さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪:カーラ・マクラウドのブログ(3)「日本代表女子のソチ・オリンピック出場が決定」
2014年01月14日 (火) 21:26 | 編集


(CBC.caに掲載されていたブログを和訳したものです)


2013年12月31日(火)

正直に言おう。日本代表女子チームのコーチになるまで、私は「オリンピック最終予選」という大会がどんなものなのかを知らなかった。カナダ代表チームでプレーする場合、チームがオリンピック出場権を得られるかどうかは問題ではなく、オリンピックに出場するチームのメンバーに選ばれるかどうかが問題なのだった。

ソチ五輪の女子アイスホッケーは、世界アイスホッケー連盟のランキングで1位から5位までの国、そして開催国であるロシアがまず出場権を得る。なので残りのチャンスは2か国。最終予選に出場する8チームは2グループに分かれ、2月の同じ週に出場権をかけて争うことになった。最終予選のルールはシンプルだ。各チームとも3試合プレーして、最もポイント数の多いチームがソチ五輪への切符を手にする。

日本代表は世界ランキング7位のスロバキア、10位のノルウェー、そして19位のデンマークと戦うことになった。日本はランキング12位で、第3シード。舞台はスロバキアのポプラドだ。

前のエントリで書いたように、日本女子の試合で私が最も心配していたのは、ホッケーそのものの要素ではなかった。私たちはどんな状況に対しても準備してきたことがわかっていたし、きちんとプレーすればどんな相手にも太刀打ちできる自信があったからだ。課題として残っていたのは、メンタルの強さと重圧の中でホッケーをする力だった。

アスリートたちに訊いてみるといい。いいチームを作る最適な方法はチームメイトたちと遠征先で一緒にいい睡眠を取ること、と誰もが言うはずだ。オリンピック出場を勝ち取るための戦いの中で、私は日本女子代表チームに「フリップ・カップ」(ビールを飲み干した後のプラスチックのカップをテーブルの端からひっくり返すゲーム)を紹介した。ウィスコンシン大学で学生時代を過ごした私は、フリップ・カップのテクをみんなに見せる能力に自信があった。ビールではなく水を使うことにしたが、フリップ・カップは選手たちに大受けで、ゲームをしている間は笑いであふれた。

最終予選での最大の敵は「ピリピリ」という名のチームだ。それが私にはわかっていた。そして最初の試合の朝、そのチームは大きな姿で私たちの前に立ちはだかった。アリーナの通路を歩くと、ぴーんと張りつめた空気をまさに感じることができた。日本選手たちの不安は刻々と増していく。私は「チームピリピリ」が日本代表チームを崩壊させることを知っていた。そこで作戦会議を開き、ホッケーグラブを持って外へ出ようと言った。外に出て、雪で遊ぼうと提案したのだ。

選手たちは私の後について表へ出た。とても美しくて完璧な吹雪があったばかりで、地面に雪のかたまりができていた。私たちは雪合戦から始めた。もちろん、「私 vs 選手たち」のバトルだ。雪合戦はすぐに、柔らかく深い雪の中にお互いを押し合う戦いへと変わった。

微笑むこと、そして笑うこと。チームが試合をするのに必要だったものは、まさしくそれだった。そしてその瞬間から、最終予選に向けての私たちのキーワードが根を下ろすことになったのだ。毎試合、私は選手たちに「笑顔で」プレーするように言った。

日本代表女子チームは最終予選でソチ行きの切符を勝ち取った(そうでなければ私はこうしてブログを書いていない)。彼女たちはあんなにもオリンピック選手になりたいと死に物狂いで頑張っている。でも確実にオリンピックに行けるかどうかはわからない。そしてブザーが鳴り、勝利を祝い合っている! その一部始終をベンチの後ろで見ていたときの私の気持を、表現できる術があればいいのにと思う。私が言えるのは、私のホッケー人生で成し遂げたことの中であの瞬間が一番素晴らしいことだった、ということだけ。あれほど興奮し、誇りに思ったことはない。

そしてソチ五輪まであと40日を切った。私の選手たちは、世界最大のスポーツ・イベントで日本代表として戦うという子どもの頃からの夢を叶えることができた。最終予選からのこの1年、私たちはオリンピックに備えて猛練習を重ねた。まだ終ってはいない。私はこのブログで、オリンピック前の最終仕上げとソチでチームが何を経験したか書くつもりだ。

がんばれ、赤と白(Red and White)。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。