さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラーズ、今季2回目のシャットアウト負け 連勝は5で止まる
2005年11月08日 (火) 21:09 | 編集


エドモントン0、ダラス4

ダラス(AP)-- エドモントン・オイラーズ対ダラス・スターズ戦は7日、当地で行われ、4-0でスターズがシャットアウト勝ちした。スターズは3連勝。オイラーズの連勝は5でストップした。

第1ピリオド、スターズのパワープレイでユッシ・ヨキネンがジェイソン・アーノットのポイントからのショットを屈折させて先制。ルーキーのジュニオール・レサールがキャリア初ゴールで2点目を挙げ、ステファン・ロビダとマイク・モダーノがそれぞれ1ゴール決めた。

一方オイラーズのショットは今季最少の16本にとどまり、すべてスターズの先発ゴーリー、マーティ・ターコに阻まれた。

オイラーズのライアン・スミスは「うちがもっとパックを相手ゴールに入れなきゃいけなかったってこと。相手は守備がよかったし、ターコも肝心なところでいいセーブをした」と完敗の理由を分析した。

オイラーズには怪我が増えている。特にディフェンスマンに故障が多く、マルクアンドレ・ベルジュロン(指骨折)、コウリー・クロス(膝ねんざ)、イゴール・ウラノフ(つま先骨折)の3人が戦線から離脱。クリス・プロンガーは右足の打撲にもかかわらず今日の試合に出た。

マイク・ペカはコロンバス・ブルージャケッツ戦から軽い脳しんとうのため休んでおり、マーティ・リーズナーも右手の腫れのため試合に出なかった。

オイラーズの攻撃の中心であるラッフィ・トーレスは試合後「怪我はしかたないよ。それでもうちは勝たなきゃ」と話した。

スターズのホーム、アメリカン・エアラインズ・アリーナを苦手としているオイラーズは、適地での前2試合に連勝したが、今夜は1点も奪えずに敗れた。これでダラスでのオイラーズの通算成績は8勝34敗5分となった。

オイラーズの次の試合は8日、アウェーで対ナッシュビル・プレデターズ戦。

リンク:試合ハイライト@オイラーズ公式サイト


::: がーん、イヤな予感は当たり、オイラーズの連勝は止まってしまいました。「誰だっていつかは負けるさ」、そうプロンガーは(略、もはやお約束)。でもね昔から言っているけど、負けてもいいからシャットアウト負けだけは勘弁して。選手もへこむだろうけど、ファンもへこむから。せめて1点取って。お願い。
ディフェンスにケガ人が多いのは若手がなんとかがんばってカバーできているようですけどね、っていうかクロスとウラノフなら昨日までマイナーにいたシヴレやダン・スミスのほうがよっぽどマシなんじゃないかと思ったり。試合見ているわけではないので、何とも言えないんですけど。プロンガーはブルーズ戦の1ピリ、ペナルティキルの場面で相手のショットをブロックしたらつま先にパックが当たってしまったんだそうです。古巣セントルイスでの試合だったから張り切っちゃったんでしょうか。これでプロンガーもいなくなったらダメダメディフェンスへ一直線なので、気をつけてがんばってね。
次はプレッズ戦です。今日ちょこっと出たマイク・モリソンが予定どおり先発デビューするのかな。次は勝って、シャットアウト負けのイヤなムードを振り払ってほしいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。