さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オベチキンとクロズビーの「はじめてのプリシーズン・マッチ」
2005年09月22日 (木) 21:29 | 編集
注目の大型ルーキー二人、アレクサンダー・オベチキン(ワシントン・キャピタルズ)とシドニー・クロズビー(ピッツバーグ・ペンギンズ)のプリシーズン・マッチ緒戦。

キャピタルズはバッファロー・セイバーズに4-0でシャットアウト負け。セイバーズのゴーリー、ライアン・ミラーが調子よかったようです。

でも「ワシントン・ポスト」によれば、キャピタルズ・ファンは「勝ち負けなんて問題じゃない。キャピタルズをまた見られることが大切なんだ。1年半もホッケーがなかったんだから」と言っていたのだとか。うんうん、そのとおり。でもそのわりにはMCIセンターには5000人も入っていなかったそうだが?

そんなガラガラのホーム・アリーナにモチベーションが下がったのか、今夜デビューのオベチキンくん、1ピリ入ってすぐペナルティを取られるわ、ショットも5本しか打てないわで、イマイチな出来。でもプリシーズン・マッチ全試合で行われるペナルティショット合戦ではきちっとゴールをきめました。

試合後のオベチキンのコメント:「すごいスコアリング・チャンスはあるけど、得点はなかった。ウチのチームはペナルティショットでしかゴールできなかった。得点しなきゃ」

一方、ペンシルヴェニア州ウィルクスバリでは、ペンギンズもボストン・ブルーインズに負け。でもこちらはオーバータイムまで行って、スコアも5-4でした。

注目のクロズビーは1アシスト。16回のシフトでは主にライアン・マローンとマーク・レッキとラインを組みましたが、監督のエディ・オルチックはパワープレイのときにはクロズビーをマリオ・ルミューとも組ませたそうです。いいね、そのユニット。見てみたいなあ。

オルチック監督「シドニーのプレイには非常に満足している。でもパスしすぎるきらいがあるね。年上の人たちを敬っているんだろうけど、時にはササッとシュートを打たないと」

オルチックは次のオタワ・セネターズ戦では、クロズビー、レッキ、ジョン・ルクレアのラインを使うと明言。「うまくいくと思うよ」と自信アリの様子。クロズビーとレッキにいいケミストリーが生まれていると監督は見ているようです。

試合後のクロズビーのコメント:「(試合は)すごくうまくいった。NHLでやっていけると思う。チームの力になれると思うよ」



オルチック監督「マリオさん、次のシフトはどのように?」
マリオ「そうだな、オレとシドニーが組むかな。あとレッキ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。