さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月14日(金)のNHLピックアップ
2005年10月15日 (土) 16:07 | 編集
ピッツバーグ5、フィラデルフィア6(OT)

2ピリ中盤から4連続ゴールでフライヤーズに追いついたペンギンズ。新人マキシム・タルボの貴重な同点ゴールは、センターライン付近でのフェイスオフからラインチェンジのためにふわりと相手ゾーンに打ったパックがそのままフィリーのネットに入ってしまったものだった。「チェンジのためにベンチのほうに向いたら、みんなが『入った、入った!』って」とタルボ。フィリーのゴーリー、アンテロ・ニーットゥマキはジャンボトロンで試合のリプレイを見ていて、パックには気がつかなかった。「バカなミスをした。もう二度としません」と反省しきり。試合はマイク・ラスジーのOTゴールでフィリーが辛勝し、ペンギンズ未だ白星なし。


トロント9、アトランタ1

両チームの総PIM、実に109分。3ピリには2つのゲーム・ミスコンダクト、5つのミスコンダクト、その他いろいろ入り乱れる荒れに荒れた試合となった。ハットトリックでもまったく嬉しそうな顔をしないジェフ・オニール、スラッシャーズ唯一のゴールをきめても憮然とした表情のマルク・サヴァール。スラッシャーズのゴーリーは新人マイケル・ガーネットだったが、試合のハイライトはさながら「ガーネット公開処刑」のようで、交代させてもらえなかった彼が気の毒で仕方ない。

リンク:試合ハイライト@スラッシャーズ公式サイト


シカゴ3、コロラド2(OT)

PS合戦でアバランチの2人目、マレク・スヴァトシュが失敗。スロヴァキア人ゴーリー、ペテル・ブダイがブラックホークス3人目のパヴェル・ヴォロビエフのショットを止めることができず、ブラックホークスの勝ちが確定した。すでにテクニシャンの片鱗を見せる23歳の新人ヴォロビエフはカザフスタンのカラガンダ出身。眉毛がつながっていて、ちょっと我修院達也風味。そして今夜サキックがゴールを決め、キャリア544ゴールでモーリス・リシャールと並びNHL歴代21位となった。名前をアナウンスされると、サキックはスティックを上げて歓声に応えた。

リンク:試合ハイライト@ブラックホークス公式サイト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。