さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特集:セレブリティと結婚したNHLer(7)
2005年09月05日 (月) 23:02 | 編集
いよいよ特集の最後でございます。トリを飾るにふさわしく、フィギュアスケート界のスーパースターであるクリスティ・ヤマグチにご登場いただきます。日系三世のクリスティ、フルネームは Kristi Tsuya Yamaguchi。



彼女が結婚したのは、NHL屈指の弾丸スケーター、ブレット・ヘディカン(キャロライナ・ハリケーンズ)です。二人の出会いは1992年のアルベールビル五輪。当時まだアマチュアだったヘディカンはチーム・アメリカの一員として参加していました。ヘディカンはクリスティに自己紹介をしたものの、その日はたまたまクリスティが金メダルを獲得した翌日だったので、浮かれまくっていた彼女は、未来の夫のことなど憶えちゃいなかったそうです。

再会は1995年、バンクーバー・カナックスのホーム・アリーナであるGMプレイスのオープニング・イベントで。クリスティはイベントのゲストとして招待されていました。カナックスに所属していたヘディカン、またがんばって自己紹介。「きみは憶えていないかもしれないけど、ぼくもアメリカ代表としてアルベールビルに行ったんだよ」。このセリフとヘディカンの男前さは強烈な印象を残したと、後にクリスティは語っています。

ヘディカンはバンクーバー、クリスティはサンフランシスコ。5年越しの恋愛を実らせ、二人は2000年にゴールイン。3年後に長女キアラちゃんに恵まれたのでした。



なお愛娘のフルネームは、Keara Kiyomi Hedican。クリスティは娘を日本の文化を学べる学校に通わせ、自分のルーツである日本の言葉などを勉強させたいと考えているそうです。

この夫婦ってほんっとにお似合いで素敵だと思う。末永くお幸せに!

追記:2005年11月17日、クリスティ&ブレット夫妻に二人目の女の子が生まれました。次女の名前は Emma Yoshiko。最近の日本では娘に「子」のつく名前をつける親は少ないというのに、日本の伝統を意識したクリスティの命名、素敵ではありませんか。

二人目の子どもが生まれて、クリスティはこう言っていたそうな。
「優先順位が変わりました。とても長い間、スケートが私の生活の中心だった。今は、母親であることが私の人生で最も大切なこと。最もやりがいのあることなんです」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。