さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪:アメリカ代表チームが発表される
2014年01月09日 (木) 10:26 | 編集



1月1日、ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのアメリカ代表選手25名が発表になりました。メンバーは以下のとおりです。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
32 ジョナサン・クイック(28・NHLロサンゼルス)
35 ジミー・ハワード(29・NHLデトロイト)
39 ライアン・ミラー(33・NHLバッファロー)

ディフェンス(8名)
2 キャム・ファウラー(22・NHLアナハイム)
4 ジョン・カールソン(24・NHLワシントン)
7 ポール・マーティン(32・NHLピッツバーグ)
20 ライアン・スーター(29・NHLナッシュビル)=A
22 ケヴィン・シャッテンカーク(25・NHLセントルイス)
27 ライアン・マクダナー(24・NYレンジャーズ)
44 ブルックス・オーピック(33・NHLピッツバーグ)
72 ジャスティン・フォーク(21・NHLキャロライナ)

フォワード(14名)
8 ジョー・パヴェルスキ(29・NHLサンノゼ)
9 ザック・パリゼ(29・NHLミネソタ)=主将
12 デレク・ステパン(23・NYレンジャーズ)
17 ライアン・ケスラー(29・NHLバンクーバー)
21 ジェームズ・ヴァンリームズダイク(24・NHLトロント)
23 ダスティン・ブラウン(29・NHLロサンゼルス)=A
24 ライアン・キャラハン(28・NHL NYレンジャーズ)
26 ポール・スタストニー(28・NHLコロラド)
28 ブレイク・ウィーラー(27・NHLウィニペグ)
42 デイヴィッド・バッカス(29・NHLセントルイス)
67 マックス・パチオレッティ(25・NHLモントリオール)
74 TJ・オシー(27・NHLセントルイス)
81 フィル・ケッセル(26・NHLトロント)
88 パトリック・ケイン(26・NHLシカゴ)

監督:ダン・バイルズマ(アメリカ、NHLピッツバーグ監督)
副コーチ:ピーター・ラヴィオレット(アメリカ)
     トッド・リチャーズ(アメリカ、NHLコロンバス監督)
     トニー・グラナト(アメリカ、NHLピッツバーグ副コーチ)
GM:デイヴィッド・ポイル(アメリカ、NHLナッシュビルGM)
副GM:レイ・シェロ(アメリカ、NHLピッツバーグGM)
人事部長:ブライアン・バーク(アメリカ、NHLカルガリ人事担当)


*メモ*
・前回バンクーバー五輪の代表だった選手は13名。
・最年長はライアン・ミラー(33歳)で、最年少はジャスティン・フォーク(21歳)。
・チームの平均年齢は27歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリーが29.7歳、ディフェンスが25.9歳、そしてフォワードが27歳。なおバンクーバー五輪代表チームの平均年齢は26.5歳であった。
・25名のうち20名がアメリカのカレッジでホッケーをした経験があり、うち4名がウィスコンシン大学出身で最大多数、続いて3名がミネソタ大学の出身。
・ディフェンスマンのライアン・スーターの父親は1980年レークプラシッド五輪優勝チームでプレーしたボブ・スーター。また叔父のゲイリー・スーターも2002年ソルトレイクシティ五輪のアメリカ代表。
・フォワードのポール・スタストニーの父ピーター・シュタストニーは1980年にチェコスロバキアからカナダに亡命し、1984年のカナダ・カップはカナダ代表として参加。スロバキアの分離独立後、1994年リレハンメル五輪ではスロバキア代表チームの主将としてプレーし、開会式で旗手もつとめた。ポールがアメリカ代表となったことで、スタストニー家はチェコスロバキア、カナダ、スロバキア、アメリカという4か国の代表チームでプレーした初めてのホッケー・ファミリーとなった。


::: 平均年齢27歳。バンクーバーのチーム同様、若くていいけれど、強烈なリーダーシップを発揮しそうなベテランが少ないのがちょっと気になる。GMポイルは、バッカス(ブルーズ主将)、ブラウン(LA主将)、キャラハン(NYR主将)、パリゼ&スーターの5人を「リーダー組」として指名、チームをまとめてほしいと期待してました。

チームUSAはゴーリー3人が優秀なのが強みですね。前回銀メダルでMVPのミラーに、ともにスタンリー・カップを獲得しているクイックとハワード。3人とも正ゴーリーとして計算できます。ベンチ入りするのはミラーとクイックでしょうけど、どちらがゴールを守るにしても安心して任せられます。

ディフェンスは平均年齢25.9歳で経験の少なさが気がかりですが、全員20代のフォワードのメンバーはまさにキラ星のごとくで、他国首脳陣からしてみれば垂涎の的でしょう。バンクーバーでカナダと互角に渡り合った攻撃陣はソチでも期待できそう。本当に若くていいチームで、彼らのプレーを見るのが楽しみです。

ところでこのメンバー発表のニュースについて、米ヤフー!記事のコメント欄は「なぜボビー・ライアンとキース・ヤンドルが入ってない?」という疑問の書き込みでいっぱい。面子が揃っている攻撃陣にライアンが食い込めないのはまだ理解できますけど、ヤンドルは絶対に選ばれると思っていたんだけどなー。(もしかしてライアンはNHLアウォードでの金銀メダル・コントがチームUSA首脳陣の怒りを買ったとか・・・? まさかね・・・)

そして前回のメンバーからはジャック・ジョンソンとエリック・ジョンソンが選考漏れ。ジャックのほうはバンクーバー五輪当時LAキングズに所属していました。開会式のときはまだNHL開催中だったためホッケーの代表選手は開会式には出られないはずだったのですが、彼は「一生に一度のことだから」とキングズに罰金を払いチーム練習を休んでまで、ホッケー代表チームで唯一、バンクーバー五輪開会式に出席した人です。開会式に出ておいてよかったね、というか、「一生に一度」なんて自ら予言してしまう形になってしまったではないの、というか・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。