さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リドストロム、大晦日のウィンター・クラシックOBゲームに参加
2013年09月22日 (日) 14:53 | 編集



NHL.com -- 2012年に現役を引退したデトロイト・レッドウィングズの前主将ニクラス・リドストロムが、12月31日にデトロイト市のコメリカ・パークで行われる屋外試合「ブリヂストン NHLウィンター・クラシック」(レッドウィングズ対トロント・メイプルリーフス)の前座戦であるOBゲームに出場することになった。

リドストロムは20年に及ぶNHLでのキャリアをレッドウィングズ一筋で過ごし、4度のスタンリー・カップ優勝と7度のノリス・トロフィ(最優秀ディフェンスマン賞)に輝いた。2008年の優勝時は主将で、NHL史上初めて、北米でのジュニア時代を経験していないヨーロッパ人主将としてチームを年間王者へと導いた選手となった。

レッドウィングズの公式サイトで「90年代と2000年代を共に過ごしたチームメイトたちとまた一緒にプレーすることを楽しみにしている」と抱負を発表したリドストロム。彼の背番号5番は同チームの永久欠番となり、2014年3月6日の対コロラド・アバランチ戦の前にそのセレモニーが行われることが決まっている。


::: 「Lidstrom Returns」という見出しを読んで、「おお、ウィングズのコーチか何かになるのかな!?」と一瞬ワクテカしてしまいましたが、違いました。がっくし。

そうだよね、一番下の息子さんもまだ小さくてスウェーデンの学校に通っているだろうし、現役時代から毎年のように「スウェーデンに帰って子どもを祖国で育てたい」と言っていたリドストロムだから、もう北米に戻ってくることはないかもね。

リドストロムがつけていた栄光の背番号5番が、永久欠番になるんですね。そのセレモニーが行われるのが、90年代後半からNHLの覇権を争ってきた良きライバル、コロラド・アバランチ戦というのが、なかなか粋でいいではないですか。

セレモニーのある3月6日、タンパベイ・ライトニングはフロリダ州の本拠地で試合があるので、苦楽をともにしたスティーブ・アイザマンはセレモニーにはおそらく出席しないのかな。残念〜。

でも元チームメイトとしてラリー・マーフィーやイゴール・ラリオノフ、セルゲイ・フェドロフ、クリス・ドレイパー、ダレン・マッカーティらは出てくるかも! その画を想像しただけで胸熱です。そして相手はアバランチだし、マッカーティと氷上の名勝負を繰り広げたアバランチOBのクロード・ルミューおじじも来ないかなあ。無理かな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。