さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特集:ソチ五輪男子アイスホッケーのイケメンたち(5)ジョナサン・クイック(アメリカ #32)
2014年02月14日 (金) 05:25 | 編集


チームUSAの先発ゴーリー、ジョナサン・クイック。「Quick」という名字がすごい。2010年バンクーバー大会ではアメリカ代表に選ばれたもののベンチ入りもできない第3の男でした。しかし2012年、西カンファレンス第8シードながら圧倒的な強さでスタンリー・カップ・チャンピオンになったロサンゼルス・キングズの守護神として大活躍、プレーオフMVPにも選ばれて、一気にリーグのトップ・ゴーリーの1人となったのでした。

コネチカット州出身でニューイングランドの正統派お坊ちゃま風のクイックだが、実は労働者階級の出身で(イギリスか!)、右の脇腹にスタンリー・カップと自分の背番号32、そしてキングズのロゴをあしらった、かなり大きなタトゥーを入れております。余計なお世話だけど他チームに移籍になったらどうすんのかね。




結婚していて子どももいるけど、童顔のため「永遠の12歳」なんて呼ぶファンも。この画像なんて中学生みたいだよね。年齢不詳ちっくなクイックは27歳になったばかり。クイックのようなイケメンは、マスクで顔が隠れるゴーリーなんてやってちゃいけないと思うのだった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。