さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ・オリンピック男子アイスホッケー決勝:カナダがシャットアウト勝ちでオリンピック2連覇
2014年02月25日 (火) 18:50 | 編集


カナダ3、スウェーデン0

カナダ    1 1 1 3
スウェーデン 0 0 0 0

得点:【カナダ】ジョナサン・テーヴズ(A=ジェフ・カーター、シェイ・ウェバー)、シドニー・クロズビー(ノーアシスト)、クリス・クーニッツ(ノーアシスト)

ゴーリー:【カナダ】キャリー・プライス(24ショット、24セーブ、5勝0敗)【スウェーデン】ヘンリク・ルンドクヴィスト(36ショット,33セーブ、5勝1敗)

談話:
ジョナサン・テーヴズ(カナダ)「うちが圧倒していた。この試合に出られて楽しかった」
マルタン・サンルイ(カナダ)「この2か月いろいろあった。これはただの金メダルじゃない。チーム・カナダに選ばれるのは難しいこと。この金メダルはぼくがハードワークでチーム・カナダの一員になれたこと意味している」
パトリック・シャープ(カナダ)「いやー、嬉しいよ。チーム・カナダのジャージを着て金メダルを首にかけてもらうなんて最高だ。早く故郷のサンダーベイにこのメダルを持ち帰りたい」
スティーブ・アイザマン(カナダGM)「我々は殻に閉じこもっていなかった。ディフェンスの一部はフォアチェッキングに行くし、アグレッシブにプレーしたよ。今日の試合は、最も感動的で優れたディフェンシブなホッケーのかたちだった。マイク(バブコック監督)はこの2年間言ってきた、『広いリンクのホッケーをやるんだぞ』って。このオリンピックではそれができたということだ」

エリック・カールソン(スウェーデン)「相手には僕らに対する良いゲーム・プランがあって、一貫してそのプランに沿って戦っていた。レンガの壁を突き破ることはできなかったよ」
パール・マーツ(スウェーデン監督)「カナダはより速いテンポでプレーし、パックをコントロールしていたね。あっちにはブレイクアウェーも多かったよ。数えきれないぐらいにね。カナダ相手にあんなプレーをしてはいけない。今日カナダは我々よりはるかに、はるかに上だった」


::: 閉会式の直前に行うのが慣例の男子アイスホッケー決勝。カナダのバンクーバーでは早朝午前4時フェイスオフでした。勝った後はともかく負けた後に市民が暴徒化するのを警戒し、バンクーバー市当局は「スポーツバーは開けてもよいが午前2時以降は酒を提供してはならない」とのお達しを出し、暴動におびえながら大切な試合の行方を見守りました。

結果は、ホッケー発祥の地としての意地やらプライドやらいろいろ背負っちゃってるチーム・カナダが各ピリオドに1点ずつ取って、3-0のシャットアウト勝ち。北欧の雄スウェーデン相手に真正面からぶつかり、最後はねじ伏せてのオリンピック2連覇です。お見事でした、チーム・カナダ。金メダルおめでとう!

ジョナサン・テーヴズ、シドニー・クロズビー、そしてクリス・クーニッツと、それまでの5試合で1ゴールも決められていなかった3選手が決勝で価値ある得点。特にクロズビーと同じトップラインでプレーしてるのに1アシストすらなく、「あいつソチへ何しに行ったんだ?」とカナダのファンをイライラさせていたクーニッツは、土壇場でのダメ押しゴールで胸をなでおろしていたことでしょう。

アンチ・キャリー・プライスの私としては、プライスでカナダが優勝というのが納得いきませんが(笑)、6試合でわずか4失点しかゆるさなかった鉄壁のディフェンス陣とプライスがカナダに金メダルをもらたしたのは間違いなく、そこは素直に賞賛の拍手を送りたいと思います。っていうかプライス、カナディアンズに戻ってもそれぐらい働いてよね。

プライスのハブズの同僚PK・スバンも1試合ですが出場できてよかったね。でも第3のゴーリー、マイク・スミスはチームでただ一人出番なし。スミスの奥さんはカナダ代表でバンクーバー五輪にも出場したアルペンスキーの選手なんです。奥さんと同じオリンピアンになって結果的に金メダルは手に入ったけど、1ピリオドでいいからスミスも守りたかったでしょうね。

スウェーデンは残念でした。リレハンメル以降のオリンピックではスウェーデンはカナダに対して分がよく、苦手意識もないので勝つチャンスはあると踏んでいたはず。そして勝つ力もあったと思います。服用したアレルギー薬にドーピングの陽性反応が出てニクラス・バックストロムがプレーできなかったことに、チームメイトたちも動揺しちゃったのかな。

カナダに負けた後、スウェーデンの協会幹部はIOCのドーピングのやり方に怒りをあらわにしました。バックストロムも「人生で最も重要な試合に向けて準備していた。でも試合開始の2時間半前に、試合に出てはいけないと言われた。悲しい。これは心からの気持です」と落ち込みまくり。7年も飲み続けている薬の量が少し多かったとかでドーピングにひっかかり、ちょっとかわいそうでしたね。

バックストロムはフェイスオフがうまい選手で、前回バンクーバー大会ではフェイスオフ勝率で1位を記録したほど。スウェーデンにとっては、そのバックストロムがプレーできなかったのは痛いっちゃ痛かったかも。でもルールはルールだし、過去には飲んだ風邪薬の量が基準をほんの少し上回っただけで金メダルを剥奪された体操の女子選手もいたし、しかたないです。

私としては、カナダのマルタン・サンルイの小気味よいプレーとスウェーデンのエリック・カールソンのイケメンぶりを堪能できてよかった。カールソンはマスコミに銀メダルの価値を訊かれて「さあね。ネットオークションにでもかければ価値がわかるんじゃないの?」と答えたそうです。その負けん気があれば大丈夫。次のオリンピックでのカールソンのリベンジに期待です。

カールソンについては試合前にNHKが注目選手としてクローズアップしてたので、こりゃ初めて見た人には衝撃だっただろうなとツイッターで検索かけてみたら、案の定「カールソン、イケメン!」のツイートであふれておりました。ちょっといないレベルのカッコよさだもんね。カールソン落ちした人のうち何人かでも、今後NHLの試合に興味を持ってくれたら嬉しいなと思います。




キャプテン・シリアス、おめでとう! あんたがこの試合のMVPや! 「金銀メダルコント」でおなじみのゲツラフも2個目の金メダル。しかしこの2人が3歳しか違わないという事実がまたどうにも・・・




金メダルをしげしげと見つめるサンルイ。最初は補欠扱いだったのに、2試合目から試合に出てました。トリノ五輪のリベンジを果たせたね。




閉会式で肩車をされるサンルイ。これでも38歳、2004年リーグMVP(笑)。最高の結果で終ったオリンピックを楽しんでいたようで、ファンとしてもとても嬉しかったのでした。

------------

ところで、今大会私にとって最も印象に残った選手は、フィンランドのディフェンスマン、サミ・ヴァタネンでした。



まだ22歳でスオミのパワープレー・ユニットに使われ、おそらく175センチもない小さな体でブルーラインからばんばか強いショットを打ちまくる。彼のプレーにはただただ「ほおー」と感心するしかありませんでした。

聞けばヴァタネンはアナハイム・ダックス所属だというではないの。今季のダックスの異常な強さの秘密は、ヒラーでもペリーでもゲツラフでもなくて、ヴァタネンなのにちがいない。これからはヴァタネンにも注目していきます。是非是非がんばっていただきたい。でもオイラーズ戦では是非是非おとなしくしててね。

終ってみれば短かった男子アイスホッケーのトーナメントでした。毎回書いてますが、毎日毎日、ハイレベルなホッケーを見ることができて本当に楽しかったです。4年後のオリンピックはアジアで開かれるので、是非ホッケーを見に行きたいと思っています。




マスコットのシロクマくんもヴァタネン(#45)を応援! 

シロクマくんも毎日ホッケー会場を盛り上げてました。観客も試合そっちのけで彼にツーショット写真をおねだりしてましたっけ(私もあの会場にいたら絶対同じことしてたと思う)。シロクマくんもお疲れさまでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しかったですね〜!にゃおこさん、お疲れ様でした!
さすがオリンピック、見どころたっぷりでした。女子の決勝もおもしろかったし。スマイルジャパンは残念でしたけど、次回につながる結果だったと思います。平昌も決めて欲しいです。久保選手も辞めないで欲しいな〜。
閉会式、女子だけでなく男子選手も肩車してる気がしたけど、サンルイだったとは!183cmじゃムリですよね!
2014/02/26(水) 21:20 | URL | くまぞう #-[編集]
サンルイ!
女子の決勝にはビックリでしたね。試合残り5分から2点リードをひっくり返されて金メダルを逃すなんて、アメリカの女子選手たちの号泣嗚咽が100%理解できる結末でした。あれは泣きたくなりますよ〜、誰でも。

スマイルジャパンは1勝もできなかったことで批判する人もいるみたいですけど、そもそも世界で8か国しか出られないのにその枠に入っただけでもすごいことだし、試合内容だって決して悪くなかったですよね!
近いので応援に行きたいから、次のオリンピックも出場権を是非もぎとってほしい。
そして私も久保選手には辞めないでほしいです。

サンルイが肩車されてるのには笑ってしまいました(^^;;
◯◯ランドの戦隊ショーを見るのにお父さんに肩車されてる子どもか!みたいな(笑)
でもトリノでは散々だったし、今回も本来はロスター漏れしてガックリきているところに急遽出番が回ってきて結果金メダルだし、あれぐらいはしゃいじゃうのもしかたないかなと。
それに普通に歩いてたら、チームメイトの中に完全に埋もれてしまってテレビに映れないし・・・
微笑ましいソチでのひとこまでしたね。
2014/02/26(水) 22:45 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。