さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHL2005-06 「今週の名ゼリフ」(vol. 6)
2005年10月16日 (日) 16:15 | 編集
IceAge, NHL.com -- 10月14日、フィル・コフィ編集

イリヤ・コヴァルチュック(アトランタ・スラッシャーズ)
「自分のホッケーをするだけだよ。いまはルールも変わったし、攻撃的プレイヤーには前よりも可能性がある。たくさんのシュート、たくさんの機会がね」
(最近スラッシャーズと契約したコヴァルチュック、今季の抱負を語る)

ブライアン・マリー(オタワ・セネターズ監督)
「興奮ものだし、ファンもPS合戦を好きだ、でもPS合戦は試合を終わらせる方法としてはとても、とても難しいものだ。勝ち負けの結果は出る、でもまだ疑問は残る。でも我々はエンターテインメントの商売をしているし、ファンはチケットを買うのに払ったぶんだけのものを与えられなければならない。でもPS合戦は監督業にはよくないよ。シーズンが終わる前に私の髪の毛は真っ白になるだろう」
(オタワ監督マリー、PS合戦についてはまだ気持ちが揺れている様子)

スコット・ニーズ「開幕戦のある水曜日のことはすごくわくわくしているよ。シャークスは、議論の余地はあるかもしれないが、サンノゼで最も目立つビジネス。アドビやeBayと同様にね。今年シャークスがサンノゼに戻ってきたことに代わりになるものなんてない」
(ニーズはサンノゼのダウンタウン商工会エグゼクティブ・ディレクター。ロックアウト後にシャークスがサンノゼに帰ってきたことについて)

ブレンダン・モリソン(バンクーバー・カナックス)
「ミネソタのあのプレイ・スタイルじゃ、新しいNHLのシステムでは他に勝てないんじゃないかって、みんな思ってるんじゃないかな。でもミネソタはほんとうに速いチーム。新ルールはミネソタに有利に働くかもしれないよ、だってミネソタは自分のゾーンでじっくりと守って、相手が長いパスを出さざるを得なくなるのを待つ。攻守の切り替えがものすごくうまいし、こっちはそれを警戒しなくちゃならない」
(ホビー・ベイカー賞ももらった聡明なモリソンは、ワイルドが今シーズンは苦戦するのではないかという主張に懐疑的)

ジョー・サキック(コロラド・アバランチ)
「ニュートラル・ゾーンでの封じ込めはもうないんだよ。トラップをかけてリンクの中央にいるってことはもうできない。自分のゾーンの端から相手ゾーンのブルーラインへパックを出す、この攻守の切り替えを一瞬のうちにすることができる。行ったり来たりで試合はずっと速くなるよ。いいと思う。選手はいまのルールが大好きだし、ファンもそうだといいね」

マーティ・ターコ(ダラス・スターズ)
「NHLってこういうところだ。永遠に、全力で戦う。ホッケーにとってそれはすばらしいことだし、ファンにとってもすばらしい。オレの血圧にとってはすばらしくないよ。神様ありがとう、オレは若くてよかった」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。