さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックホークス@フレイムズ(サドルドーム)#2
1998年11月28日 (土) 11:03 | 編集
この日はアウェーがブラックホークスなので、まずアメリカ国歌「星条旗よ永遠なれ」、次いでカナダ国歌「オー・カナダ」の斉唱がありました。

私はこの国歌斉唱タイムが大好きです。ここはカナダなのでアメリカの国歌を歌っている人はあまりいないけれど、ソロで歌う人の歌声に合わせ、一人大声を張り上げて歌いました。もちろん帽子ははずしました。

「オー・カナダ」は、「サドルドームで歌いたい!」と、同じ寮に住んでいるカナダ人の女性に、何回かレッスンをつけてもらっていました。でも今いちうまく歌えなかった。「オー・カナダ」はシンプルだけど、ムズカシイ~! 歌を教えてくれたケイティ、ごめんよ・・・。

試合は、1ピリだけで3-3という大味な展開でした。やはり点がたくさん入る試合はおもしろいです。

1ピリにいきなり2点決めたトニー・アモンテのワイルド・パワーがさく烈、結局はハット・トリックを達成しました。

試合中、トニーがフレイムズ選手と接触して彼のヘルメットが落ち、自慢の長髪がハラハラと広がりました。私のすぐそばに座っていた男性が、「ゲットザヘアカット!」(髪を切れ!)と野次ったのがおかしくて笑っていたら、ベンチに戻ったトニーの姿がジャンボトロンに映り、すかさず「♪Get, get, get the hair cut!」という歌が流れて、場内爆笑!
サドルドームのそんな「粋な老婆心」に苦笑いするトニーが、とてもかわいかったです。

2ピリのアンドリュー・キャッスルズの2連続ゴールあり、ジェイソン・ウィーマーとデイヴ・マンソンの殴り合いありで、大興奮のうちに試合は終了。結果は5-4の接戦をフレイムズが制し、ハットトリックで健闘したアモンテが3スターズの一人に選ばれました。

トニーの写真を撮るチャ~ンス! と思ってベンチのそばまでいそいそ行きましたが、試合に負けたからか、トニーは姿を現しませんでした。うーん、残念・・・。

負け続きのホークスはこの試合の後、20分ほどロッカールームのドアを閉めてミーティングをしたそうです。

ブラックホークスの選手でいちばん印象に残ったのは、やはりダギー・ギルモアでしたが、ジャムりんことアレクセイ・ジャムノフも、私にとっては注目すべき存在でした。
私はジャムりんのプレイをテレビで見るたびに、こんなに動きが鈍いフォワードはNHLでも珍しいよねえ~、なんて思っていたのですが、実際には、なかなか敏捷な人でした(当り前か)。

この日ジャムりんは、スーパー技ありなゴールを決めたのですが、ガッツポーズした後、ニッコリ笑顔でチームの人たちと抱き合っていて、それがちょっと意外だったです。いつもの淡々とした調子とはうって変っていて、よっぽど嬉しかったのかなあ、なんて思いました。

そしてもう一人、印象的だったのが、フレイムズのちびっこアイドル、マルタン・サンルイくん。

以前、彼がNHL初ゴールを決めた映像をテレビで見たときは、「ナインティナインの岡村くんに似てる!」とつい笑ってしまったものです。でも私の席近くのフェイスオフ・スポットにつくサンルイくんは、岡村くんなんてとんでもない、かわいらし系のハンサムさんでした。

う~ん、サンルイくん、ちょっとカッコいいんじゃない!? プレイもきびきびしていて一所懸命だし、カレッジ・ホッケー出身(UVT=ヴァーモント大学卒業)だし、これは応援すべきかしら~! でも昨日買ったプログラム、フレイムズ選手紹介のところに、彼が載ってないのはなぜなんだろ? などと思いつつ、じ~っとサンルイくんを見つめていた私でした。

インターミッションの間、たべもの屋さんの近くではびさんとお話ししていたら、グレーのスーツを着た背の高い男性が2人、私たちのそばをゆっくりと通りすぎていきました。
はびさんが言うには、そのうちの1人は、ジェフ・シャンツやスティーブ・ドゥビンスキとの交換でブラックホークスへ移籍した、ジェイミー・アリソンというディフェンスマンとのこと。声をかけ、私も握手してもらいました。

このとき、はびさんがジェイミーに、「シーズフロムジャパン」と私のことを紹介したので、お調子者の私はつい、「イエア~、トゥシーユー!」(そう、あなたを見るためにね!)などと心にもないことを口走ってしまいました。

彼には私のそんなふざけたセリフは聞こえていないようでしたが、「オー、ハブアグッドトリップ!」と言ってくれました。

う~ん、NHL選手とお話し(?)するなんて初めてでしたが、なかなかやさしい人じゃないのと、直子ちょっと感激。それに私のタイプじゃないけどけっこうハンサムだし。

でもせっかく古巣のサドルドームへこうして戻って来たのに、ヘルシースクラッチだなんて、ジェイミーくん、ちょっとかわいそうですう・・・。

続く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。