さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特集:NHL控えゴーリー美形伝説(1)ミカ・ノロネン
2005年10月15日 (土) 23:01 | 編集
いつからでしょう、「NHLの控えゴーリーには美形が多い」と(ごく一部の)ファンの間で共通の認識が持たれるようになったのは。7、8年前、バッファロー・セイバーズのドミニク・ハシェックの控えとしてベンチに座るスティーブ・シールズのイケメンぶりが注目されてから? それともキャロライナ・ハリケーンズに彗星のごとく現れたエリック・フィショーの存在が大きかった?

いつかやってみたかった美形の控えゴーリー特集、まずはミカ・ノロネンから。



ミカ・ノロネン、26歳。フィンランドのタンペレ出身で、シャークスのゴーリー、ヴェーサ・トスカラやセイバーズのチームメイト、テッポ・ヌンミネンと同郷です。

1997年のエントリー・ドラフトでうしから1巡目指名(全体21位)を受けて入団、でもライアン・ミラーの台頭で「第三の男」になってしまい、本人もトレード待ちっぽい状態らしい。行き先はやっぱりアトランタか?

ノロネンを見ていると、「なんでこんな男前に限ってマスクをかぶるゴーリーなの?」と歯がゆく感じる。それ以上に、なんでこんなイケメンがそもそもホッケーをやっているのかという疑問が・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。