さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルタン・サンルイがライトニングとなかなか契約しない理由
2005年08月20日 (土) 20:17 | 編集
タンパベイ・ライトニングの地元紙「セントピータースバーグ・タイムズ」によると、マルタン・サンルイの代理人はライトニングGMジェイ・フィースターとの会談を延期した。

サンルイの代理人ルイス・グロスは「会談が延期になったので今週末サンルイに会う」と同紙に語った。サンルイはブリティッシュコロンビア州ケラウナで行われているカナダ五輪代表キャンプに土曜日までの日程で参加中。グロスは来週フィースターと会う予定だという。

会談の延期について、フィースターは次のとおり語っている。

「グロスはこの週末、ルキャヴァリエの新しい契約について分析したいと言った。この契約がうちのチームの年俸総額にどんな影響を及ぼすのか、またマーティ(サンルイ)にとって正当な取引を構築するのにもどんな影響があるのかを分析してから私に会ったほうが、より生産的な話し合いになるのではないかということだった」

「2、3日のうちにグロスは我々に電話してくるとのことだよ。先週の木曜日にマーティに対して提示した金額について考えたいのだとすれば、グロスにもっと時間をあげるのは問題ないよ。それもプロセス、そしてプロセスは続く。我々がマーティと契約したいという気持ちは変わらない」

ヴァンサン・ルキャヴァリエがチームと交わした4年27.5百万ドルの契約を、サンルイもブラッド・リチャーズも不愉快に感じているという。

セントピーターズバーグ・タイムズによると、ライトニングは先週いくつかの金額をサンルイに対して提示。そのうちの一つは1年4百万ドルから5百万ドルの線での長期契約、というものだったという。その提示を吟味し、グロスはフィースターに会う段取りを取ったが、ライトニングはその前にルキャヴァリエと契約してしまった。

フィースターとグロスがいつ会うことになろうと、話し合いは簡単にはいかないだろう。ルキャヴァリエの契約はサンルイとリチャーズのタンパでの将来を危うくするものだ。NHLのポイントリーダーとMVPに輝いたサンルイは制限付FAであり、もしサラリーキャップがなかったら、本来はルキャヴァリエのと似た契約を結べるはずなのである。

カナダ代表キャンプでサンルイは「コメントするのは難しいね。だって次にどうするか、まだわからないから。ぼくと代理人は、いまはちょっと休憩モードだと思うね、正直言って」と語った。

「ヴィニー(ルキャヴァリエ)にはおめでとうと言ったよ。ほんとうによかったと思う。そんなところだね。ヴィニーがああいう契約を結ぶとは思わなかったってことじゃないよ。あんなにカネをもらえたら、ヴィニーはもっとパワーを持てるはず」(サンルイ)

スタンリーカップ・チャンピオンのライトニングにとってのジレンマを際立たせるかのように、カナダ代表のキャンプでの最初の練習試合でサンルイとルキャヴァリエはラインを組んだ。その日ルキャヴァリエがきめた2つのゴールのうち、一つはサンルイのアシストによるものだった。

ルキャヴァリエは言う。「新労使協定があるし、GMたちの仕事は大変だ。みんなわかってるよ、大変なんだ。マーティはすごいヤツだし、ずっと長く一緒にプレイできればと思っている」

2004年のプレイオフMVPに選ばれたリチャーズは、向こう2年間は制限なしFAとはならない。しかしルキャヴァリエの契約はリチャーズにも影響を与えた。

「みんな計算をしてるんだよ。ロケット科学のための計算って意味じゃないよ。マーティもヴィニーもいい友達。すごく、すごく難しい状況だ。サイテーだよ。それ以外に言いようがないね。うちのチームからはニコライ・ハビブリンが既にいなくなった。で、こんどはマーティと契約するのが難しくなりそうだなんてね」(リチャーズ)


::: ESPN.comのサイトで、「サンルイはライトニングからいなくなるかも?」という記事を見かけ、びっくり。いまぼるつはどんな状況なの?という興味(心配)のもとに訳してみたのがこの記事です。ただ単に年俸が低いからサンルイくんが契約を渋っているのかと思いきや、ルキャヴァリエくんの大型契約がらみで、状況はもっと複雑みたいですね。
この記事から判断すれば、ぼるつフロントの対応がまずかったって感じだろうか。確かに、何のタイトルも取っていないヴィニーが1年で約7百万ドルもらえるのに、リーグMVPのオレがなんで4~5百万ドルで働かなきゃなんないの?とサンルイくんが不愉快に思うのは当然。ブラッド・リチャーズはジュニアの頃からルキャヴァリエくんと一緒にやってきた竹馬の友で仲良しだけに、もっといろいろ思うところあるかもしれないですね。
近々、ぼるつGMフィースターはサンルイくんの代理人と会う予定だそうなので、そこでどんな話し合いがなされるか、行方を見守らなければ。しかし新しいルールで速いホッケーが優勢になりそうなこのシーズン、働き盛りのマルタン・サンルイ30歳を失ったら、ぼるつは苦戦を強いられるのでは。しかも彼はもはやぼるつの heart & soul みたいな存在なんだからさ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。