さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q&A with パヴェル・ダツック(part 2)
2013年12月18日 (水) 17:23 | 編集



Q:今どんな本を読んでいますか。

ダツック:友人が3冊本を持ってきてくれた。セルゲイ・アレクセーエフの「ワルキューレの財宝」、これはイワン雷帝についての本。そして「偉大なるのけ者」という本と、ミハイル・ザドルノフが書いた本。歴史の本を読むのはすごく楽しい。

Q:歴史上の人物の中で、夕食を共にするとしたら?

ダツック:イエス・キリストと、ジグムント・フロイトと話ができたら嬉しいね。

Q:キリストはわかります。でもなぜフロイト?

ダツック:頭がよくて、深い洞察力のある人物だから。彼と心理学について話せたら面白いと思うよ。

Q:本は紙の本と電子書籍、どちらが好きですか。

ダツック:古典的な読書というのは、暖炉のそばで紙のページをめくる、ってことなんだろうね。でもアメリカでは読みたい本がいつでも手に入るとは限らないから、ときどきダウンロードして読む。便利だけど、指で本を感じることはできないね。

Q:iPadのお気に入りのアプリは? もしかしたら「アングリーバード」は全ステージ攻略してしまったのでは。

ダツック:ゲームはしないし、タブレットもほとんど使わない。飛行機で映画を見たり、本を読んだりはできるけどね。でもそんな時間すらないときもあるよ。

Q:最近、一番ショックだったニュースは。

ダツック:もちろんカザン空港での飛行機墜落とリガのショッピングモール倒壊のニュースだよ。こういうニュースには目を引かれるし、やりきれない気持になる。いいニュースといえば、ロシア国内をオリンピックの聖火がリレーされていること。みんなハッピーになれるし、どの街にとっても祝福できることだからね。それから、2020年万博誘致で、エカテリンブルクがドバイに負けたこと。残念だよ・・・。万博の開催で街は大きく発展できただろうに。今エカテリンブルクは2018年FIFAワールドカップサッカーの開催を待っている。

Q:聖火についてですが・・・、もしソチ五輪でロシア選手団の旗手になるよう要請されたら?

ダツック:全世界が見守る中でロシアの国旗を持つことは非常に重要な任務になる。最大の敬意でもって受け止めるよ。ロシアにはオリンピックで金メダルをとった選手が大勢いる。いちばんふさわしい人が選ばれるだろうね。

Q:ジョールイス・アリーナでファンに配られた自身のボブルヘッドは気に入りましたか。

ダツック:写真でしか見てない。実物のほうが少しイケメンだと思うんだけど・・・、まあそういうもんなのかな。

Q:NHL通算800試合で何かプレゼントをもらいましたか。

ダツック:何も。通算1000試合じゃないし。でもチームメイトや記者たちにおめでとうと言ってもらえるのはいいものだよ。





Q:あなたのホッケーを音楽の種類に例えるとしたら?

ダツック:うーん・・・、クラシックかな。滑らかなワルツ。ぼくらは年齢を重ねていき、あくせくする必要はないんだ。

Q:1日、ソビエト時代に戻って学校に行きたいと思いますか。

ダツック:喜んで。1日と言わずにね。80年代がすごく懐かしい・・・。ときどき子どもの頃に戻りたくなるよ。楽しかった。今も近所の幼なじみたちと集まると、いつも凍った池の上でホッケーをやった話になるんだ。雪を掃いて、サッカーやホッケーをやった話にね。昼ご飯も食べないで1日中そうやって遊んでいた。夕方、家に戻ると凍ってかじかんだ足がだんだん温まって溶けてくるのがわかる。子どもの頃のそんな感覚をまだ覚えているよ。

Q:その頃、「将来ダツックはNHLでポイント・リーダーになるよ」と言われたら、あなたは何と言いますか。

ダツック:1から10。

Q:「1から10」とは?

ダツック:NHLでぼくがポイント・リーダーになるチャンスは1から10だと思っているからさ。大きなモチベーションにはなるよ、でもアートロスへの競争は本当に厳しい。

Q:では、もし1年後の未来がわかりますがどうしますかと言われたら?

ダツック:何のために?

Q:2月にソチで何が起こるか知る必要はないと?

ダツック:知りたくないもの。

Q:なぜ?

ダツック:もし全部わかっても、何も変えることはできない。今この年を生きている意味はどこにある? 全ては我々の手の中にある。こういう言葉がある、「1分の価値を知りたければ、電車に乗り遅れた人に訊け。1時間の価値を知りたければ、恋人を待っている人に訊け」。自分たちが無駄に過ごす時間がどれほど多いか考えてみることだ。そしてそういう時間は、何かを終える必要がない時間なわけだよね。ぼくはソチの後に、自分の時間を無駄にしてしまった、なんて気持にはなりたくない。

インタビューの最後に、ダツックの夢は何かと尋ねた。

ダツック:聖ニコライ・ベリミロビッチ(セルビア正教の司教)はかつて「強い者だけが善いことを行う決意をする」と言った。ぼくの夢は、善いことを行う決意をする強い人が世界にもっと増えることだ。[了]


::: パヴェル・ダツックといえば、渡米してもう10年以上にもなるのにいまだに英語の発音があやふやで、インタビューでもよくわからないことをムニャムニャ言って相手をけむに巻き去っていく、そんなイメージがあります。

しかし実物は読書家でたいへん知的であり、また優れたユーモアのセンスの持ち主であることはよく知られており、数年前にNHLerにとったアンケートでも「最も頭の良い選手」にダントツで1位に選ばれていました。

苦手の英語でなく母国語のロシア語で話せたからなのでしょう、内容が多岐にわたるこのインタビューでは、ダツックは自身の知性やグローバルな視点、頭の回転の速さを余すところなく発揮していて、そのインテリぶりには驚くばかり。読んでいてとても楽しい記事でした。




ダツックの名プレーを集めた動画。「パックの魔術師」「盗人ダツック」ぶりをこれでもかと堪能できます。「うまい」「すごい」というありきたりの感想しか出てきません。

ブラッド・リチャーズ、スティーヴン・スタムコス、ザック・パリゼ、ジェームズ・ヴァンリームズダイク、ボビー・ライアン、クロード・ジルーら一流の現役NHLerがこぞってダツックのプレーを賞賛し「NHLで最も見るのが楽しいプレーヤー」に彼の名を挙げる理由が、よくわかります。




趣味は釣り。ホッケーから離れる時間を作るために、シーズン中でも1か月に1度は釣りに出かけるらしい。プライベートな時間にホッケーの試合を見ることはない、とも言ってました。だから「NHLで最も見るのが楽しいプレーヤーは誰か」と訊かれても「わからない」と。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。