さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アル・マッキニスがスケート靴を脱ぐ日
2005年09月09日 (金) 22:21 | 編集


セントルイス(St. Louis Post-Dispatch)-- NHLerたちは骨折の恐れが減る。セントルイス・ブルーズのディフェンスマン、アル・マッキニスが引退を発表するからだ。

23年のNHLキャリアで、マッキニスは無防備な敵(そして味方も)の夜を何度もぶち壊しにした。伝説の投手ノーラン・ライアンが投げる豪速球のようなスラップショットによって。

マッキニスの華麗なNHLer人生を思い浮かべてみる。キャリア初期から「ハードショットを打つディフェンスマン」という評判があった。だが人々は言う。マッキニスはそれ以上の選手なのだと。

ブルーズの前監督ジョエル・クインヴィルは語る。「アルはスラップショットだけの選手だっていう考えが、いつもあったと思う。でもね、アルは守備ゾーンを支配していたし、試合のペースをコントロールすることもできた。素晴らしいパスを出す能力もあったよ。パワープレイで相手に与える脅威を生み出すということの他に、アルにはすごく多くのものがあった。そしてそういうことを、普通の選手ならだんだんスピードが遅くなってくる年齢でやってのけた。年をとればとるほど、いいプレイをするように見えたね」

9日午後2時30分にサヴィス・センターで予定されている記者会見で、マッキニスはさよならを言う。プレイオフMVPと最優秀ディフェンスマン賞を獲得し、将来のホッケー殿堂入りが確実なマッキニスが引退する理由は、疲労ではなく深刻な目の怪我だ。

2002-03年のシーズン、当時40歳だったマッキニスは、ディフェンスマンとしては1位の68ポイントを記録した。マッキニスがNHLのキャリアをスタートさせたのは、ブルーズのチームメイトであるバレット・ジャックマン、クリスチャン・バックマン、そしてマット・ウォーカーが生まれた数ヶ月後だ。それでも、もし今シーズンもプレイしていたら、42歳のマッキニスはブルーズのトップ・ディフェンスマンになっていただろう。

しかし両目の手術と、1年半のNHL休止が、その時が来たとマッキニスに決意させた。

元ブルーズのディフェンスマン、クリス・プロンガーが言う。「誰だって自分の思うようにキャリアを終わらせたいものだ。アルのように、まだ余力を残していたレベルの高い選手にとって、あんなふうにキャリアを終わらせるのは・・・、すごく難しいよね」

元ブルーズの選手で、マッキニスの親しい友人の一人であるベイゼル・マックレーは言った。「アルが自分の限界で引退できていたらよかったのにね。たとえ足が1本で腕が1本でも、アルはまだ1年NHLでプレイしたかもね。まちがいないな。でもアルが自分で決めた基準がある。すべてはそれなんだ」

1981年のNHLエントリー・ドラフトでカルガリ・フレイムズから15位で指名を受けた。1988-89年のシーズンには、キャリアハイの136ポイントを記録。そのシーズン、マッキニスはフレイムズをスタンリーカップ・チャンピオンへと導き、プレイオフMVPとしてコンスマイス・トロフィも獲得した。

元フレイムズ監督のテリー・クリスプは述懐する。「たぶん、自分が今まで出会った中で最ももの静かで、最もすばらしいリーダーの一人がアル・マッキニスだ。とても控えめで、しなければならないことを実行する。それはそれはプロらしくね」

そして気さくな性格。1994年にフィル・ハウズリーとの交換でブルーズにトレードされたとき、マッキニスはすぐにチームになじんだ。

「アルのすばらしい点の一つはね、スタンリー・カップを取ったスーパースターだったのに、ぼくらのようなその他大勢と打ち解けて、アルとぼくらは全然違わないんだって思わせてくれたことだ」と言うのはマックレー。「労働者風っていうのかな、ごくフツーの(meat-and-potatos)ヤツだよ。ロブスターとポテトって言うべきかな?」

マッキニスが生涯で初めてしたアルバイトはロブスターをトラックに積む仕事だった。そんなマッキニスは他の選手たちを向上させたかった。1990年代なかば、プロンガーという名の選手によって、マッキニスはその目論見を成功させたのだ。

プロンガーは言う。「アルが残した偉業を見てみてよ。コンスマイス、ノリス、スタンリー・カップの栄誉もそうだし、リーグでいちばんのハードショットを打つっていう評判もそうだ。でも、アルのロッカールームでのリーダーシップ、ホッケーに対する姿勢、そして気持ちの持ちかた。そういうことがいちばんすごいことなんだ」

マッキニスは通算1274ポイントでキャリアを終える。これはディフェンスマンとしてはレイ・ボークとポール・コフィに次いでNHL歴代3位。340ゴールのうち166はパワープレイ・ゴールで、1990-91年のシーズンにはフレイムズで17のパワープレイ・ゴールを記録している。

「我々にはリーグ最高のパワープレイがあった」と言うのはクリスプ。「魔法はアルにパックを渡すことだったのさ」

ブルーズでの10シーズンで、マッキニスは452ポイントを記録。1998-99年のシーズンには62ポイントをマークして、最優秀ディフェンスマン賞(ノリス・トロフィ)を受けた。

「監督としてアルを指導することは、非常に名誉なことだといつも思っていた。勝つためならどんなことでもする。アルはそういう男だよ」(クインヴィル)

マッキニスは息子カーソンのユースホッケー・チームの指導をしている。13歳のカーソンが所属するアマチュアのブルーズ(ミジェットAAA)は、米国屈指の強いチームの一つだ。

マッキニスが将来どんな仕事に就こうと、うまくやっていけるだろうと人々は言う。

「ブルーズの同窓会チームにありがたい新メンバー加入だね」(マックレー)

* * * * * *

数字で見るアル・マッキニス

23・・・NHLで過ごしたシーズン
160・・・連続出場試合(87年4月5日~89年3月31日)
1274・・・ディフェンスマンとしてNHL歴代3位のポイント
4・・・NHLオールスターにファン投票でスターターとして選ばれた回数
1・・・スタンリーカップ獲得回数(1989年、カルガリで)


::: アル・マッキニスが引退。この記事を訳しながら、泣けて泣けて仕方がありませんでした。いつかはこの日が来るとわかっていたけれど、私は悲しい。スティーブ・アイザマンの引退が私には最大の悲しみになるでしょうが、それに匹敵するぐらい、マッキニスの引退は残念で仕方ありません。いざ彼の引退の時が来てみて、こんなにもマッキニスのことを好きだったことに気づき、自分でも驚いています。
試合時間残り数秒になって、苦し紛れにブルーラインから打ったショットがゴールになったことがありました。彼のスラップショットを受けたジョセリン・ティボーが、指の骨を折ったこともありました。後にマッキニスのチームメイトとなったクリス・オズグッドも、マッキニスのスラップショットで手を骨折した犠牲者の一人でした。もう一人のチームメイトのゴーリー、リッチ・パランは、なんと睾丸を負傷させられました。ノヴァスコシアの小さな村で、父の所有していた納屋の壁に向かって毎日毎日ショットの練習をした賜物が、マッキニスの代名詞になっていたまさに殺人的な強力スラップショットでした。
両目のケガさえなければ、昨シーズンがロックアウトで中止にならなければ、もっとマッキニスのプレイを見られたかもしれないのに・・・と考えると、またまた泣けてきます。こんな形でNHLのキャリアを終えることになって、本人もすごく残念がっていると思います。
来年から、いったい何を楽しみにオールスターのスキルコンペを見ればいいのさ? お約束のようにハーデスト・ショット部門に出てきて、そして当然のごとく時速100マイル近くを出して優勝し、「よかった今年も勝てて」とホッとするマッキニスをもう見られないなんて。マッキニスとフレドリック・モディンのハーデストショット・ガチンコ対決も実現しなかったじゃないのさ。ほんっとに残念。
氷上でも素敵だったけど、自宅でローラーホッケーをする息子たちを見守るパパ・マッキニスもめちゃくちゃ優しそうで素敵でした。息子が3人(カーソン、ライアン、ライリー)と娘が1人(ローレン)。末っ子ライリーはまだ2歳か3歳ぐらいで小さいし、しばらくは家族との時間をたっぷり持って、ゆっくりしていただきたいと思います。カーソンは超カワイイので、5年後ぐらいにぜひNHLへ。ともかくマッキニス、お疲れさまでした。あなたがパックを持つと、パワープレイのチャンスでリンクに出てくると、ファンはほんとうにワクワクしたものでした。すばらしいプレイをありがとう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サンノゼ・シャークス
こんにちは、遊びに来てみました。
にゃおこさん、アイスホッケー好きなんですね。

アイスホッケーは、私には未知の世界ですが、サンノゼといえば、サンノゼ・シャークス。
一度はアイスホッケーを見に行ってみたいと思っています。
2005/09/10(土) 11:36 | URL | さとこ #o.trGIrQ[編集]
シャークス、いいですよ!
さとこさん、こんにちは。コメントをどうもありがとうございます!
そうなんです、ノースダコタに留学しているときにホッケーの面白さに目覚め、その後マサチューセッツでもどっぷりどぷどぷとホッケー大好きライフを送っておりました。
サンノゼ・シャークスは、若い人が主体のハツラツとしたチームで、とても強いです。去年もプレイオフでいいところまで行っています。マスコットのシャーキーくんもすごくお茶目なので、シャークタンクでの試合はきっとすごく楽しいと思いますよ!
NHLチームのある街にお住まいのさとこさんが、私はとても羨ましいです。
2005/09/10(土) 17:25 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。