さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月16日(日)のNHLピックアップ
2005年10月17日 (月) 20:22 | 編集
タンパベイ2、ワシントン3(SO)

試合はPS合戦で決着がついた。キャピタルズはアレクサンダー・オベチキンとペトル・シーコラ(マイティダックスのシーコラと同姓同名の別人)がPSを成功させたのに対し、ライトニングはヴァンサン・ルキャヴァリエ以外の二人が失敗して、キャピタルズに軍配が上がった。オベチキンはゴールこそなかったが1アシスト。これまでの7試合すべてでポイントをあげているのはチームでオベチキンただ一人。やはりすごいルーキーである。

リンク:試合ハイライト@キャピタルズ公式サイト


ダラス2、バンクーバー5

試合前のウォームアップではカナックスのダン・クルティエとスターズのヨハン・ヘドベリがセンターラインを挟んで歓談するという、ナイスな光景が見られた。二人は2003-04年のシーズン、カナックスでチームメイト同士。この試合ではカナックスはアレックス・オールドが、そしてスターズはマーティ・ターコが先発。ノースダコタ大学ファイティング・スー出身のリー・ゴーレンが決勝ゴールをあげてカナックスが勝利した。「NHLのザ・たっち」ことセディン兄弟と「ツタンカーメンNHLer」アンソン・カーターのラインはうまくいっているようである。ところで知的なカーターにはヘンリクとダニエルの区別がきちんとついているのだろうか。それが問題だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。