さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルーインズ@キャピタルズ on NESN
2003年12月11日 (木) 09:39 | 編集
先制はしたものの、2マンアドバンテージでボンドラさんにゴールきめられ、続くパワープレイでやろみーるにスコアされ・・・、サイレンが鳴り響く中しょぼんと落ち込みまたゴールをゆるしてダメ猫ぶりを発揮したぽとびゃんはさっさとアンドリュー・レイクロフトと交代させられてしまいましたとさ。

最初からピリッとしないぽとびゃんに比べて、レイクロフトはなかなかシャープだったので、マイク・サリバン、アンタなんで先発でレイクロフトを使わないのかと(怒)

3-1から追い上げて、6人攻撃でもスコアして6-5でちゃぐまは負けたわけですが、この1点差というのが、キャピタルズのペナルティショットでした。

ゴール前でのごちゃごちゃの中で、ちゃぐま選手がクリース内でパックを手で押さえた、というのが PS が与えられた理由だったみたいなんですけど、そんなに長い間パックを隠していたかな・・・?と疑問。

試合後、NESN の実況担当さんたちは、「不当なペナルティショットによってブルーインズは敗れました」と憤慨していたのでした。

ってか最初の2マンアドバンテージというシチュエーションを作ったちゃぐまがそもそも悪いんじゃん。

自業自得です。

------

その裏ではレッドウィングズ@シカゴ on ESPN。毎週木曜日の夜は ESPN で NHL の中継があるんです。

シカゴも観客減に苦しんでいるとかいう話ですが、この日はびっちりお客さんが入ってました。レッドウィングズ様様ってとこなのかな。

3ピリにブラックホークスが勝ち越しゴール。決めたのはカナックスの「やる子」(by 加藤美貴子さん)ことヤルコ・ルートゥの弟トゥオモ・ルートゥ(←お兄ちゃんより数倍イケメン)。

しかしタレント揃いのレッドウィングズは、すぐに同点ゴールをきめ、このルーキーが今夜のヒーローになるのをいとも簡単に阻みました。

ワンタイマーで叩いたしゃにーもすばらしかったが、私はリンクを横断する絶妙なパスをしゃにーに送ったパヴェル・ダツック、彼のセンスに拍手を送りたい。ダツックがウィングズでゴール数とアシスト数でトップというのもむべなるかな、という気がしました。

結局試合は OT へともつれこみ、ブラックホークスの若手マーク・ベルのゴールで決着がつきました。ディフェンスマン二人をひきずりながらもパックをネットに押し込んだベルがすごいのか、なんかあっさりゴールをゆるしたクージョのポジショニングがまずかったのか・・・!?

やる子弟にかわってヒーローとなったベル、インタビューに登場。緊張しているのか根が真面目なのか、笑顔はなし。ベルの顔ってどこか東洋ちっくで、私、大好きなんですよ。でも髪は前のように長いほうがいいかなあ。

あと私は、ウィングズのマシュウ・シュナイダーの守備と攻撃がけっこう好きです。この人っていまの NHL に二人しかいないユダヤ人(もう一人はキャピタルズのジェフ・ハルパーン)。ユダヤ代表としてがんばってほしいですね。スティーブ・ドゥビンスキーはどこ行っちゃったんだろ・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。