どうやらGMジミー&ケーンズは、本気なようです。
ダグはハッピーでしょうね、もうプレイオフ行きが絶望になったリーグ最下位のブルーズから、いきなりリーグ首位のチームへ移籍だもん。どん底からトレードによる一発逆転でトップへ、ダグの人生すごろくは、「スタンリー・カップ優勝」で上がりとなるか!? もしそうなったら、ダグは自分をトレードに出してくれたブルーズGMラリー・プローに足を向けて寝られませんね。元オイラーズのNHLerはチームを移っても応援してしまいます。ダグ、がんばれ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本気
個人的に、SillingerがPredatorsってニュースの方が衝撃が大きかったです(笑)。

2003-04のプレイオフ、この人だけがシリーズ通して熱かったです。
POでハットトリックしたんですけど、”Mike Sillinger Hattrick”って、
「忍者ハットリくん」に似てると、一人でクスってしてました。

Predators、前シーズンのSteve Sullivanといい、
この時期、あからさまに成績が良いとかの選手じゃなくって、素敵な選手とるなぁ。
2006/02/01(水) 07:28 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
残念
BironとPecaのトレードの噂があったので、もしやPecaが抜けた後にWeightか、なんて期待してましたが残念でした。
キャロライナじゃなくてカルガリーという噂もありましたが、そうでなくてよかった。
Weightがあの赤いジャージを着てオイラーズに攻めてくるなんて考えただけで悪寒が。
2006/02/01(水) 14:54 | URL | Go oil #H2zG3YOI[編集]
Weightは戻りたいらしい。
http://www.nhl.com/news/2006/01/255076.html

今この記事を見つけました。

Bluesが再建したら、Bluesに戻りたいそうですよ。

こりゃ驚いた。
2006/02/01(水) 15:05 | URL | Go oil #H2zG3YOI[編集]
いいよプレッズいいよ~
ほおー小女子さん、2003-04年のシーズン、すでにシリンジャーに目をつけておられたのですね。私にとってシリンジャーは「当時ヨワヨワだったぼるつにトレードされちゃったかわいそうな人」という印象なんですが、この人、シーズン途中でトレードされることが多いですよね。ってことは、他のチームから欲しがられる選手ってことでもあるのかな?
プレッズの選手補強がうまいっていうのには同意です、カリヤっちは「うーん、成績いまいち?」って感じもありますが、ちびっこサリバンの加入は大成功だし、この後もポイルGMがいろいろ動くかもしれませんね。要注目であります。シリンジャーもがんばってね。

そしてGo Oilさん、ビロンくんとペカのトレードの噂なんてあったのですかー! びっくり。ペカがうしを去った経緯を考えると、うしのダーシー&リンディコンビがペカをもう一度欲しがるっていうのがよくわからないのですが・・・、選手としてはすばらしいけれど、うしファンもペカに戻ってきてほしいかなあ? ビロンくんがオイラーズに来てくれるのはとても嬉しいんですけどね。
ダグの場合は、いまのNHLでは「有力な選手は同じカンファレンスのチームには渡さない」という取引きがトレンドなので、ダグが西カンファレンスにとどまる可能性は低かったと思いますよ。オタワがダグを欲しがっていたそうですが、ブルーズ側が「ヴォルチェンコフとヴェルメットをよこせ」という欲張りな要求をしたため、お流れになったらしいです。
「セントルイスに戻ってカップを取りたい」というダグの話は、私も読みました。このシーズン後に制限なしFAになるので、ケーンズでカップを取った後(!?)、ブルーズとまた契約することも可能なんですよね。よっぽどセントルイスが気に入っているのか、オリジナル・エクスパンションのチームなのにまだ優勝を経験していないブルーズに初のカップをもたらしたいと燃えているのか・・・。
2006/02/01(水) 21:47 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。