さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どっひゃ~、アイザマンが怒った!
1998年11月13日 (金) 18:34 | 編集
今日は13日の金曜日。だからかどうか知らないけれど、珍しいものを見てしまいました。スターズ@レッドウィングスの試合で、「キャプテン」スティーブ・アイザマンがスターズ選手に殴りかかっていったのです。

最初はスターズのダン・ケズマーの、横からのあいざまんへのボーディングがきっかけでした。烈しく体をぶつけられた後、リンクにうずくまって頭を抱え、立てなかったあいざまん(このシーンをよく見ると、ケズマーのエルボーがあいざまんの顔をハードにヒット!)。この直後怒ったダレン・マッカーティとスターズ選手の間でもみ合いになります。あいざまんはそのときまだリンクに膝をついてうずくまっていました。

あいざまんはこの後、ロッカールームへ引っ込んで手当を受けたそうなのですが、時は流れて2ピリ、画面にはケズマーを般若のような恐い顔でにらみつけるあいざまんが映りました。そしてあいざまんは、両手のグラブをささっと脱ぎ捨て、ケズマーにつかみかかっていったのです!

ケズマーにコークスクリューパンチあいざまんスペシャルをお見舞いできたかどうかは不明ですが、あいざまんはこの殴り合いによりラフィングのペナルティをくらいました。審判に腕をつかまれてペナルティボックスへ連れていかれるときも、まだ興奮しているようでした。

とにかくあいざまんといえば、ケンカの多い対あばらんち戦でも決して殴り合いに参加しないし、乱暴なことをしないクリーンな選手というイメージが強かったので、ほんとにビックリです。でも、やるときはやりますアイちゃんまんタイプだったのですね。怒った顔もめっちゃ素敵! ますますあいざまんにラブラブ状態になってしまいました。試合は負けたけどね・・・。

ところで今日も、ジョー・ルイス・アリーナの名物的存在のファンのおばあさんが観客席にいました。彼女は編物をしながら試合を見ていたようで、手には1辺が10センチくらいの編みかけのものを持っていたのですが、「NHL2ナイト」のキャスターのジョン・ブッチグロスがそれを見て、「彼女が編んでいるアルトゥシュ・イルベのためのセーターは、もうほとんど出来上がってるようです」と言ったので、一人大爆笑! 確かにイルベは、ものすご~く小さいです。

公称身長5フィート8インチと言っているけど、たぶん170センチあるかないかでしょう。その小さい体でスーパーセーブを連発するから、見る人を感動させずにはおかないんですよね。

ニックネームは「アーチー」で、サッカーがプロ並みにうまいという彼。もう生産中止だというJOFAの古~いメットを外せば、ラトビアの正統派男前がほらそこに! カナックスにいたときから応援していましたが、イルベからますます目が離せない今日この頃です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。