さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラーズ、PS合戦でカナックスに辛勝
2005年10月09日 (日) 21:01 | 編集


エドモントン4、バンクーバー3(SO)  BOX SCORE

アルバータ州エドモントン(AP)-- エドモントン・オイラーズ対バンクーバー・カナックス戦は8日、当地で行われ、オイラーズがペナルティショット(PS)合戦の末カナックスに辛勝した。オイラーズは開幕からホームで2連勝。

第1ピリオドが始まってすぐ、まずショーン・ホーコフのゴールでオイラーズが先制。オイラーズがリードするとカナックスのマークス・ナスルンドがパワープレイ・ゴールで追いつく展開だったが、第3ピリオドの中盤、やはりパワープレイでサミ・サロがゴールをきめカナックスが逆転した。

しかし試合残り1分を切ってから、カナックスのマティアス・オールンドがパックをガラスの外に出し「試合の遅延行為」の反則。オイラーズはゴーリーのユッシ・マルッカネンをベンチに下げて6人攻撃を仕掛け、試合残り23秒、ラッフィ・トーレスが土壇場で同点とする価値あるゴールをきめた。

5分の延長戦でも決着がつかず、試合はPS合戦へ。オイラーズはトーレスとアレシュ・ヘムスキーがカナックスのゴーリー、ダン・クルティエを相手にゴールを奪ったが、カナックスはキャプテンのマークス・ナスルンドとトッド・バートゥッズィがペナルティショットに失敗し、オイラーズの勝利が確定した。

オイラーズ3得点のうちパワープレイ・ゴール2つ、そしてPS合戦でゴールもきめたラッフィ・トーレスは、この日が24歳の誕生日。「烈しい試合だったよ。ラインメイトからぼくがもらったパスを見てよ」と自らの活躍を振り返った。

オイラーズ・ノート:
・ライアン・スミスは1ピリで足をひねり、以降プレイはしなかった。
・パワープレイでのポイント要員ジャレット・ストルは2ピリ、ブライアン・アレンのヒットを受け、足をひきずるようにしてベンチへ戻った。
・トーレスの3ピリの同点ゴールでアシストがついたのはマイク・ペカとアレシュ・ヘムスキー。ペカにとってはオイラーズとして初のポイント。
・オイラーズの次の試合は10日、アウェーでのマイティダックス戦。

リンク:試合ハイライト@オイラーズ公式サイト


::: ネットラジオで聴いているだけで手に汗握る試合でした。3ピリにサミ・サロがパワープレイ・ゴールをきめたときは「ああもうおしまいだ~!」と頭を抱えたけれど、カナックスのペナルティに助けられ、6人攻撃でなんとか同点にすることができ、PSでやっとこさ勝てました。
PS合戦でのアリーナの盛り上がりはすごいものがあります。今日もユッシがセーブするたび、そしてラッフィとアレシュが成功するたび、「ウワー!」という歓声がすごかった。オイラーズの実況担当のアナウンサさんたちも、ラッフィが成功して最後にアレシュがリンクに出てきたとき、「おー、これでヘムスキーが成功してオイラーズの勝ちはきまりだな!」「そのとおり、ヘムスキーはきめてくれるよ!」とノリノリ。そして実際にアレシュがゴールをきめた後、「オレはシュートアウトが大好きだ!」と大興奮でした。
オイラーズの公式サイトには試合のハイライト動画や選手たちの試合後のインタビューがアップされます。動画は実況つきなのですが、ラッフィの同点ゴールのときは、ラッフィの両親がメキシコとペルーからの移民だからか、「ムーチョ・ブオーノ!」とかなんとか、実況担当の人がそこだけスペイン語で絶叫しているのが笑えます。ラッフィ、24歳の誕生日おめでとう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。