さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪:男子準決勝結果(1)接戦を制してスウェーデンが決勝へ
2014年02月23日 (日) 20:00 | 編集



スウェーデン2、フィンランド1

スウェーデン 0 2 0 2
フィンランド 0 1 0 1

得点:【スウェーデン】ルイ・エリクソン(A=ヨナタン・エリクソン、ニクラス・バックストロム)、エリック・カールソン(PP)(アレックス・スティーン、ダニエル・セディン)
【フィンランド】オッリ・ヨキネン(サミ・ヴァタネン)

ゴーリー:【スウェーデン】ヘンリク・ルンドクヴィスト(26ショット、25セーブ、5勝0敗)【フィンランド】カリ・レヒトネン(25ショット,23セーブ、1勝1敗)

談話:
ニクラス・クロンヴァル(スウェーデン主将)「(1ピリにセラニにビッグ・ヒットをかましたことについて)ハードにやって、できるだけ彼のスペースを小さくしようと思った。もしスペースを与えたら、やられるからね」
エリック・カールソン「オリンピックが始まってから、ハンク(ルンドクヴィストの愛称)はずっとうちのキー・プレーヤー。ここぞというときにビッグ・セーブをしてくれる。彼が後ろに控えてるってわかってるから、ディフェンスはラクな気持でプレーできるよ」
パール・マーツ(スウェーデン監督)「(アメリカとカナダのどちらが勝つと思うかと訊かれて)またそんな質問するの? フィンランド対ロシア戦の前にも訊かれたよな。これから試合を見るんだから、どっちが勝つかなんてそのときわかるよ」

オッリ・ヨキネン(フィンランド)「がっかりだ。リードしていたのに。2マンアドバンテージで1点取って2-0にして突き放せたかもしれないのに、できなかった」
ユッシ・ヨキネン(フィンランド)「金メダルが目標だったけど、あともう一歩だった。明日も試合がある。メダルを国に持って帰りたい」
テーム・セラニ(フィンランド主将)「我々の目標は最高のホッケーをすることだった。何が起ころうと、それを受け入れなければ。ロシアとの準々決勝でエネルギーを使ってしまったのかどうかはわからない。いつもあと一歩及ばないという気がする」「銅メダルがとれたら素晴らしいことだろうね。いまはものすごく残念だけれど、これからは銅メダルを目指してやっていく」「ホッケーには山もあれば谷もある。明日の試合が山だといいな」


::: ショット数などはほぼ互角で、本当に接戦でした。どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。ただパック支配率はスウェーデンのほうが上だったかな。スオミは1ピリ後半に1分30秒ぐらいの2マンアドバンテージをもらったのに得点できなかったのが痛かった。

準々決勝でロシアに勝った後、スオミのヨリ・レヒテラが「(トゥーッカ)ラスクがいたから勝てた」と言ってましたが、この試合のスオミの先発はラスクじゃなくてカリ・レヒトネン。ラスクはロシアとの試合後風邪の症状が出てプレーできなくなったからです。レヒトネンもすばらしいゴーリーだけど、正ゴーリーで試合に臨めなかったスオミには多少の動揺もあったかも。

わずか1点差で負けて、スオミの悔しさはいかばかりか。2国間の歴史的な経緯はなかなか複雑で、スオミの場合、極端な話「他には全部負けてもスウェーデンにだけは負けたくない」みたいなところがありますから。トリノ五輪決勝のリベンジも果たしたかっただろうしね。リベンジは次のオリンピックに持ち越しとなりました。

でも強かったですね、スウェーデン。攻守にバランスが取れていて、隙がない。そしてエンドに控えるのはトリノ五輪金メダリストのルンドクヴィスト。攻撃の要の一人であるヘンリク・セディンやパワー・フォワードのヨアン・フランセンを怪我で欠き、大会が始まってからキャプテンのヘンリク・セッテルベリを背中の故障で失う、というアクシデントの影響をまったく感じさせません。2ピリのエリック・カールソンのゴールはすばらしかったです。決勝も楽しみです。




アルフィーとグスタフ・ニークヴィスト。デトロイト・レッドウィングズのチームメイトです。
「先輩、勝ちましたで〜」
「おう、一杯やるか〜」
みたいなほのぼの感がいい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。