さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラーズ、ブルージャケッツに辛勝 連敗を2で止める
2005年11月13日 (日) 17:08 | 編集


エドモントン3、コロンバス1

オハイオ州コロンバス(AP)-- エドモントン・オイラーズ対コロンバス・ブルージャケッツ戦は11日、当地で行われ、3-1でオイラーズが辛くも勝った。オイラーズの連敗は2で止まった。

1-1の同点で迎えた第3ピリオド中盤、フェルナンド・ピサーニのゴールが決まってオイラーズがリード。試合終盤に6人攻撃を仕掛けたブルージャケッツのがら空きのゴールネットにラデック・ドヴォジャークがパックを入れ、オイラーズが逃げ切った。

ライアン・スミスがゴールすべてに絡んで3アシスト、ショーン・ホーコフも2アシストを記録。オイラーズはブルージャケッツとの最近12試合の対戦成績を9勝0敗3分とした。

スケーティングの速さで相手を圧倒する。今夜のオイラーズは、そんなスピードを信条とするかつての「オイラーズ・ホッケー」を再現したかのようだった。ライアン・スミスは「いちどリズムをつかんで、みんなも波に乗ったら、ウチを負かすのは難しい」と胸を張る。

決勝点となったピサーニの2点目は、アレシュ・ヘムスキーがブルージャケッツのゾーンで大きなヒットを受けたことから始まった。ヘムスキーはホーコフにパックをぶつけ、ホーコフはそれをピサーニへパス。ピサーニが屈折させたパックはネットを守るマルク・ドニを抜けてネットに入っていった。「スティックに当たって、入っちゃった」とピサーニ。

29セーブを記録したユッシ・マルッカネンは「そんなにすごいプレイをしたってわけじゃなかった、特に最初のほうは。スロースタートで、1ピリ終わって1-1の同点。2ピリはよくなったし、3ピリもそれは続いた。重要なゴールが出て、貴重な勝利をゲットしたよ」と試合を振り返った。

オイラーズの次の試合は13日、アウェーで対シカゴ・ブラックホークス戦。

リンク:試合ハイライト@オイラーズ公式サイト


::: ふー、よかった連敗が2で止まって。なんだか「まとめて勝って、まとめて負けて」なシーズンを送っている感のあるオイラーズ、このCBJ戦でも負けて3連敗になっちゃったら、またずるずると連敗街道を走りそうで怖かったのです。次はシカゴ戦。勝ってほしいなあ。
ところで北米のスポーツ会場では、観客席のカップルをジャンボトロンに映し出し、キスを強要する「KISS CAM」というのがあります。この試合でもオイラーズのフェルナンド(ピサーニ)とラッフィ・トーレスがツーショットで画面に抜かれ、ラッフィはフェルナンドのヘルメットにチュッとキスをして、ネイションワイド・アリーナのお客さんたちからやんやの喝采を浴びたそうです。たとえ試合中でも場の空気をしっかり読むラッフィ、その余裕でこれからもがんばって。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。