さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHL Rumor Mill ~NHLに渦巻く噂いろいろ~
2005年08月31日 (水) 10:25 | 編集
毎度おなじみ CBSSportsLine.com に、NHL各チームがいま何を画策し暗躍しているのかがまとめてありました。これらの噂がどれぐらいホンモノになるか、注意深く見守っていかなければ。(噂は8月30日現在)

・アトランタ・スラッシャーズ
 スラッシャーズGMドン・ワッデルは、スター選手のイリヤ・コヴァルチュックとの契約の際に、コロンバス・ブルージャケッツがリック・ナッシュと結んだ5年2700万ドルの契約をひとつの目安にしようとしている。しかしアトランタのマスコミによれば、コヴァルチュックが目指している契約金は、780万ドルを上限とするものらしい。

・デトロイト・レッドウィングズ
 「デトロイト・ニュース」紙によれば、ウィングズはパヴェル・ダツック(C)との契約に難儀しており、契約が9月1日までに結ばれない場合は、ダツックは今シーズン、母国ロシアでプレイすることになるかもしれない。

・エドモントン・オイラーズ
 ライアン・スミス(LW)がオイラーズと長期契約を結びたいのであれば、ある程度割り引きの契約金を受け入れなければならないかも、と地元紙「エドモントン・ジャーナル」が伝えている。来年、制限なしフリー・エージェントとなるスミスは、400万ドル/年の契約を望んでいるが、オイラ-ズ側が提示できるのは3年1000万ドルまで。

・ナッシュビル・プレデターズ
「オタワ・サン」紙によれば、プレッズは明らかにベテランのフォワード市場の渦中にあり、その焦点をすでにブライアン・スモリンスキに定めたらしい。

・ニュージャージー・デビルズ
 2003-04年のシーズン、脳しんとうのために38試合しか出場できなかったキャプテンのスコット・スティーヴンズは、今シーズン戻ってくるだろう。その一方で、ヴィクトル・コズロフ(C)は、サラリーキャップの縛りのためトレードに出されるだろうと自分の行く末を心配している。「ニューヨーク・ポスト」紙が伝えた。

・ニューヨーク・レンジャーズ
「エドモントン・ジャーナル」紙によれば、来年1月に45歳になる NYR キャプテンのマーク・メシエは、引退についてはまだ決めていないが、もしリーグに戻ってくるのであれば、それはNHLerとしてのキャリアをスタートさせたオイラーズの一員としてになりそうだ、とのこと。

・ピッツバーグ・ペンギンズ
 ライアン・マローンとブルックス・オーピックとの再契約については、何の進展も見せていないと「ピッツバーグ・ポストガゼット」紙が伝えている。

・セントルイス・ブルーズ
 「セントルイス・ポストディスパッチ」紙によれば、42歳のアル・マッキニス(D)の未来にはまだ不確かな部分が残る。マッキニスは2003年10月に両目の手術を受けた。しかしブルーズはマッキニスをチームのフロントの一員として雇いたいと考えており、肩書きはおそらくマイク・キッチン監督を補佐するアシスタント・コーチになるのではないか。

・トロント・メイプルリーフス
スウェーデンの新聞「アフトンブラーデット」によれば、リ-フスはレッドウィングズのヘンリク・セッテルベリ(F)を獲得しようとしているらしい。セッテルベリは制限付きフリー・エージェント。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダツックがごねごねしてるのは
チームにロシア人がいなくなってしまったのもあるかもしれません。
私がロックアウトぼけしてるのかもしれませんが、今赤羽にロシア人て…他に思いつきません!!
なぜかラリオノフはまだデトロイトの辺りうろうろしてるんですけどね・・・
コンスタンティノフがいるからかもしれません。
後、セッテルベリ君がまだ未契約なんですが、りど-ホルムストロムのスウェーデンコネクションはしっかりしてるので、こちらは比較的楽観してます。
2005/09/01(木) 23:18 | URL | CK #-[編集]
昔はロシアといえばウィングズだったのに・・・!
暗黒のロックアウト期を経ても、「赤羽に行ったことがないのに日本一赤羽に詳しいCKさん」は健在なのですね!
そういや昔はフェティゾフもいたラリオノフも、ヴラディもコズロフも・・・って、ロシア=ウィングズコネクションって強力だったのに、ダツックは孤独をかみしめるのがイヤなのでしょうか? それともまだ英語に自信がなくて通訳を必要としている!?
ここでダツックをウィングズに呼び戻す作戦をいろいろ考えてみました。

(1) あいざまん自らロシアに電話をかけ「帰ってこいよ!」とダツックを説得する『偉大なるキャプテンのテレホン大作戦』
(2)なぜかまだデトロイト近辺をうろついているラリオノフ教授がロシアへ飛び、ダツックにワインを飲ませてべろべろに酔わせ、ドサクサまぎれで契約書にサインさせる『ハラショー!ポリフェノール大作戦』
(3)いまだにウィングズの影の重鎮であるスコティ・ボウマンがダツックを呼び出し、口に含んだ氷のかけらをダツックの顔に吹き付けながら「ゴネてるんじゃねえ!」と一喝する『アイス・スプレー大作戦』

セッテルベリはウィングズに帰ってきてほしいですねえ。でもCKさん、確かにウィングズのスヴェンスクコネクションは堅固ですが、リーフスにはまっつというスターがいるのですよ! 今頃まっつ、「ヘンリクくん、リーフスに来たまえ」なんてセッテルベリを説得していたりして・・・ イヤン。
2005/09/02(金) 20:16 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。