さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ・オリンピック開幕! 各国の開会式ファッション・チェック
2014年02月08日 (土) 20:50 | 編集



2014年2月7日、第22回冬季オリンピック競技ソチ大会が開幕しました。大会期間は17日間で、ロシア連邦で初めて行われる冬季オリンピックには史上最多の87か国が参加します。

前回バンクーバー大会閉会式でのソチ大会ショーケースを見て以来、とても楽しみにしていた今日の開会式。いやー、すばらしかったです。プロジェクションマッピングを駆使してのアトラクションの数々には、ロシアの歴史や伝統、文化の深みをまざまざと感じさせられました。英語圏でのオリンピックだと開会式はどうしても歌謡ショーの様相を呈してしまいますが、そういうのもなかったし。冒頭の五輪マークが失敗したのを除けば、完璧な開会式だったんじゃないかな。あの五輪マーク担当者は後でプーチン大統領に締め上げられてないか、それだけが心配。

五輪旗を持って出てきた著名人8人のうちの一人がかつてNHLデトロイト・レッドウィングズで活躍したスラヴァ・フェティソフだったり、聖火の最終点火者が「ロシアン・ホッケー・レジェンド」ヴラディスラフ・トレチャクさんだったり、ホッケー・ファンとしてはロシアにおけるホッケーの立ち位置がどんなものかを再認識することができました。聖火の点け方も、変に奇をてらわないシンプルなものでよかったです。

そして今回は早めに行われた選手団の入場行進。会場の中央に「モーゼの十戒」の海割れのごとく道ができて、そこから選手たちが姿を現しました。この瞬間にはいつもじーんと感動してしまいます。それにしても国名を胸に抱いた先導役の女性たち、目ん玉飛び出るような美女揃いでしたね。この女性陣も含めて、豪華な開会式にはロシアの本気を見た気がしました。




ラトビアの旗手サンディス・オゾリンチ。照れ隠しなのか少々にやけ気味でありました。しかし、絵になる男だなオゾリンチは。ややマンネリ気味な五輪ウエアから脱却したかったのかラトビアはいつものえんじ色ではなかったけど、このウエアもかなり好きです。




スロバキアのズデノ・ファーラはまさに堂々たる旗手っぷり。しかし改めて思いましたね、ファーラってデカいんだなと(笑)。スロバキアの帽子、マフラー、手袋のハートマークのトータルコーディネートも可愛くてよかった〜。ファーラにも似合ってたし。

冬のオリンピック開会式では、各国選手団のファッション・チェックが何より楽しみな私です。ジャケットやパンツのアウターはもちろん、アクセントになっているマフラーなどを見るのも楽しい。今回は日本のデサント製のもシンプルで無難でよかったですが、ソチ大会の私のベスト5は・・・


1位:ロシア(特に女子)



最後に出てきたロシア選手団のいでたちには度肝を抜かれました。白、赤、ブルーのナショナルカラーの毛皮風ダウンがとにかく暖かそう。今までにないデザインのジャケットでよかったです。


2位:カナダ



この赤ダッフルコートは反則でしょう。可愛いすぎる! 前回バンクーバーに続いてカナダのファッションメーカーHBC(Hudson's Bay Co., Ltd)が担当だそうですが、ROOTSといいカナダのオリンピック・ウエアって毎回レベルが高すぎです。閉会式ではジョナサン・テーヴズがこれを着て出てくるのね・・・(うっとり)。


3位:フランス



バンクーバー開会式では何の変哲もない白いスポーツウエアでがっかりさせられましたが、今回のフランスは違いました。ラコステ製のグレーの薄手のダウンジャケットに、帽子とマフラーがやっぱりオシャレ。旗手のジェイソン・ラミー=シャプイのイケメンっぷりがまた、ポイント高かった。


4位:オランダ



カジュアル部門ではオランダがいちばんカッコよかった。ナショナルカラーのオレンジと黒のぴったりダウンジャケットはたぶんリバーシブル。長身揃いのオランダ選手たちによく似合っていて、スタイリッシュな中にも迫力がありました。


5位:モナコ(画像なし)

男子はダークカラーのショートジャケット、女子は同じ形でアイボリーホワイト。マフラーの使い方がオシャレで、そのシンプルさが逆に強く印象に残りました。

その他、白とライトブルーが目にも鮮やかだったノルウェー、毎回ポップな色遣いのウエアで楽しませてくれるドイツ、紺色の上着のデザインがイケていたイタリアなどもよかったです。ナショナルカラーのグリーンを使っていたアイルランドなど、今回はカジュアル部門に優れたものが多かった気がします。

さあ、いよいよ始まりました、ソチ五輪。8日からは女子のアイスホッケーも始まり、9日にはスマイルジャパンがスウェーデンと対戦します。男子の試合は13日から。楽しみです!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
世界のファッションショー
にゃおこさんのブログを拝見させて頂き、またまたコメさせて頂きました。
私も五輪の開会式は夏冬ともに、やはり各国のユニフォームが毎回楽しみで見てます。お国柄が出ている国もあって楽しいですよね。

私のお気に入りも大体にゃおこさんのランキングと同じです。ラトビアのは上下の色の感じといい、シックさといい、私の中では一番だったかもしれません。フランスはいつもシンプルでありながらもさすがにオシャレですよね~♪
アメリカはせっかくのラルフ・ローレンなのに、ちょっと派手すぎましたね~。

カエル色の国もいくつかありましたが、何故か笑いが込み上げてしまいました。

日本はちょっとシンプル過ぎたような…(^_^;)
2014/02/12(水) 19:19 | URL | まりん #-[編集]
カエル色
ラトビアのはやっぱりポイント高かったですよね。オゾリンチにも似合ってますし。
やはり他国の画像を見ると、日本も帽子やマフラーでアックセントつけてほしかったな、と思います。
フィンランドもマフラーの色がビビッドでお洒落で、さすがマリメッコの国だなと思ったり。
ただ日本もアメリカのラルフ・ローレンのようにあまり凝ってしまうと、夏の大会開会式の数々の大失敗のようになってしまいますので・・・、あれぐらいでちょうどよかったのかも。
カエルの色はリトアニアでしたかね。私もあれには「・・・」でした(笑)。
2014/02/14(金) 01:17 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。