さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夢が叶った」 オベチキン、鮮やかデビュー
2005年10月07日 (金) 20:41 | 編集
キャピタルズのシーズン開幕戦で、決勝ゴールを含む2ゴールをきめて勝利に貢献したアレクサンダー・オベチキン。試合開始早々、相手コロンバス・ブルージャケッツのラドスラフ・スッヒー(スロヴァキア人)をボードに叩き付けるビッグヒットをかましたりして、迫力ある荒々しいプレイをMCIセンターのお客さんに見せていたらしいです。

相手がリードしたらその90秒以内にゴール、これを2回繰り返した「Alex O.」(キャピタルズ公式サイトではこう呼ばれている、「Stevie Y」のマネか!?)は、自分の顔がジャンボトロンに映し出されると舌をぺろっと出し、カリスマ性のある笑顔を浮かべるなど、初々しいところもあるようです。この人の笑顔はほんとに純真そうで可愛いですよね。

以下、試合後の各人のコメント:

オベチキン「夢が叶ったみたいだ。NHLでプレイしている。最初の試合、ウチが勝った。試合に勝って、得点もした。すっごく幸せだよ」

CBJ監督ジェラール・ギャラン「今夜のお客さんたちはオベチキンのプレイを見られただけでも来たかいがあったね。オベチキンはほんとうにうまかった」

キャピタルズのオーナー、テッド・レオンシス「試合始まってすぐ、オベチキンがやった最初のチェックね、ぼくは言ったよ、『あれこそウチのコだよ。あれだよ、ウチが欲しかったのは』って。スター選手には一生懸命やってもらいたい、チームの一部になってほしい、ウチはそう思っている。ウチがリードされるたび、アレックスがゴールして同点にした。それこそスーパースターがすることだ」

レオンシスはオベチキンの家族と試合を見ていた。バスケットボールのソ連代表だったオベチキンの母親は、オベチキンが2つ目のゴールをきめた後、ロシア語で何事かをブツブツ呟いた。レオンシスがオベチキンの兄ミーシャに何と言ったのか尋ねたところ、母親はこう言っていたという。「息子を誇りに思うわ、でも試合に勝たなければダメよ」

さすがオリンピックで2度も金メダルを取るスポーツウーマンは違います。旧ソ連でもNHLでも、勝利こそすべてなんです。なおオベチキンのもう一人の兄セルゲイさんは交通事故で亡くなっています。

リンク:試合やインタビューの動画@キャピタルズ公式サイト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。